Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
ボンドのアストンマーチン今昔
Aston Martin DB5 & DBS

 次期ボンドのダニエル・クレイグに関しては賛否両論(主に否?)ですが、どうやら無事にというか、巷の声は無視して2008年公開の22作目にも続投決定しました。まぁ、12月に『カジノ・ロワイヤル(リンク先はセラーズ版)』を見て、更に来年まで時が経てばあの悪人顔にも慣れるかもしれません。
 クライヴ・オーウェンのボンドは見てみたかったけど、断わられちゃしょうがないですね。ティモシー・ダルトンだって登板時は「手足が短い」とか「華がない」とか散々言われたし、そもそもジョージ・レーゼンビーがやった時点で、「誰がやってもOK」というフラグが立ってるようなもんです。

 さてそんな折、京商のミニチュアモデルシリーズ第11段として『007 J.ボンド』が登場しました。これがまたダブルオー映画好きにはたまらないラインナップ。アストンマーチン(アストンマーティン)やロータス・エスプリ、トヨタ2000GTなど数々の思い出深いボンドカーに、アクロスターとかジャイロコプターなどという涙ものの脇役が加わった全15種。最新のカジノ・ロワイヤル仕様アストンマーチンDBSを入れて欲しかったけど、版権料とかで難しかったのかな。金型が間に合わなかっただけか?

 画像は新旧アストンマーチン。上が1964年『ゴールドフィンガー』で初登場、珠玉の名車『DB5(リンク先は映画用に制作された4台のうちの1台。先頃このオークションで209万ドル!にて売却された個体)』。現代のクルマでは決して醸し出せない気品と色気、ああ美しい~! 下は2006年最新の『DBS』。こちらはベースのDB9より更に獰猛かつスタイリッシュで、誰もがわかりやすい“かっこよさ”を具現化したデザインとなっております。ダニエルの地味さをクルマでカバー? モデル名のDBSが『女王陛下の007』と不吉にも符合するというオチを克服しての続投決定。どうやらジョージの二の舞は避けられたようです。


 時計はサブマリーナ、クルマはアストン、酒はウォッカ・マティーニのシェイク、あと当然「女の子大好き」という、コネリー・ボンド系チョイ悪オヤジって、今の日本ならいてもおかしくない。↓こんな感じ?
DB5とショーン・コネリー



2009/03/05追記
 本エントリがYahoo!からリンクされたおかげで興味深い体験ができました。ありがとうございました。
 (なお、本エントリは当時の原文ままです)

テーマ:007シリーズ - ジャンル:映画


人気blogランキング
「高3が選ぶ、夏休みを一緒に・・・」
長澤まさみ

 「高校3年生に聞いた、高校最後の夏休みを一緒に楽しみたい同世代の女優ランキング(オリコン調べ)」の第1位は『長澤まさみ』だそうです(男子1位、女子2位)。後付であるにせよないにせよなるほど、納得。きっと高校3年生男子じゃなくても(おじさんでも)、一緒に夏休みを過ごしてみたいんじゃないかと思うぞ、長澤まさみなら。
 自分も高校3年生に戻ったつもりで考えてみると、総合ランキングの1位、4位、5位(綾瀬さん)、8位、10位(榮倉さん)。これは確実に選ぶと思うけど、あと6人はなんだかな~、微妙。え? そのチョイスこそがオヤジの感性?

 ちなみに今、1位の長澤まさみはこんなCM(カルピスウォーター - 「まさみの想い・海」篇)に、5位の『綾瀬はるか』はこんなCM(ポカリスエット - 「ピア・ジャンプ」篇)に出ていますね。いやー、テレビってうまくできてるな~。ランキング発表と、その妄想、いや想像を膨らませる夏満開のCM。どちらのCMも定石どおり、両アイドルのキャラを活かした、確信犯的なエグい演出がされています。綾瀬はるかに毎回言わせている「ぜんっぜんダメだ」のシーンは、そういう意味では今回が最もあからさま(30秒バージョン)。長澤まさみの「ハネムーンで」というセリフには、さすがにツッコミ入れたくなりましたが。
綾瀬はるか


[タグ未指定]

人気blogランキング
スタスキー&ハッチ
Starsky & Hutch

 往年の人気ドラマをリメイク(なんかこういうの最近安易に作り過ぎ)の『スタスキー&ハッチ』をDVDで鑑賞。演じるのは白人オバカコンビのベン・スティラーとオーウェン・ウィルソン。
 オリジナルを知らない人にはただの脳天気な映画なんでしょうが、例えば同じ刑事物バディムービーとして見ても、ただのバカ(ブラッカイマー&マイケル・ベイ)が作った『バッド・ボーイズ』シリーズなんかより遙かにマシです。
 ベン・スティラーってほんと、特異なコメディアンですね。刑務所で変態ウィル・フェレル(オースティン・パワーズ好きな人にはお馴染みのあいつ)から聞き込みした後、車中でのあの表情。思わず吹き出しちゃうあの表情は、彼でなきゃ出せない味かも。

[タグ] 映画

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


人気blogランキング
ファンタスティック・ワン
ジェシカ・アルバ

 発売からかなり経ってしまいました、『ファンタスティック・フォー - 超能力ユニット』のDVDをレンタル。
 観る前からわかっていたことですが、ジェシカ・アルバが最大の見どころという映画でした。実写で超能力で同じマーヴルの『X-MEN』とか、少人数という点や超能力の種類が被ってる『Mr.インクレディブル』の方が数十倍面白いです。
 ジェシカ・アルバ観るのが目的だとしたら、『イントゥ・ザ・ブルー』の方が数十倍サービスカットを堪能できるかもしれません。
 近年大流行のアメコミ物映画は出来不出来の差が激しいですね。派手なCGIの画さえ作れればいいってもんではないです。まぁ、いずれにしても日本のコミック物のアレとかアレ(特にアレ)よりは、制作費のハンディを差し引いても数十倍マシでしょうけど。ほわああああん(慟哭、悲嘆の正しい表現)。


人気blogランキング
-post
[タグ未指定]

テーマ:ホームシアター&AV機器 - ジャンル:映画


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。