Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
G.SkillのDDR2とE6750でプチOC
G.Skill DDR2-1000 PI CL5 4GB KIT

 多少のOCには耐えるE6750に対して、メモリが全くついていけないためOC耐性が高いDDR2を探していました(できるだけ安いやつ)。購入したのはたまたま特価品になっていたG.Skillの『F2-8000CL5D-4GBPI 』です。
 例の派手なヒートスプレッダが付いたPIシリーズで、メモリモジュールは下位(?)モデルの『F2-8000CL5D-4GBPQ』と同等クラスの選別品ではないかと思われます。

■デザイン変更等
 前掲リンク(代理店サイト)の画像と比較するとわかるとおり、スプレッダ上のグラフィックデザインがイエローからブルー基調に変わっていました。本国オフィシャルサイトで見られるDDR3のPIシリーズと同じなので、今後は全てこれになるのかもしれません。
 また、シールを見ると電圧表示が以前の「2.0V-2.1V」→「2.1V」に変更されています。代理店やオフィシャルサイトのスペック表は2.0~2.1のままですが、オフィシャルサイトの製品画像だけは2.1Vになっているので、これが最新の表記なのでしょう。

■1.8VでDDR2-1066安定動作(どうやらもっと伸びるらしい)
 これを選んだ理由のひとつが「低電圧でも伸びるらしい」という点。下記のサイトにあるF2-8000CL5D-4GBPQのレビューが参考になりました。
 G.Skill PC2-8000 PQ 2GBメモリ オーバークロッキングテスト (OCTECH)
 私が購入した個体も1.8Vのまま5-5-5-15で500MHz~533MHzにて安定動作することを確認。ただしtRFCを500MHzの場合は42以上、533MHzの場合は45以上に設定する必要がありました。
OC後の状態

 件のレビューによると1.8Vでも1100相当、電圧を盛れば1150相当まで伸びる可能性はありそうです。でもそこまでOCしても体感差はないだろうし、どうせ1200までは伸びそうもないし、うちの場合は1.8Vの1066で満足しておくことにしました。
 なお長時間のストレステスト等は行っておらず、『AleGr MEMTEST』を数周回した程度です。でも購入後1週間XPと7BetaとUbuntuで常用してノートラブル。ここに画像を挙げた以外にも各種のベンチを完走。極めて安定しております。
メモリ情報とベンチ結果

 Windows 7 Beta のエクスペリエンスインデックスはCPUが5.9→6.6に、メモリが5.5→7.0に向上しました。こうなると次はHDDの値を上げたいところ。SSDにしなくても最新のHDDにするだけで6.5以上にはなるんではないかと思います。
Windows 7 Beta エクスペリエンスインデックス

■ポジションとしてはやや“微妙”?
 と、目論見どおり回路に優しくOCできて満足ですが、製品のポジションとしては微妙な気がします。OCに興味がない人ならより安価なDDR2-800で充分。OCとベンチスコアの向上に執念を燃やす人なら迷うことなくDDR2-8500以上を買うでしょう。私みたいに偶然特価に出会ったのでなければそのどちらかを選ぶことをお薦めします。

ベンチマークのスコア

■次はDDR3か
 ひとまずCore2Duoの3.4GHzとDDR2-1066相当の安定した環境が構築できました。きっとマザーをP45にでもすればベンチマークのスコアは微増するんでしょう(現在P35)。でも1万円程度の出費に見合う価値はないかなと(PCI-E2.0のメリットを加味したとしても)。
 次に組むとしたら、2010年には32nmで6コアの『Gulftown』にバトンタッチするというCore i7+DDR3でしょう。チップセットはX58を選ぶとして、マザーボードはこれ(EVGAのX58 SLI Classified)がいいですね。EVGAといえばその立場上“グリーン”のイメージだったんだけど、ATIっぽい真っ赤なフラッグシップモデルです。


環境
Intel P35+ICH9 (MSI P35 Neo2-FI)
Core2Duo E6750 (OC 3408MHz,、426MHz×8)、Radeon HD 4850 (H485QS512P、定格)
DDR2-1000 2GBx2 (F2-8000CL5D-4GBPI 、5-5-5-15、532.5MHz(426MHz×1.25))
Windows XP Home SP3 (1680x1050 32bit)
スポンサーサイト

[タグ] Windows7 Radeon

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。