Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 3G] iPhoneのケース考 Part1
 iPhoneのボディ・プロテクション、どうしてますか。
 私はキズや汚れや破損など恐れず剥き出しで使う・・・度胸がないため、とりあえず適当なシリコンカバーとスクリーンフィルムを同時購入しました。落下や衝突時に効果があるかは甚だ疑問ですが。
 まだまだ種類に乏しい3G用のケースも急速に増えて、秋か冬頃までには1G並みのラインナップが出揃うのではないでしょうか。
 iPodやPDAのケース同様、やはり海外メーカーの方が個性に溢れており、素材のバラエティにも富んでいます。備忘録として気になったアイテムをピックアップしておくことに。

■ウッド
iWood for iPhone 3g
 miniotの『iWood for iPhone 3g』。7月末頃販売開始のようです。1G用ではパドゥーク、マホガニーなど5種類の木材が選べて、裏にはメッセージやロゴなどのエングレービングが可能でした。多分3G用も同じ仕様になるんでしょうね。

■カーボン
Belch Co.のカーボンケース
(写真は1G用)
 Belch Co.のカーボンファイバー製ケース。3G用は「Coming Early July」となっていたけれど遅れているようです。1Gと違って背面が湾曲したiPhone 3Gにフィットさせるのに手間取っているんでしょうか。
追記---
 その後動きがあり。他社から同様のケースが発売されました。詳しくはこちら
追記終わり---

追記---
 カーボンでこんなのもありました。Pacific Rim Technologiesの『Carbon iShield for iPhone』です(リンク先は1G用)。3G用も出るかな?
追記終わり---

追記---
 更に別のカーボン製ケースを発見。iflakjacketの『100% Carbon Fiber iPhone Case』で1G用と3G用があります。厚さ0.025インチ(約0.64mm)だそうですから、これで強度が出るということはドライカーボンなんでしょうね。
 後日談
 iflakjacketに質問したところ、「うちのはレイアップを必要としないプリプレグの正真正銘ドライカーボンで戦闘機なんかに使われる最高品質だこのやろー」といった主旨の返答を得ることができました。
追記終わり---

追記---
 ION-factoryの『CarbonFiber Leather Shell for iPhone 3G』。カーボンとレザーのハイブリッドです。下のカーボンレザー(case-mate)より見た目シックで上質感がありますね。カラー(3種)によって革の仕上げ方を変えている点もよいかなと。
追記終わり---

■カーボンレザー
Carbon Fiber Leather iPhone 3G Cases
 case-mateの『Carbon Fiber Leather iPhone 3G Cases』。これは既に発売されています。現在はブラックとシルバーのみですが、カラバリが増えると一層面白いですね。

■レザー
vajaのiVolution SP
 vajaの3G用レザーシリーズは現在5種類。全て革の色やオプションパーツなどがオーダーできます(上の画像はiVolution SPのカスタマイズ画面)。手作業なので最低45日必要とのこと。

■メタル
 今のところアルミなどメタルケースは弁当箱チックな安っぽいのが多いですね。ただし、これ(iPhone 3G用プロテクターケース)のようなオリジナル商品も登場し始めており、今後に期待です。

 イメージとしては↓こんなのがいいかも。
VibeVaultのtouch用アルミケース
 (VibeVaultのiPod touch用アルミケース)

追記---
 CoreCasesのスライダーアルミケース。9月2日出荷開始だそうです。
追記終わり---

 余談です。iPhoneのモデル世代を表記するのはややこしいですね。上に旧iPhoneを「1G」、新iPhoneを「3G」と書いたのは、「1G=1st generation : 第一世代iPhone(iPodなどの世代表記として通例化しているあれ)」、「3G=3rd generation : W-CDMAなど携帯電話通信方式の第三世代」と言う意味で、同様に表記しているサイトを多く見かけます。
 でもモデルの世代として見れば「iPhone 3G = 2G」で、通信方式として見れば「初代iPhone = 2G」なんですよね。来年VGA版iPhoneとか32GB版iPhoneが出たら、一層ややこしくなりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
ケース
木製、いいですね。でも、ケースに入れると、薄いシリコン製でも、ドッグに収まらない。ドッグにつなぐのに、いちいちケース外すのも不便だし……
2008/08/07 (Thu) 06:22:18 | URL | moge #-[ 編集]
こんにちは
木目の美しさに惹かれて、思わずポチってしまいそうになりますよね。
確かにケース付けちゃうとドックは鬼門ですね。昨日このページに追記したiflakjacketのカーボンケースはメーカーの説明によると、そのままドックに挿せるそうです。
後はContourのFlickやGriffinのNu Formみたいに下だけすぐ外せるタイプもあるにはありますけど、選択肢はとても少ないですね。
2008/08/07 (Thu) 08:32:36 | URL | イ~ジェイ #mQop/nM.[ 編集]
わ、レスありがとうございます
結局エアを装着することにしました。そのまたカバー(笑)で、アウトドア系の専用ポーチを買いました。
でもiPhoneを買ってからケース4つを試して、総額1万数千円。そんなことなら、最初からアイウッドにすれば……と悔やみ中です。
アップル好きは、これだから(泣)
2008/08/14 (Thu) 00:16:01 | URL | moge #-[ 編集]
エアはスリムそうなのがいいですね。クリアのフルカバーは結構厚みがあります。
私も結局ラバー→Wave→クリア→Unique Skins、あと液晶フィルムなどで1万くらいになっちゃいました
お互いまた気に入ったのが出たら買ってしまいそうで怖いですね
2008/08/14 (Thu) 00:57:35 | URL | イ~ジェイ #mQop/nM.[ 編集]
おはようございます。昨晩寝るとき、完全防護した愛機をなでなでしながら寝たんですよ。親バカですね。
エアの密着染み、まったく気にならずガシガシ使えています。でも、ねぼけてポチっとしまう瞬間、すごくありますね(苦笑)
そういうときは家計を確かめ、PCから離れるようにしていますが、アイウッドの側面は奇跡ですよ。欲しいな~

2008/08/14 (Thu) 06:05:38 | URL | moge #-[ 編集]
日本も伝統的に匠と呼ばれる木工職人が存在すると思うので、ケース製作に挑戦してくれたら素晴らしい物ができるはずなのに。現れなくてちょっと残念です。
持ったまま寝ちゃって、目が覚めたら体の下敷きだった、なんてことがないように気をつけて下さいね。
2008/08/14 (Thu) 23:16:29 | URL | イ~ジェイ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。