Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
シンガーやる気満点
Superman Returns

 ブライアン・シンガーが『スーパーマン・リターンズ』の続編監督の意思表明だそうです。もう裏では既成事実なのかもしれないし、勝手にやる気満々なだけかもしれないし。いずれにせよ映画会社としては続編どころか、4作くらいは続ける気満々なはず。

 『バットマン』、『スパイダーマン』と並びアメコミ史に輝くクラシックの金字塔。しかも“the movie”としての前作『スーパーマン』は、サルキンド親子のプロデュース、シナリオにあのマリオ・プーゾ参加、音楽は名曲となったジョン・ウィリアムス、カル・エルの父ちゃんジョー・エル役はマーロン・ブランドでルーサー役がジーン・ハックマンなどなどの豪華婦人、そして何よりスーパーマンが実在したら絶対この人と思わせるハマリ役のクリストファー・リーブ! 特に1作目は歴史に残る作品でした。

 CGI全盛時代に、数々のアメコミ名作より遅れて満を持しての投入。お金と力のいれ具合は、前作を遙かに凌ぐかもしれません。1作だけ作って止められるわけないでしょう。今回明らかにターゲット(試金石)となる観客層は、オリジナルコミックのファンではなく、リーブの映画をリアルタイムで観た世代です。

 その前作を超えた超えないなどというのが論点ではありません。ある意味もう超えられないのです。前作へのオマージュを秘めつつ、新たな時代の魅力も提示して、「あの頃の方が良かった」という失望さえ回避すれば合格なんです。

 問題は前作を知るよしもない若年層にどうアピールするか。今どき派手なタイツとマント着たマッチョな男が活躍する映画が、「イケてる」って評価されるのは難しいでしょうから、純粋に映画=ドラマとしての魅力がないといけません。その点『X-MEN』を真面目なドラマに仕上げたシンガー君には期待できるのですが。どうかな。

 でも、多分日本ではどんな出来映えになろうとも、興行収入はイマイチ伸びないでしょうねぇ。
スポンサーサイト

[タグ] 映画

テーマ:映画 - ジャンル:映画


人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。