Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 5] Fusion GarageのMILCケース『i.am+ foto.sosho L.5』
 iPhone 5のケース紹介第33弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

i.am+ foto.sosho L.5

 Will.i.amが広告塔になっているiPhone用カメラケース『i.am+ foto.sosho』シリーズ(実際の開発・製造等を担当するのはFusion Garageのようで、Chandra Rathakrishnanが発表会にも来ていました)。
 先日のiPhone 4/4S版発表の際は非稼働モックのチラ見せしかなかったiPhone 5版ですが、Ubergizmoの記事にあるとおりWill.i.amの『Scream & Shout』PVでもその姿を見ることができます。

 今回登場する「イエロー&ブラック」と「キンキラキン」は、交換レンズとQWERTYキーボードが付いてますからラグジュアリー仕様()の『foto.sosho L.5』になる予定のモデルですね。
 どこまで本気でやるつもりか、発表どおり14メガピクセルのイメージセンサー、多分専用のマウント&レンズを備えたミラーレス一眼(Mirrorless interchangeable-lens camera (MILC))ケースを目指しているようです。フランジバックとかの光学設計は大丈夫なんでしょうか。

 モノとしての価値はさておき、セレブがタイアップするとろくなことにならないのはどこの国も同じようです。iPhone 4/4S版の『foto.sosho C.4』と『foto.sosho V.4』はとんでもないボッタクリ価格が設定されていました。またWill.i.amのファンという客層に合わせたのか、上位モデルのV4はコッテコテでとても上品とは言えないデザインとカラーリングでした。
 iPhone 5版もこの路線となるのは明白で相当な高額商品となるでしょうし、Ubergizmoの記事やPVで見られるモックのカラーリングは言わずもがなです(特にキンキラキンタイプのfoto.sosho L.5)。


 ところでこのシリーズ、似たような名前のモデルが一斉に発表されたため勘違いしている人もいるようです。小さなレンズがiPhoneのカメラ位置に付いたモデル2種は全て「iPhone 4/4S用(foto.sosho C.4、foto.sosho V.4)」、ケース中央付近に大きなレンズが付いたモデル2種は全て「iPhone 5用(foto.sosho V.5、foto.sosho L.5)」です。

iPhone 4/4S用(foto.sosho C.4、foto.sosho V.4)
iPhone 4/4S用(foto.sosho C.4、foto.sosho V.4)

iPhone 5用(foto.sosho V.5、foto.sosho L.5)
iPhone 5用(foto.sosho V.5、foto.sosho L.5)
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。