Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 5] ケース『iArt+』と『camHoodie』(レンズフレア軽減について)
追記1:『エアジャケ』にもレンズ周辺のラバーあり、ただし
 この記事を書いた翌日たまたま『エアージャケットセット for iPhone 5』(通称エアジャケ)のクリアブラックを購入しました。エアジャケもレンズ周囲にiArt+とよく似たブラックパーツがあるんですね。ただしオフィシャルサイトではフラッシュの映り込み軽減だけを効能として記載しておりフレア軽減については触れていません。
 このエアジャケや過去のクリジャケ等、パワーサポートのケースは定番中の定番です。私もiPhone 3Gの頃から毎年各モデルのiPhoneで使用してきました。付属する液晶保護フィルム(AFPクリスタルフィルム、単品売りもあり)の品質が非常に高いのも人気の一因です。
 iPhone 5用のエアジャケもいいですね。業界最薄ではないけれどスリムで平滑度が高くスベスベ艶やかなボディ、しかもキズに強いため激安クリアケースみたいにすぐに白濁する心配なし(表面が滑らかでキズリペアがあるのはクリアとクリアブラックのみです、ラバーホワイトとラバーブラックは仕上げが異なります)。4種あるバリエーションの中でもクリアブラックはブラック&スレートのiPhone 5とベストマッチだと思います。
 ただし落下時のプロテクションは高望みできません。また脱着に少々コツを要します(オフィシャルサイトや商品貼付の説明書どおりやれば簡単ですが)。そしてクリアタイプはケースなしの状態より手から“すっぽ抜け”やすくなりますからウッカリさんには向きません。



 iPhone 5のケース紹介第19弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら


 今回は@intronewsさん(株式会社ザイオンさん)からの依頼によりクリアケース『iArt+(アイアートプラス)』を紹介します。
 ついでにレンズフレア絡みの話題とケース紹介をもう1件掲載しました。

 iPhone5 case iArt+(アイアートプラス)

 iArt+はポリカーボネート製のクリアハードケースで装着は前後モナカ合わせです。
 特色は次の3点でしょう。バックカメラ用ホールの周囲に黒いパーツが配置され、光の乱反射を軽減する効果があるそうです。iPhone 5のボディ四隅に貼るウレタンフォームが付属します(落下時の衝撃軽減用)。無地の他に3種の光沢デザインメッキを背面内側に施したバージョンがあります。
 iArt+はAmazonにて1980円で販売中です。
 なお小ロットからのOEM制作も可能とのこと(オリジナルロゴ等)。


レンズフレア対策ケース:アメリカ編

R.I.P Jimi Hendrix

 iPhone 5のバックカメラで撮影した画像にレンズフレア(パープルフリンジ)が発生する、という現象はiPhone 5発売直後から度々報告されていました。英語では“purple haze”、“purple flare”、“purple fringing”などと呼ばれています。
 どうやら強い光源が被写体に含まれると発生しやすいようで、レンズ自体ではなくレンズ周囲の構造に起因するものではないかと推測されています。
 なおAppleのこの件に対するサポート回答はこちら

 上で紹介したiArt+はレンズ周りの黒いパーツでフレア対策しています。海外にもこれと似た手法で“purple haze”対策を謳ったケースがあります。

 camHoodie Lens Hood Case - for iPhone 5 (greatly reduces purple lens flare)

 camHoodieはアメリカの光学機材メーカーFotodiox社のiPhone 5用ケース。24.95ドル。2012/10/31現在予約受付中です。
 iArt+とは若干異なり、レンズの円周に沿って黒いラバーのレンズフードが付いています。リンク先では静止画/動画の使用前/使用後が比較されています。“greatly reduces ”と豪語するだけあって、効果によほど自信があるんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[CoD:BO2] あの人も出てる“Surprise”トレーラー(と人物特定作業)
"Surprise" - Official Call of Duty: Black Ops 2 Live-Action Trailer


 近々発売『Call of Duty: Black Ops 2』(CoD:BO2)の、Guy Ritchie監督による“Surprise”と題されたライブ・アクション・トレーラー(実写トレーラー)が公開されていました。
 酔いどれ復活オヤジRobert Downey Jr.や、ミリオタやガンオタならチャンネル購読必須であるFPSRussiaのKyle Lamar Myersを始めとした有名キャストがカメオ出演しています。BGMはAC/DCの名盤から『Back in Black』。
 個人的にはFPSRussiaの登場シーンが一番笑わせてもらいました。以前もドローン絡みでジョイントしていたし、コラボ関係にあるようです。それと9秒辺りでアイアンマンみたいなの飛んでないかね?

キャストと登場シーン

 海外サイトのあちこちで出演者特定作業が行われていました(というほど大がかりなものではない)。どうやら下記で確定のようです(2012/10/30現在2名が未特定)。

 Zach Steel (冒頭とラスト)
 Danilo Di Julio (スナイパー)
 iJustine (Justine Ezarik) (トマホーク)
 Unidentified (XM8)
 Omar Sy (歩行ロボ)
 Robert Downey Jr. (F-22 Raptor)
 Unidentified (セムテックス向かって左)
 The Amazing Johnathan (セムテックス向かって右)
 Jessica Chobot (白馬)
 Kyle Lamar Myers (FPSRussia) (ドローン)

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム


人気blogランキング
[iPad] 9.7インチiPad対応ステアリングホイール『KOLOS』
追記2:Diamond Multimediaから同類のステアリングコントローラ『TAB360』がリリースされました、7~10.1インチの各社タブレットに対応します、ブラックとホワイトあり
DIAMOND TAB360 Universal Racing Gaming Wheel Stand for iPad® , iPad® mini and other 7 to 10.1 inch Android / Win8 Tablets (Black Color)



追記1:ファンディング開始は2012/11/05(日本時間6日)になりました



KOLOS: The First iPad Gaming Wheel

 iPad 2以降の第2/3/4世代9.7インチiPadに対応するステアリングホイール『KOLOS』。

 KOLOS: The First iPad Gaming Wheel

 Indiegogoの購入ページ(2012/10/30現在カミングスーン)

 一般的なゲーム用ステアリングホイール同様ネジで締め付けて本体を机等に固定。ステアリング中央にiPadをワンタッチで装着。ステアリングを回せばiPadがチルトして、レースゲーム等チルト対応のアプリが操作できるという非常に単純な構造です。
 要はただの「輪っか」でありコネクタ接続するデバイスではないためチルト操作以外の高度な機能はありません。取付中はスリープボタン(ON/OFFボタン)にアクセスできませんが、ワンタッチで脱着可能だから問題ないよね、とのこと。

 下の動画でも触れているとおり、チルト操作以外のアプリを使用するときは単なるスタンドとしても役に立ちそうです。
 販売がIndiegogoなので例によって、「投資額に応じた各種プランがある」、「ファンディング→量産→デリバリーの手順となるので入手は相当先になりそう」、「もしFixed Fundingだった場合万が一ボツる可能性もある」といったことが予想されます。


[タグ] iPhone iPad ゲーム

テーマ:iPad - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[iPhone] iPhone/Androidでコントロールできる灯りPhilipsの『Hue』
追記1:[iPhone] BluetoothコントロールLED電球『Lumen』



Philips Hue

 iPhone等のiOSデバイスまたはAndroid端末で操作できるLED電球(及びそのシステム)、Philips(フィリップス)の『Hue』が10月30日から欧米のApple Store(店舗・オンライン)で独占販売されるそうです。
 価格はアメリカの場合、LED電球3個とWi-Fiブリッジ等がセットになったスターターパックが199ドル。LED電球1個の追加パックが59ドル。電球はブリッジ1個あたり50個まで対応。

 ニュースリリース:アプリケーションで明かりをカスタマイズできるLED電球「Philips hue」を発表

 Philips Hueスペシャルサイト

 詳細はリリースに記載されています。デバイスのアプリとWi-Fiを介して、電球の輝度や色調を変えられるだけでなく、遠隔地からのモニタリング(専用サイトへのアカウント登録が必要)や照明スケジュールのマネジメント等も可能とのこと。またジグビー(ZigBee)規格準拠なので他社のZigBee製品と組み合わせてホームオートメーションを構成できるそうです。

 日本の「スマホと繋がる家電」は欲しいと思わせるものが一つもないけど、海外メーカーの製品はひと味違いますね、欲しいです。日本でも認可を取って発売してくれるかな? それとも国内でもZigBee対応製品の開発は進んでいるようなので、パナソニック辺りから対抗製品が出るんでしょうか?

[タグ] iPhone Android

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone] iPhone/Android対応の戦闘ヘリ『HELO TC Assault』
HELO TC Assault

 iPhone(Android)対応のラジコン製品を数々リリースしているGriffin Technologyから、今度は戦闘ヘリ『HELO TC Assault』が出ました。すみません、とっくの昔に出てました、の間違いです。

 HELO TC Assault: Missile Shooting, Touch Controlled RC Helicopter for iOS and Android devices | Griffin Technology

 iPhone対応のラジコンヘリは数年前から数え切れないほどありますが、HELO TC Assaultは「2機のミサイルを発射可能」なところがひと味違うポイントです。
 『ブルーサンダー』や『エアウルフ』、あるいは『アパッチ』、『コブラ』、『コマンチ』といったキーワードにピクリと反応する人は、これにもピクリと反応するんじゃないかと思います。
 価格は59.99ドル(送料別)で操縦アプリはApp StoreまたはGoogle Playから無料ダウンロード。ローター等の補修パーツは9.99ドルで別売しています。

 オフィシャル動画が面白かったんで載せておきます。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
『ep720』が壊れた(んで『Aurvana In-Ear3』を買った)
 最近は同居人に譲っていたカナル型ヘッドフォン『ep720』が壊れました。

 よくぞ5年近く持ちこたえたものだと感心。絶対に2年程度でケーブルかその結合部が逝くと思っていたのに、倍以上の年月を耐えて壊れたのはハウジング。ふと気がついたら継目から割れて臓物が丸見えになっていました。
 いいヘッドフォンだったな~。Etymotic Researchの魂を宿したこのep720はコストパフォーマンスに優れた、傑作とは言えないまでも高く評価できるヘッドフォンでありました。

 後継機はUEの『TripleFi 10』にするつもりでしたが、主に使用する同居人の「もっと安いのでいい」という意向から『Aurvana In-Ear3』になりました。アウトレットで7000円以下ってのは裕福ではない我が家にとっては非常に嬉しい。

 ろくにリサーチせず買っちゃったけど一応BAドライバ2機だし、拾い読みしたレビューは概ね良好だったから失望する結果にはならないでしょう。一見大柄で着け心地悪そうなボディが、実は小さな女子の耳にも(多分)フィットする点も同居人向きだと思います。

 きっともうすぐ届くはず。

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
長いブランクの果てに(また独り言)
 長期ブランクでiPhoneやMacやPCやネットから遠ざかっていたため取り戻すべく活動中。

 iPhoneは再びアプリを買いまくっています。昨年1000本前後でストップしたアプリ数はここ2~3ヶ月で1200本にまで増加。App ShopperのWish Listに登録済みも1000本を超えています。
 本来はJailbreak方面でテーマ作成とかiOS 6解析とモディファイとか、クリエイティブな方向に進みたいのにまだその意欲が湧きません。一旦元気を失うとリカバリに苦労しますね。

 MacとPCは以前と変わらず使えているけれどOSとアプリとハードは1年前のまま。どちらも古くてバランスが取れているからこれはこれで可なんだろう。強いて挙げればBeta段階でアップグレードしたUbuntu(12.10)が目新しいくらい。それとてただアップグレードしただけですが。

 ネットは休養中に成長著しかった『Pinterest』や『500px』に遅ればせながら登録。ただし「ハイクオリティな作品が投稿できなきゃ一人前じゃない?」500pxはただアカウントを作ったのみに終わってます。
 Pinterestは当初の目標が「iPhone 5ケースまとめ」だったけど、今はそれより他のBoardを作ってPinしてる方が楽しい。私のBoardで現在のお薦めは「Animals」と「Cats & Dogs」。癒されますよね~。動物には。

 ところで、ネットのサービス活用に関して思うんだけど、個人ユーザーならともかく企業は使い方を誤ったらいかんよ。以前はオフィシャルサイトさえ見ればあらゆる情報を得られたのに、最近はオフィシャルサイト/ブログ/Twitter/Facebook/メルマガ等に情報が分散して不便で仕方ない。
 オフィシャルサイトに“News”や“What's New”があるのに最新情報はFacebookでしか得られなかったり、毎日Twitterで雑談垂れ流しているくせにサイトの更新が個人ブログより遅かったり、不具合報告やお詫びやFAQがTwitterだけで済まされたり、不便を強いてどうするの。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
独り言
 iPhone 5ケースBlogになり果てた今日この頃。そろそろこの話題も飽きてきた。
 気分転換として独り言をあれこれ書いてみる。主に物欲系。

 iPad miniは欲しい。あのサイズは魅力だ。非Retinaを嘆く声が多いようだが私はそれほど気にかけない。メーカーがよく口にする「ユーザー・エクスペリエンス」を大きく貶める要素ではない。
 一方でこれをAppleが王者たる「余裕の仁王立ち」から一歩後退し「なりふり構わぬ」防戦に転じた瞬間と捉えると面白い。後発であるこのセグメントのみならず上(iPad)や下(iPhone)でも防戦一方となりそうな来年が見物だ。

 MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデル...って、なげーよ名前が。『Air』が本当に空気になる前に来年はモデル統合し、『13インチ無印』(分厚くて重くて非Retinaで安いヤツ)と『Pro 11/13/15インチ』(薄くて軽くてRetinaで高級なヤツ)の4モデル程度に整理して頂きたい。
 当初はRetina化だけが羨ましかったけど、実は薄型軽量化も恩恵が相当大きい。現在使用中の13インチPro(ちょい古いCore iモデル)はパフォーマンスに何の不満もなく、これが現行Proのサイズ・重量になるだけでもいい。もし買い換えたらより幸せになれるのは確実だ。

 Mac。『iMac』とか『Mac mini』とか欲しいと思い始めたらきりがない。なるべく考えないようにしよう。iMacは驚異的な薄さだけじゃなく、パフォーマンスにも目を見張るものがある。例えばWindows 8に嫌気がさしたゲームデベロッパがMacにもっと注力してその素性を生かしてほしいところ。Modてんこ盛りのSkyrimみたいなVRAMイーターは除くとして、大抵のゲームは快適に遊べるだろう。

 Windows 8。出る前からわかっていたことだが「とりあえずはいらない子」である。モバイルガジェットで『RT』を使うならまだしも、現行デスクトップやノートといったレガシーPCで使うなら「メトロなんかドブに捨てちまえ」。Windows 8をMicrosoft様がおっしゃるとおりに使いこなすためには、新しいデバイスだけでなく頭の大幅な切り替えが必要だ。旧OSはフェードアウトし(させられ)、いずれWindows 8に移行していくのは確実。でも今はいらない。

 Game。せめて『Borderlands 2』と『Dishonored』くらいは買いたかったし『Call of Duty: Black Ops 2』も欲しいけど、金とゲームやってる時間がない。そんな余裕すらない自分が悲しい。『Torchlight II』は中盤で放置したままずっと起動していない。いつかクリアしよう。
 iPhoneのゲームも積みゲーばかり。こちらは無料や85円が多いため増える増える。もう何が何だかわからない。今後も増え続けるだろうから多くは“捨てゲー”になるかもしれない。
 ところでiPhone(iOS)のゲームといえば。4年間で随分変わったものだ。最近はフリーミアム(いわゆる基本無料+課金、いわゆるモバゲーやチョンゲーのビジネスモデル)ばかり。少々うんざりする。

 wowowはフルハイビジョン3チャンネルになってからがとにかくひどい。ゴミコンテンツで埋め尽くされている。新作洋画が増えるかな?、リーガの放送カードが増えて下位チームも見られるかな?、色々期待していた人は嘆いているだろう。多くは望まないが、タレント・芸人が出演する番組、韓流、古い邦画シリーズの一挙放送、これらだけでも即刻排除して頂きたい。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[iPhone 5] アルミバンパー『Embrace-5』が予約開始
追記1:購入したのでレビューを掲載
[iPhone 5] Esoterismの『Embrace-5』ファーストインプレ



Esoterism Embrace-5

 iPhone 5のケース紹介(今回は以前紹介した製品の続報です)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 先月こちらのエントリで紹介したEsoterismのアルミバンパー『Embrace-5』。予約を開始していました。

 Esoterism Embrace-5 for iPhone 5 (pre-order)

 安心のメイド・イン・タイワン。
 通常価格89ドルのところディスカウント価格69ドル。送料15ドル。いずれもUSドルです。
 出荷予定は2012年11月9日。
 カラーバリエーションは6種(2012秋冬コレクションとのこと)。予約特典として無料でスタイラスが付属するそうです。

 その他詳細に関してはオフィシャルサイトまたは以前の紹介記事をご覧下さい。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] モジュラー拡張型バンパーケース『Axis』
XTRUCASE AXIS for iPhone 5
※注:フルメタルではなくバンパー内部はポリカーボネートです

 iPhone 5のケース紹介第18弾。(金属ケースとしては第14弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 Indiegogoでファンディング展開中(2012/12/01まで)の『Axis』です。メーカーはXTRUCASE
 一見すると只のiPhone 5用アルミバンパーですが、9月に紹介した『ReadyCase』と同様マルチツール化できるところがポイント。そう言えばあちらもIndiegogoでしたね。

 XTRUCASE Axis iPhone 5 Case | Indiegogo

 出資は25ドルから。ただし25ドルと35ドルは同社のiPhone 4/4S用ケースを購入してAxisの割引クーポンを入手するプラン。直接Axisを購入する場合は40ドル以上となります(送料別20ドル)。
 ファンディング完了後81~90日で出荷予定との記載あり。入手は2013年の2月中旬以降になりそうです。“Flexible Funding”なので目標額の35000ドルに到達しなくても確実に購入できるでしょう。

概要
 バンパータイプ
 4種のカラーバリエーション
 ポリカーボネートのバンパーコア
 フロントとバックのエッジに沿ったアルミフレーム
 ツールフリー(スライド脱着)
 背面にメジャーアタッチメント1個取付可能
 メジャーアタッチメント
   ソーラーパネルチャージャー(予定)
 コーナーにミニアタッチメント取付可能(最大4個)
 ミニアタッチメント
   スタイラス+ペン
   USBサムドライブ(8GB or 16GB)
   レーザーポインター+フラッシュライト(予定)
 各アタッチメントは今後も追加予定

 2013/10/22現在、スタートしたばかりでまだ出資者がゼロに近い状態。おそらく「早割89ドル」のPerkが人気になるのではないかと思います。ケース本体、スタイラス+ペン、USBドライブ16GBのセットで早割完売後は99ドルになります(いずれも送料別20ドル)。

紹介動画

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] Over Racingのアルミバンパー発売間近
 iPhone 5のケース紹介第17弾。(金属ケースとしては第13弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 前回エントリで予告したとおり、あちらのシンプルな『Arms 3Sファーストモデル』とは異なり、アシンメトリで自己主張の強いデザインのOver Racing(オーヴァーレーシング)製アルミバンパーを紹介。間もなくiPhone 5版が登場するようです。

 Over RacingのiPhoneケースコーナー

 Over Racingの開発Blog

 私はメタル無垢のバンパーなら先のArms 3Sか『Gramas 512』みたいなタイプの方が好きです。でも好みは人それぞれですからね、Over Racingの方が好き!って方もいるかと思います。

 ところでオーヴァーさんは元来マフラーを中心とした2輪/4輪のアフターパーツメーカーです。私も昔某国産モーターサイクルのインラインフォーにここの集合を装着してツーリングを楽しんだ頃がありました。低回転では控えめ、高回転では乾いた抜けのいい(決して爆音ではない)サウンドが爽快だったと記憶しています。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] Arms 3Sのアルミバンパー発売間近
追記1:11月13日から販売(受付)開始したそうです



 iPhone 5のケース紹介第16弾。(金属ケースとしては第12弾)

 こちらのコメント欄でまたまたtakashiさんに教えて頂いたArms 3S(サンアイ ARMS事業部)のアルミバンパーケースが発売間近なようです。
 2012/10/22現在、オフィシャルBlogの情報によると試作品の最終仕上げ一歩手前という段階。量産・発売に至るのは今月~来月前半辺りでしょうか?

 Arms 3Sオフィシャルサイト

 Arms 3SのBlog(最新情報等)

 前掲Blogの記事にある4/4S用タイプEに近い試作品は、先日紹介した『Gramas 512』と同様シンプルかつスリムなデザインで結構好みです。最終のアルマイト処理が施されればより洗練されるのではないかと思います。
 4/4S用は複数ライン展開していたようなので、このデザインが気に入らない人はバリエーション増加に期待しましょう。

もっと派手なタイプが好きな人向けは次回

 これじゃ地味すぎる、もっと個性が強いヤツないの? という人向けに次回のエントリではモア・デコラティブな和製メタルバンパーを取り上げます。そちらも発売間近。

PinterestにまとめBoardあります

 当Blogで紹介したケースを中心に、気になるiPhone 5用ケースをまとめたBoardをPinterestに作りました。Pin元のリンクは現時点でのオフィシャルページまたは購入ページになっています。まだまだ数は少ないですがウィンドウショッピング的にどうぞ。

 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoard

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[Mac] 13インチMacBook ProのRetina搭載確定か
 10月23日(米現地時間)のiPad miniイベント時に同時発表と専らの噂になっているRetina搭載の13インチMacBook Pro。

 昨日MacRumorsやiClarified等が報じた記事によると、中国のBBSに投稿された「ニュー13インチMacBook Proのリーク画像」と称する画像群に、Retinaディスプレイ搭載を裏付ける画像が含まれているそうです。

 Leaked Photos of 13-Inch Retina Macbook Pro Show Ports, Batteries, Internals - iClarified

 確かにディスプレイ解像度設定画面で最高解像度が2560x1600となっています。どうやら噂は確定ですね。
 毎回ニューモデルに買い換えられるはずもなく、自分の13インチMacBook Proが旧型になっても気にしないようにしてきました。でも今回のRetina化は正直羨ましい! 欲しいが当然金はない。

[タグ] Mac Apple ノートPC

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[iPhone 5] レンズ付きケースiZZi Gadgetsの『Solo』と『Orbit』
iZZi Solo and Orbit

 iPhone 5のケース紹介第15弾。(金属ケースとしては第11弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 アメリカiZZi Gadgetsの交換レンズ付きメタルケース『iZZi Solo』と『iZZi Orbit』。iPhone 4/4S用に加えてiPhone 5用も登場しました。
 2012/10/19現在、Kickstarterからの購入だと投資額によって納期が異なり10月~12月。MadeFreshlyに建てられているストアでは「Now Available」になっています。
 なおMadeFreshlyから購入した場合の価格はSoloが139.99ドル。Orbitが239.99ドルです。

 iZZi Soloの商品紹介

 iZZi Orbitの商品紹介

 Kickstarterの購入ページ

 MadeFreshly内のiZZi Gadgetsストア

 Solo、Orbit共にアルミ合金製(正確にはジュラルミンと表記されているのでA2017?)のボディで、Soloにはフィッシュアイレンズが、Orbitにはフィッシュアイ、ワイド/マクロ、望遠、と3種のレンズが付属。Orbitはロータリー式のレンズ交換構造により即座に3種のレンズを切り替えて使用できます。

PhotojojoもiPhone 5版を発売予定

 iZZi Orbitと同様の交換レンズ付きケースにPhotojojoの『The iPhone Lens Dial』があります。こちらも2012/10/19現在iPhone 5版を開発中でカミングスーン。ニュースレター登録すると最新情報を送ってくれます。

 The iPhone Lens Dial by Photojojo

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] ポリカーボネート+カーボンのケース『Predator』
Predator Grip Cover for iPhone 5

 iPhone 5のケース紹介第14弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 ポリカーボネートとカーボンを使用した香港ION-factory社のiPhone 5ケース『Predator Grip Cover』です。59.99米ドル。

 Predator Grip Cover for iPhone 5 | ION-factory

概要
 価格:59.99米ドル
 4種のカラーバリエーション(黒、金、銀、銅)
 ポリカーボネートのシェル(スナップオン脱着、バックとサイドを保護)
 サイドのディンプル形状によりグリップ強化
 カーボンコンポジットのバックパネル
 インナーにベルベットのライニング
 アンチグレア液晶保護フィルム付属

 フルカーボンケースを探している人からするとこれは対象外でしょうが、チープなカーボン風プリントやウェットカーボンシール等ではなくドライカーボンらしいので、プレート貼り付けのみとはいえ高級マテリアルの雰囲気は醸し出せるんじゃないかと思います。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] サイクロコンピュータケース『iBike Dash CC 5』
iBike Dash CC 5

 iPhone 5のケース紹介第13弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 iPhone 5をサイクロコンピュータ(サイクルコンピュータ)化するケース、アメリカiBike社の『iBike Dash CC 5』が予約受付中になっていました。2012年12月デリバリー予定。99.95ドル。

 iBike Dash CC 5 bike computer (iPhone 5) - PRE-ORDER

 2012/10/17現在、日本の代理店(フォーカルポイント)にはまだ情報がありません。ほぼ同等スペックになると思われる従来モデル『iBike iDash CC』(iPhone 4S以前のiPhone/iPod touchに対応)の詳細ページが参考になるかと思います。

 iBike iDash CC - フォーカルポイント

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] Macallyのアルミバンパー
Aluminum Frame Case for iPhone 5(ALUMRIM5B) - Macally

 iPhone 5のケース紹介第12弾(金属ケースとしては第10弾)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 アメリカMacally社のアルミフレームケースが発売間近なようです。
 2012/10/16現在、製品ページはありますが在庫切れの状態。Macally Japan(Gate)のサイトにはまだこの製品に関する情報が掲載されていません。

 Aluminum Frame Case for iPhone 5 - Macally

概要
 型番:ALUMRIM5
 価格:34.99ドル
 バンパータイプ
 カラーバリエーション3種(黒、赤、金)
 ツールフリー(スライド脱着)
 内側サイドとコーナーに緩衝材
 ランヤード(ストラップ)用穴あり

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] iPhone 4/4S/5 の液晶色味比較
追記2:『f.lux』でキャリブレーション可能だそうです(要Jailbreak)
HERO KIKIさん、情報ありがとうございました

f.lux for iPhone, iPad, and iPod touch

iPhone 4に入れてみました。いいですねこれ。位置情報を元にした日出/日没時間での自動モード切り替え、昼間/夜間の色温度設定、f.luxの一時停止等の機能があります。繰り返しますが要Jailbreakです。



追記1:当Blogの過去記事を参照したら、こちらのエントリ(2010/07、iPhone 4購入時の記事)にてiPhone 4の液晶表示色を「3GSより暖色」、「1週間で若干薄まった?」と表現しています。2年前なので完全に忘れていました。うーん、そのiPhone 4が今や妙なほどの寒色液晶ですよ。iPhone 5も経年変化でこうなるのでしょうか?



左から:iPhone 5、iPhone 4S、iPhone 4

 ※注:これはあくまで我が家にある個体での比較結果です

 うちにあるiPhone、3世代の液晶表示色を比較してみました。蛍光灯下にてコピー紙でマニュアルWBをとってから撮影しました。デバイスはほぼ同じ輝度に設定し自動調光はOFFにしてあります。直接肉眼で見たときより差異は感じにくいかもしれません。

 左:iPhone 5(iOS 6)、現在使用中(1ヶ月弱)、色温度低め
 中:iPhone 4S(iOS 5.1.1)、同居人が使用中(9ヶ月)、色温度やや低め
 右:iPhone 4(iOS 5.1.1, Jailbroken)、2年間使用後退役済み、色温度高め

 iPhone 3GS発売時も3Gより明らかに液晶の黄味が強い個体が多く巷で「尿液晶」などと騒ぐ人がおりました。一転して翌年の4(私が入手したこの個体)は色温度が高く明らかに青味がかっています。
 その後再び暖色傾向にシフトした4Sや5と比較するとその違いは一目瞭然ですね。例えるならPCモニタの色温度設定を9300KにしたのがiPhone 4、そして6500KにしたのがiPhone 5、そのくらいの違いはあります。

 iPhoneに限らず携帯やスマートフォンの液晶色温度が、製品あるいは個体によって異なるのは珍しいことではないと思います。
 因みにこのiPhone 5、黄色が強いから発色も一番悪くて濁っているかというと、そんなことはありません。表示品質はこの3機種の中で最高です。4や4Sより色再現性が向上した効果は充分出ていると思います。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] シンプル&高品位バンパー『Gramas 512』も「いいね!」
追記1:当方Gramas 512の購入予定は全くないため多分今後の更新もありません



 iPhone 5のケース紹介第11弾(金属ケースとしては第9弾)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 こちらのコメント欄でtakashiさんに教えて頂いたGramasのメタルバンパー『Gramas 512』が先行予約を受け付けていたようです(※注:2012/10/09時点で一旦受付締切になった模様、詳細は下記リンク先でご確認下さい)。

 Gramasオフィシャルサイト

 GramasのFacebookページ

 Gramas 512はシンプルかつソリッドなアルミの質感を生かしたデザインが気に入りました。これまで和製のメタルケースは数々目にしてきましたがどれも好きになれず、多少なりとも購入意欲をそそられたのはこのGramas製が初めてではないかと思います。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] CRIMSONのアルミフレームケース(AFC)
追記1:発売されました。全6色で各44.95ドル(ホワイトのみ54.95ドル)。予想どおりiPhone 4/4S版とほぼ同等のデザイン、価格になりました。2012/11/27現在日本代理店(E.I.P)のサイトには情報がありません。



CRIMSONのアルミフレームケース(画像はiPhone 4/4S用)
※注:上の画像はiPhone 4/4S用です

 iPhone 5のケース紹介第10弾(金属ケースとしては第8弾)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 アメリカCrimson Design社のiPhone 5用アルミケースが「カミングスーン」になっています。
 2012/10/12現在未発売、下記リンク先のページ左にあるメール購読欄に登録すると、発売可能になったら知らせてくれます。
 iPhone 4/4S用は10色展開で39.95~59.95ドルと比較的お手頃な値段でした。iPhone 5用もデザインと価格はこれに近いのではないかと予想しています。

 Crimson Designオフィシャルサイト

 サイドが全て開放されたまさに“フレーム”と呼べるデザインが一般的なバンパーとは異なります。プロテクション性能は低そうだけれど、ボタンやポートへのアクセスは容易で操作性は良さそうです。
 この会社はアメリカ、イギリス、台湾にオフィスがあって、日本のインポーターも同社iPhone 4/4S用ケース等の取扱実績があるようです。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] Luardiのアルミバンパー『Easy Grip Alluminio』
Easy Grip Alluminio

 iPhone 5のケース紹介第9弾(金属ケースとしては第7弾)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 Macworldの記事で紹介されていたアメリカLuardi社のiPhone 5用ケース『Easy Grip Alluminio』です。Vaporタイプのアルミバンパーでグリップ形状とツールフリーが特徴。
 2012/10/12現在未発売(10月24日発売予定)、予約受付中。

 Luardi :: Aluminum Bumpers :: Easy Grip Alluminio

 概要
  価格49.99ドル
  2ピースのアルミバンパー
  カラーバリエーション6種
  左手でグリップしたとき指に合うサイド形状
  ツールフリー(スライドさせて脱着)
  フレーム内部のスポンジでデバイス本体を保護
  液晶保護フィルムと背面用ビニールスキン付属

 一見するともろに「Vaporパチモノ」。波形グリップ形状やツールレスで特徴を出してはいてもその印象は拭えません。
 ただし巷で投げ売りしているような粗悪品と違って、真っ当な(?)カリフォルニアのアクセサリメーカーが自社銘で出してますから、水準以上のクオリティは保っているものと想像できます。値段もそれなり(高くもなく安くもなく)ですし。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] 専用アクセサリで用途を広げる『Rokshield v3』ケース
Rokshield v3 Case - Rokform

 iPhone 5のケース紹介第8弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 アメリカRokform社のiPhone 5用ケース『Rokshield v3 Case』です。ケースとバンパーの二重構造、アタッチメントを介したアクセサリ取り付けによる多機能性等が特徴です。
 2012/10/09現在未発売(10月発売予定)、予約受付中。

 Rokshield v3 Case - Rokform

 概要
  価格49ドル
  ポリカーボネートのケース+ラバーのバンパーという二重構造
  バンパーを外した状態でも使用可能
  カラーバリエーション6種
  付属のマウントアダプタを介して別売アクセサリを取り付け可能
   (カーマウント、バイクマウント、三脚アダプタ等)
  付属のマグネットキットを装着して鉄板等にiPhoneを固定可能
  液晶保護フィルム付属

Best iPhone 5 Case | RokShield v3 iPhone 5 Case


 Rokformはモータースポーツ関連メーカーのオーナーにより設立された会社なので、iPhone用ケースのデザインはどこかヘビーデューティでメカニカルなイメージですし、アクセサリの展開もモータースポーツやエクストリームスポーツといった、アウトドアでのハードな使用を意識したものが中心になっています。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] Gressoの高級金属バンパーが43%OFFになっていた
追記2[iPhone 5] Gressoの高級バンパーに“廉価版”が登場



追記1:いつの間にか(多分10月20日以降)1990ドルに値上げしていました



Revolution for iPhone 5 - Gresso

 iPhone 5のケース紹介第7弾(金属ケースとしては第6弾)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 金銀財宝をちりばめた“おハイソ(成金チック)”な携帯電話メーカーとして有名なロシアのGressoが、iPhone 5用のメタルバンパーケースを販売中です(ほぼ同等品のiPhone 4/4S用も販売中)。
 しかも、当初3000ドルと報道されていた予価に対し、実際の販売価格は何と約43%もプライスカットされてたったの1700ドル! 販売数は限定999個のみ。欲しい人は急げ!

 Revolution for iPhone 5 - Gresso

 概要
  価格1700ドル
  チタニウム合金にブラックPVDコートされたボディ
  装着時の厚み増は1mm、重量35g
  フロント/バックのボディを内蔵マグネットで接続
  ボディサイドに嵌め込まれた18金プレート
  加工や組立は全て職人によるハンドメイド
  リボン付きの豪華化粧箱入り(らしい)
  世界限定999個(シリアルナンバー刻印)
  永久保証

 チタンとかスリークなデザインという点はいいんだけど、いかんせん値段が・・・。たかがiPhoneのケースに13万円以上出せるほどセレブじゃないし。これのアルミ版(18金もなしで)を150ドル以下で出してくれないかね。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] 5用『Vapor』ケースは10月中に発表か?
追記1:その後Carbon Fiber Gearの10月1日付追記(Vaporに関する記述だけ)は消されてしまいました(因みに消される前の状態はこちら)。またElementCaseのTwitterにて10月18日付で「iPhone 5用Vapor CompまたはPROを制作する計画はない、他のもっとクールなデザインの商品を開発中」と発言されています。また会話の続きで「12月前?」とその時期をほのめかしています。あてになるかどうかはわかりませんが。



 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 ElementCaseのiPhone 5用『Sector』は既に先着順で予約開始し、メーカー直販、日本国内取次店(caseplay等)ともに10月18日からの出荷が決定しています。それに加えて『Vapor』等他のモデルも10月~11月にかけて相次いで投入されるかもしれません。

 Carbon Fiber Gearの記事(10月1日付追記)によると、『Vapor』が10月下旬、『ION』と『Formula』が11月下旬に登場しそうとのこと。いきなり発売ではなく発表/予約の時期だと思いますが、遅くとも年内にはかなりバリエーションが充実しそうです。

 現在はSectorしかない状況で人気集中していますが、Vaporが本命という方はもうしばらく繋ぎのケースで我慢して待ってみるのが吉かもしれません。ただし当然これは確定情報ではないので悪しからず。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] EXOVaultのメタルケースは10月登場予定
追記1:ファーストモデルは『EXO16』になりました、続報はこちら
[iPhone 5] EXOVaultのメタル&ウッドケース第一弾は『EXO16』



EXOVault
※注:上の画像は製品版とは異なります

 iPhone 5のケース紹介第6弾(金属ケースとしては第5弾)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 アルミやブラス等のメタル、時にはそれにウッドを組み合わせたハンドメイドケースを手掛けるメーカーEXOVaultが、iPhone 5用ケース2種の10月投入を予定しています。

 iPhone 5 Pre order - EXOVault

 2012/10/03現在、商品の写真や詳細は公開されておらず、100ドルの手付金が必要な予約を受付中。予約しておくとファーストモデルを2割引で買うことができます。
 そのファーストモデルはiPhone 4/4S版の『EXO9』と『EXO15』に似たデザインの2種が予定されています。価格も同程度になるそうなので最低でも手付金100ドルよりは高く最高200ドル程度が予想されます。

 EXOVaultのケースはデバイス全体を包む直方体形状となり、大柄かつiPhoneの原形をとどめないので好みが激しく別れそうです。ただし特にメタルとウッドを組み合わせたモデルは、ハンドメイドらしい非常に凝った造りで独特の雰囲気と高級感を放っています。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] FIRETIのチタニウムケース『ATOM』
追記2:OMEGAの紹介を別記事にしました
[iPhone 5] Firetiのチタンケース第一弾は『OMEGA』に変更
スペシャルカラーモデルの情報もあります



追記1:ATOMのページがなくなりました、OMEGAが先にリリースされる模様
FIRETI OMEGA for iPhone 4/4s and iPhone 5 by FIRETI | FIRETI



ATOM iPhone 5 by FIRETI
※注:上の画像はiPhone 4/4S用ですが5用もほぼ同形状になる予定だそうです

 iPhone 5のケース紹介第5弾(金属ケースとしては第4弾)。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 スコットランドのFIRETIというメーカーの64チタン合金(Ti-6AL-4V)製ケース『ATOM』です。マテリアルフェチなら「チタン」とか「チタニウム」と聞いただけで食指が動くかもしれません。

 ATOM iPhone 5 by FIRETI

 FIRETIのFacebookページ

 形状は「アルミ弁当箱」っぽくてやや無骨。4/4S版のATOMではバック一面をプレートが覆っており、iPhone 5の場合電波干渉が気になります。当然フィールドテストはしてると思いますが。

 ベース価格は79.99ポンド(約1万円)。アノダイズド処理によるカラーオプション(7色)、バックプレートへの彫刻オプション(5種)を選択するとそれぞれ10ポンド加算されます。
 カラーリングや彫刻を施した際のサンプルイメージは「ATOM ORDER OPTIONS」のページで確認できます。

 2012/10/02現在、予約注文して出荷前ならいつでもキャンセル/返金可能とのこと。また正式な製品写真が公開されるタイミングで再度購入意志の確認をしてくれるようです。出荷予定は10月中旬頃になる模様。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] あのクーラーマスターのアルミバンパーケース
追記1:54.99ポンドで販売中
 ストアロケーターで日本を選択するとEUのCM Storeが選択されます。ブラック、シルバー共に54.99ポンドで販売中です。クーラーマスターの日本サイトには2012/11/21現在このケースに関する情報はありません。



iPhone 5 Aluminum Bumper - Cooler Master


 iPhone 5のケース紹介第4弾(アルミケースとしては第3弾)。

 自作PC用ケースやクーリング等の周辺機器メーカーとして著名なあのクーラーマスター(Cooler Master)が、iPhone 5用アルミケースの投入を予告しています。2012/10/01現在写真数点とキャプションのみで価格その他の詳細は明かされていません。


 iPhone 5 Aluminum Bumper - Cooler Master

 判明しているのは、「アルミ製」、「バンパータイプ」、「バックプレートをスライドさせて脱着(ツールフリー)」、「軽量18g」、「ケース内側のEVA樹脂でiPhone本体を保護」、「美しくカットされたアクセス孔」、「カラーはシルバーorブラック」といったところ。

 薄くシンプルでiPhone 5本来のフォルムを損なわないという美点がある一方、こういった平面的でボクシーなアルミケースは「安っぽい弁当箱」みたいな雰囲気に陥る危険性もあります。
 予告画像を見る限りでは非常に丁寧な仕上げで、おそらく使用されているアルミも低品質な物ではないと思いますが、想像の域を出ず真のクオリティは実物を手にしてみないとわかりません。

 Vaporシリーズの影響かアルミバンパーは立体的な3次曲面デザインやメカニカルなテイストの製品が主流。でもたまにはこのクーラーマスターのようにミニマルなデザインのケースがあってもいいですね、選択肢が広がります。こっちの方が好みって方もいるんじゃないでしょうか。

 私は今のところ『Sector 5』を待つか、人柱及びblogネタとして『Embrace-5』を買ってみるか、ちょっと迷い中。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。