Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[Ubuntu] 11.04 (Natty Narwhal)をインストール
Ubuntu 11.04 インストール

 Ubuntu 11.04 (Natty Narwhal)をインストール。最近はアップグレード続きでしたが今回はクリーンインストールです。まだ日本語Remix CDが出ていないため本家のISOを利用。
 クリーンインストールにも関わらずまた10.04→10.10の時と同様のGRUBエラー(正確には前回と異なりgrub_env_export)が出たため修復。chrootしなくても直せるんだよっていう情報もありましたが、それより楽な前回の手順をとりました。

 まだUnityに慣れません。今のところは何だか安っぽいOSXのような、富士通かNEC辺りが作ったダサいランチャーのような・・・、それほど良い印象がないという実感。

 かと言って、Classicにしがみ付くのも癪なのでとりあえず使ってみることに。
 しばらく操作していたら、コツが掴めてきたというか徐々に快適度が増してきました。これはこれでありなのかも。Dock + QuickSilverみたいなことができたりするし、そもそも本格的に使ったのは今日が初めてだし、設定で好みに合わせていくことはできるだろうし。
 ツール類でカスタマイズしたOSX + マルチタッチトラックパッドが快適過ぎて、それと比べてしまうのがいけないのかもしれません。食わず嫌いは止めてUnityを使い続けてみようと思います。

参考:Unityの設定を含め、NattyのTweakに関するTipsがまとめられたページ
Things To Tweak / Fix After Installing Ubuntu 11.04 Natty Narwhal
スポンサーサイト

[タグ] Ubuntu Linux

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[iPhone 4] 日本でも遂にホワイトモデル発売が確定
iPhone 4 ホワイト

 うそーん。
 日本でもiPhone 4ホワイトが遂に発売されるそうです(昨日27日正式発表)。
 「お待たせしました。」ってレベルじゃないですけど。

 うちの同居人はホワイトがブラックと同時に出ていればiPhone 4ユーザーになる予定でした。待っているうちに携帯が壊れたため他機種に機種変してしまいました。今更替えられません。私としてはiPhone 5を買わせたいところです。

 巷のホワイト待望派は、今日まで「待っていた」、諦めて「ブラックにした」、「他機種にした」、あるいは「自作した」、等々それぞれかと思いますが。今回の遅すぎる登場をどう思っているんでしょうか。

[タグ] iPhone iPhone4 iPhone5

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] ホームボタンの劣化とマルチタスキング・ジェスチャー
 今日は(いつもか?)割とどうでもいい話なんですが。

マルチタスキング・ジェスチャー

 うちのiPhone 4は購入時からホームボタンの反応が少々怪しい感じでした。
 iPhoneってモデルや時にはロットによってホームボタンのクリック感とか液晶の色温度とか、各所にそれなりの品質バラツキがあります。所詮大量生産の工業製品ですしAppleですし。
 ホームボタンのクリック節度が微かに甘く感じ、ごく希にダブルクリック無反応(あるいは逆にシングルクリックでマルチタスク暴発)という現象にはすぐ気づきましたが、色々考えると交換したくないし面倒だし、スルーしていました。

 ある時期からそれがやや顕著になったため、ホームボタン押下が必要なシーンをできる限りActivatorに割り当てたり、MultiCleaner等を駆使し、ジェスチャーや他のボタン押下で代用していました。故に不自由を感じることはなく。

 そんな折、iOS 4.3.2をsn0wbreeze 2.6でJailbreakする際、新しいマルチタスキング・ジェスチャーのオプションをOFFにしてIPSWビルドしたのに、出来上がってみたらこれがしっかり設定画面にありやがるじゃないですか。
 突っ込みを入れるよりも、まずは使ってみようということに。

 これが意外とよかったりした訳で。
 4本または5本指ジェスチャーなのでiPhoneの液晶サイズではかなり窮屈なことを除けば効果大で◎。マルチタスクに伴う操作がスイスイ行えてホームボタンの出番が一層激減。少なくともダブルクリックすることはもうないでしょう。

 MacOS(古のMacintoshも含め)やiOSの伝統である「時にやり過ぎではないかと思えるほどの細かい挙動」もこの新しいジェスチャーUIに生かされていますね。
 例えば、マルチタスク発動後任意アプリ上で左右フリックするとスクロールしてアプリ間の直接切り替えになります。切り替えはロータリー操作(どちらにフリックしてもエンドレスでアプリがグルグル回るように切り替わる)ではなく、本数に応じて左右で止まります。
 この「もうこっち側にフリックしても切り替わらないよ」と知らせる挙動が、単にスクロールを停止させるだけでなく、まるで「イヤダイヤダ」もしくは「ダメダメ」と語りかけるかのようなテンポで左右に震えて知らせるんですね。何とも可愛い動きで和んでしまいました。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] 先週末辺りの小ネタとか(iOS 4.3.2脱獄他)
 個別の記事にする時間も気力もなかったんで、小ネタ集として幾つかの話題を簡単に。

◆iOS 4による位置情報トラッキング
 engadgetの記事を見た後私も可視化ツールで自分の情報を確認してみました。通勤の鉄道路線沿いに帯が集中していて、まあ、そりゃそうだろうと。iOSデバイスを持ってるパートナーの行動が気になる(疑惑ありな)方は是非こっそり覗いてみましょう。
  可視化ツールMac版(iPhone Tracker)
  可視化ツールWin版(iOSTracker.NET)
  トラッキング阻止ツール(untrackerd、要Jailbreak、Cydia)

◆Cydiaの障害(米Amazon EC2)
 IT系ニュースでも報じられていた米Amazon EC2の障害により、Cydiaでもトラブル(有料アプリ課金系の、購入できない、認証できない、等)が発生。日本時間4月24日9時現在まだ完全には復旧していません。リポジトリやCydiaの機能自体が停止している訳ではないため、一部を除けば正常に利用可能です。

◆イースターのiOSアプリセール
 イースターに合わせた週末のiOSアプリセール。各パブリッシャが色々値下げしています。最大のものはEAの恒例99セント(115円)セール。私は『NBA JAM』と『Dead Space』と『Fight Night Champions』を買いました。

◆iOS 4.3.2のUntethered Jailbreak
 PwnageToolを待つつもりだったけど、週末を逃すことはできないので既発のツールでJailbreak。今回はsn0wbreeze 2.6を利用しました。ツールはどれを使うか好みで決めて構わないでしょうし、4.3.1と比べてアプリ対応度も多分それほど変わらず不自由はないと思いますが、前述Cydiaの有料アプリ系トラブルがありますから、緊急でない場合その復旧を待ってからの方がよいかもしれません。
  redsn0w 0.9.6 RC14(Mac、Win)
  sn0wbreeze 2.6(Win)

◆スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)決勝
 バルサの勝ちを期待というより確信していたのですが、でも、サッカーって、スポーツって、何が起こるかわかりません。だから面白いんですよね。今や世界一優勝カップが似合う男となったカシージャスの笑顔は最高でしたね(そのカップは後のパレード中にセルヒオ・ラモスがバスから落として壊しちゃったけど)。一番の傑作シーンは不器用に宙に舞ったモウリーニョの胴上げでしょうか。次はいよいよチャンピオンズリーグで対決ですね。バルサとシャルケの決勝を見てみたいんだけど、どうなりますか。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] ロック画面ウィジェット『Typophone Weather』
追記:カスタマイズ例紹介
 [iPhone 4] LS『Typophone Weather』テーマのモディファイ例
 (モディファイ用ファイルダウンロードと手順解説)



 FSMdotCOMで紹介されていた『Typophone Weather』を使ってみました。
 元の『Typophone 4』は以前時々使っていましたがこのMod版は初めて。
 ロック画面に日時と天気を表示するウィジェットです。
 タップ操作による表示切り替え機能あり。

Typophone Weather (一部カスタマイズ済み)
(Typophone Weatherテーマ適用例、一部カスタマイズ済み)

注意
 要Jailbreak、当方環境は(iPhone 4、iOS 4.3.1、WinterBoard)
 テーマに関して詳しくは下記のオフィシャルサイトをご覧下さい
 これらの情報により不具合が生じても当方は一切責任をとりません(自己責任で)

関連リンク
 FSMdotCOMの紹介記事
 オフィシャルサイト

入手方法
 下記2種類から選択
  方法(1): Cydiaからインストール
  方法(2): オフィシャルサイトからダウンロードし手動で導入
    (ソース一式なのでテーマファイル以外に画像テンプレートpsd等も含まれる)

設定方法
 下記2種類から選択
  方法(1): App Storeから有料アプリを購入しGUIで設定
    (アプリは115円→App Storeリンク
    (有料版限定のテーマが使用可能になるなど特典あり)
  方法(2): オフィシャルサイトの解説を参考に手動で設定

設定補足
 今回は入手も設定も方法(2)で導入してみました。
 入手方法はどちらでも構わないと思いますが、設定方法は・・・、他のWidgetと大差なく簡単なため、わざわざこのためだけに115円払う必要はないでしょう。どうしてもデスクトップ版(アプリ版)のWidgetや追加テーマが欲しければ別です。

 以下、設定に伴うメモです。なお前掲スクリーンショットはフォント種、そのサイズとポジション、スライダー画像、壁紙等一部カスタマイズを施しておりデフォルトとは異なります。

 12時間制/24時間制
   ・functions.js の AM_PM を false にすると24時間表示(デフォルトはtrue)
 摂氏/華氏
   ・weather.txt の unit を Celsius にすると摂氏表示(デフォルトはFahrenheit )
 都市
   ・weather.txt の
     cityName に都市のセレクター表示名を入力(任意文字列)
     zip に都市コードを入力(例:東京ならJAXX0085)
 フォントについて
   ・デフォルト指定はデバイスのHelvetica系と付属svgフォントの混合
   ・このためシステムフォントを置換していると位置・サイズがずれる、要調整
 壁紙について
   ・付属LockBackground.pngが指定されている
   ・画像置換または指定書き換えによって壁紙変更可能

操作(表示の切り替え)
 このウィジェットは画面をタップすると表示内容の切り替えができます。

 カレンダー(日時)表示部分をタップ
   ・都市のセレクターが現れ表示する都市を切り替え可能
   ・都市の選択肢はweather.txtに列挙しておく

 天気表示部分をタップ
   ・天気の表示方法がタップする度に変更される(下記3種類トグル)
     デフォルト:今日の気温と天気
     今日の天気、最高気温、最低気温
     明日の天気、最高気温、最低気温

 以下のクリーンショットはその一例です。

都市選択中の画面
 都市セレクターで都市を選択中の画面
 左右矢印をタップしてリストをスクロール、都市名をタップして選択

明日の天気に切り替えたところ
 天気表示を“明日”に切り替えるとこんな感じ、最高・最低気温を表示

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] 折り畳みBluetoothキーボード『400-SKB016』
400-SKB016

 サンワサプライからiPhone等に最適なBluetoothキーボード『400-SKB016』が発売されたそうです。

 iPhone・iPad Bluetoothキーボード 400-SKB016 【サンワダイレクト】

 これ、以前バーベイタムから発売された(この製品)と同じですね(ただしキー配列はカスタマイズされており異なる)。確か供給元のメーカーはイギリスだったと思います。

 普段Mac(特にUSキーボード)を使っている人なら、command+spaceでの入力言語切り替えは体に染みついて既に快適化しちゃってるでしょうが、そうでなければ面倒あるいは鬱陶しいと感じるのかもしれません。この400-SKB016には予め「command+spaceキー」が用意されており、キー一発で切り替えできるそうです。

 現在ReudoのRboard for Keitai『RBK-2000BTII(旧モデル)』を使っています。毎日重いノートを持ち運ぶ気にはならないため、iPhone+RBK-2000BTIIの組み合わせはとても重宝します。

 RBK-2000BTII
RBK-2000BTII

 400-SKB016はキー配列等細かな点を除くと機能的にはReudoと同等(折り畳み、開閉ロック、デバイス用のスタンド、単4×2本駆動、ケース付き等々)なので私の買い換え対象にはなりませんが、これからiPhoneやiPad用のキーボードを購入する方にとっては有力候補じゃないでしょうか。

 同等製品が(OEMで)複数のメーカーから出ていたり、アキバのショップでバルク品が激安販売されたりなど、意外とこのジャンルの製品が充実してきてたりしますのでまめに情報収集するのがよいかと思います。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] iOS 4.3.1 『ホーム画面透明化パック』テーマ
追記:iOS 5対応版はこちら
 [iOS 5] 変更まとめ(7)-透明化パックテーマ(ホーム/ロック/ステータス)



追記:iOS 4.2.1からIconDarkeningOverlay@2x.pngがなくなりました。タップ時の影を消すにはAppIconMask@2x.png(真っ黒)を適用するという方法がありますが、普段のアイコンも見えなくなります。

 以前作ったホーム画面UI画像の透明化詰め合わせパックはとりあえずiOS 4.3.1でもそのまま使えるようです(バッジのラベル等消えない部分もそのまま)。

 関連記事:[iPhone 4] iOS 4.2.1対応版『ホーム画面透明化パック』テーマ

 iOS 4.2.1ではファイル名や仕様の変更が多くテーマ等の手直しを余儀なくされましたが、iOS 4.3.1はそれに比べると変更箇所は大幅に少い模様。助かりました。

 /System-Library/CoreServices/SpringBoard.appフォルダにRotationLocked.png等若干ファイルが追加されましたが、この画像パックで対象にしている「通常時のホーム画面に表示されるUI画像」に該当する物はなさそうです。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] Tap to UnlockテーマiOS 4.3.1対応版(及び不具合解消方法)
 ※この他現在公開中のTap to Unlockテーマ一覧はこちらをご覧下さい




2011/10/20:iOS 5に対応
一部更新履歴省略
追記:zip更新(詳細下記)
  ・SD版の画像を同梱(320x480ピクセル用、iPhone 3/3GS等に対応)
  ・言語環境ファイル(strings)追加



 以前作成したロック画面の『Tap to Unlock』テーマをiOS 4.3.1に対応させました。
 オリジナルスライダー背景が表示されてしまう不具合対策済みです。

 過去の関連記事
  [iPhone 4] 自作『Tap to Unlock』テーマ(メタルボタン+発光ギミック)
 (↑このテーマに関する詳細記事です、ダウンロードできるzipは同一です)

Tap to Unlockテーマ
(壁紙は海外サイトでの拾い物です、テーマには含まれません)

注意
  iPhone 4、iOS 4.3.1、要Jailbreak、WinterBoard用
  システム画像やstringsのオリジナル仕様に関しては各自お調べ下さい
  これらのファイルや情報により不具合が生じても当方は一切責任をとりません(自己責任で)
  テーマの詳細については前掲リンクを参照して下さい

ファイル一式ダウンロード
  Tap to Unlock (メタリックボタン、発光エフェクト) ダウンロード (MediaFire)

  または
 


変更箇所
 下記の画像を「/テーマ名/Folders/TelephonyUI.framework」フォルダに追加
  BarBottomLock@2x.png
  WellLock@2x.png
  (完全透明画像、ピクセルサイズはオリジナルと同じ)

 これらの画像は以前のOSから存在していたのですが、何故今になって必要になったのやら。
 (オリジナルは /System/Library/PrivateFrameworks/TelephonyUI.framework にあります)

 iOS 4.3.1アップデート後同様の不具合に遭遇した方は、上記2画像をテーマに追加してみて下さい。

情報元
 この情報は下記より入手しました。ありがとうPunkRockTubaさん。
 MacThemes Forum / [Lockscreen] SimplScreen #239, posted by PunkRockTuba

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] PwnageToolでiOS 4.3.1をJailbreak&現状不具合
 iOS 4.3.1をUntethered(紐なし)Jailbreak可能なツールが複数リリースされました。
 その中からPwnageTool(Mac OSX)を選択。iPhone 4をJailbreakしました。
 (PwnageToolが3周年記念だし、前回はWinでGreenPois0nだったため今回はこれをチョイス)
 (過去3年間、Jailbreakでは毎回ほぼ交互にWinとMacを使用しています)
 (可能でさえあれば、カスタムIPSWを作るJailbreak手段が一番好きです私は)

 これらの情報により不具合が生じても当方は一切責任をとりません
 (Jailbreakは自己責任で実施して下さい)

PwnageTool

 PwnageToolでiOS 4.3.1をJailbreakする詳細な手順は下記のリンクを参考にして下さい。
 (他のツールとデバイスでのチュートリアルも別ページに掲載されています)

 How to Jailbreak Your iPhone 4 Using PwnageTool (Mac) [4.3.1] - iClarified

 注意すべきは
  "Expert mode"を選択→"Activate the phone"のチェックを外す
  (一般的なソフトバンクユーザーの場合です、例外あり)
 という点だけでしょうか。
 後は好きにして&復元まで一本道です。

PwnageTool

 今回は前述の注意点に加え、このセッティング(といってもrootパーティションのサイズを1024MBに変更しただけ)でビルドしました。その他のオプション(追加のパッケージ導入等)は一切変更していません。
※注)PwnageToolのログを見ると、パーティションサイズを変更してもデフォルトの「Resizing root filesystem to 924m.」というメッセージが表示されてしまうようです。IPSWビルド&iPhone 4復元後に指定どおりのパーティションサイズであることが確認できましたので、単にログメッセージだけの問題と思われます。

DFUモードでiTunesから復元

 DFUモードに突入後iTunes(Mac版の最新10.2.1を使用)にて、PwnageToolでビルドしたカスタムIPSWから復元すればJailbreakは完了です。

 最近はJailbreak後iTunesのバックアップから復元を続けていましたが、そろそろそのバックアップも薄汚れた感じになってきたため、今回は新しいiPhoneとして認識させ真っ新な状態から構築しました。
 JailbreakアプリやApp Storeアプリの同期、フォントやUIサウンド、テーマのインストール等も全て敢えてチマチマ手動で復元、ただし最終的なSpringBoard環境(ホーム画面配置、テーマ、FolderEnhancerの設定等)は事前に保存しておいたBackBoardのデータから復元しました(アプリ数百本とFolderEnhancerの配置を手動で復元するなんて気が遠くなってしまいますから)。

Jailbreak完了、ベースバンドは維持したのだが・・・

 ソフトウェア的なSIMアンロックの予定は全くないけれど、PwnageToolでJailbreakしているためベースバンドは01.59.00で維持されています(過去のJailbreakでも手段に関わらず常に維持)。おそらくそのためと思われる不具合が1つ発生しています(後述)。

Jailbreak後のホーム画面

 とりあえずほぼ従来環境を再現することができました。細かい点を除けば完璧。rebootやrespringを繰り返してもセーフモードやリンゴループに陥ることはなく、3GやWi-Fiの通信も安定しており快調です。ただし“ほぼ”と書いたとおり一部不具合が判明しています。

現状判明している不具合
 ・3Gのアンテナ表示が最高2本しか立たない(上のスクリーンショットにあるとおり)
  (ベースバンド維持の弊害か、PwnageToolのせいか、未調査)
  (表示だけの問題らしく3G通信には全く問題ありません)
  (とりあえず気にするなってことで、そのうちにfixするパッチか何か出るでしょう)
 ・5-Row Keyboard iOS4で大部分のキーが表示されない
  (該当部分をタップすると反応するがキー画像が表示されないので実質使用不能)
  追記:4/6日の1.4.1-1アップデートにより不具合は一部解消されました
  (同時にKeyboard Fixer iOS 4.3+が適用されます)
  (注:アプリとの組み合わせによっては現象が再発することがあります)
 ・MultiIconMoverが未対応(iOS 4.2.6以下のみ対応)
 ・一部システムUIイメージの仕様がまた変更か?
  (ロック画面のスライダー背景画像が従来テーマによる透明化無効)
  (その他にもあるかもしれず今後調査予定)
 ・不具合ではないが、空きメモリが約30~40MB従来より少なくなってしまった?
  (詳細に検証するつもりもなく原因不明、iOS 4.3.1でシステムメモリ増大か?)
  (reboot直後の状態だけで比較、常にこの状態が続く訳ではないと思います)
  (これがうちの環境固有でなければ、iPhone 3GS + WintetBoardだと厳しそうですね
  (使用中全般の空きメモリ状態は余り変わらないような・・・)
  (メモリ解放もそれなりに効くし)

 これ以外のJailbreak環境は一見したところ全て正常に機能しています。

 今日はJailbreakと復元だけで終わってしまいました。他にも不具合があるかもしれません。iOS 4.3.1の仕様変更とそれに伴うJailbreak環境の不具合は明日以降じっくり調査するつもりです。

 安定した(枯れた)過去OSの環境で使っていればいい、新しいOSのJailbreakなんかしてるヤツはアホという持論の方もいるかもしれません(何が何でも使いたいアプリが対応してなければそれもやむを得ず)。
 でもJailbreakみたいな“遊び”は、前進して、試して、自力で成功や失敗を経験してこそ面白いと思うのですよ。iOS 4に移行したときのような大きな混乱はなさそうですから、4.3.1に移行しちゃっても後悔することはないと思いますよ。
 方法さえ知っていればいつでも古い環境(古いOS)に戻せますしね。


 2011/04/06追記:もうちょいカスタムを試してみた
 (このSB WidgetはMacThemesで入手できます
WidgetとFake Operatorも問題なし
 WidgetやFake Operatorも正常に機能している模様(少なくともiOS 4.2.1のJailbreakと同等か)。
 (そのiOS 4.2.1での主な仕様変更点はこちらの記事を参考にして下さい)

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] バッテリー内蔵ケース『Juice Pack Plus』のレビュー
Juice Pack Plus for iPhone 4

 iPhone 4用の大容量バッテリー内蔵ケース『Juice Pack Plus for iPhone 4』のレビューです。
 (使用期間:約20日間)

オフィシャルサイトの情報
 Juice Pack Plus for iPhone 4 - フォーカルポイントコンピュータ
 juice pack plus™ - iPhone 4 - AT&T - mophie
価格情報
 価格.com - mophie Juice Pack Plus for iPhone 4 価格比較
 (2011/04/01現在の最安値:7648円)

 以下簡単なレビューです。

良いところ

 プラス2000mAhの絶大な安心感
これよりほんのちょっとだけ薄い『Air』があるのを知っていましたが、迷わずPlusにしました。iPhone 4の内蔵バッテリーが約1420mAh(下の画像参照)ですから+2000mAhでトータル容量は2.5倍増。これを“紐なし”で得られるのが最大のメリットです(USB接続やドック直付けタイプなら5000mAhといった超大容量バッテリーもあります、でも“ながら使用”には厳しいのが難点です)。
iPhone 4のバッテリー(約1420mAh)
(うちのiPhone 4を分解してみたら他所の記事同様約1420(1419)mAhのバッテリーが搭載されていました)
(上の画像は透明バックパネル越しに見たマイiPhone 4の内蔵バッテリーです)

 使い方簡単
普段はスイッチがOFFになっておりiPhone 4本体には給電されません。スイッチONにすると充電開始します。不要な給電を避けることができてiPhone 4のバッテリーにも優しくなってます。記事先頭の画像にあるスイッチと4個のLEDで残量をいつでも確認できます。母艦からの(USB)充電時は本体とケース双方の残量に応じて勝手に充電/停止の切り替えがされるためユーザーが意識する必要はありません(ケースの充電スイッチは切っておくこと)。

 マイクロUSBが何気に便利
ケースはiPhone 4のドック端子と接続し完全にカバーするため、底部右側にマイクロUSB端子(マイクロB端子)が設けられています。現在Android端末などを中心にモバイルデバイスでこの端子の採用が進んでおり、ケーブルが容易に入手できます。ドック端子より挿抜しやすくゴミ付着の心配も少なそうです。またケースに端子があるため万が一破損させてしまっても、ケースを買い直せば済むだけ。最後に、もちろん充電だけでなく母艦との同期もこのケーブル経由で全く問題なく行えます。

 意外とグリップが良好(特にゲーム時)
表面は割と質感の高いラバーで心地よい手触りです。当然滑りにくいわけですが過信は禁物(ゴム製の柔らかいカバーよりは滑ります)。それより意外と役立つのが横持ち(ランドスケープ)でゲームをプレイするとき。厚さが増し、丸みを帯び、張り出した(特にドック側)形状によりホールド感良好。バーチャルパッドのアクションゲーム等に向いています。

サウンド面での効果
ドック部分を完全カバーするイコール→スピーカー(&マイク)も覆ってしまいます。そのため記事先頭の画像にあるようにスリット2箇所が設けられ、機能を妨げない構造となっています。スピーカーに関してはこれがエンハンサ的な役目も果たしており、前面からサウンドが出ることによってユーザーにはより大きくクリアに聞こえ、またゲーム時等に底部を握ってしまっても聞こえなくなることがありません。

 プロテクション性能
耐衝撃を目的としたケースではありません。しかし液晶面を除くと周囲をかなり分厚いラバーが取り囲むため、(多分)ちょっと落下させたくらいではビクともしないと思います(恐いので試せません)。周囲(バンパーに該当する部分)により硬質なラバーを採用している点でも安心感が増します。(注)おそらく市販のケース中でも上位のプロテクション性能ではないかと想像しているだけなので、鵜呑みにしないで下さいね。

 抜け落ちる心配なし
2ピース構造を見て「スポッと本体が抜け落ちたりしないのか?」と不安な方がいるかもしれません。それは杞憂です。アンディ・ロディックがファーストサービス並に振り回しても抜けないと思います。ただし私がバックパネルのフィルムを貼ったまま(その上から)装着しているため、一層圧着が強固になっているかもしれません。


悪いところ

 でかい、重い
当然これが最大のデメリットでしょう。“紐なし”でいつでも2000mAhのバックアップを享受できるのと引き替えに、1.5倍の重量と2倍近い厚みとスマートではないサイズ(総合するとGalaxy Sを2台重ねた感じ)も受け入れなければなりません。この大きさと重さを「頼もしいじゃないか」と変換する大らかさが必要です。

 Dock対応周辺機器は使えない
前述したようにドックは完全に使用できないため、ホームでもモバイルでもドックコネクタ用周辺機器を多用している人はアウトです。しかも脱着が「求む腕力」なため(後述)頻繁に行う気は起きないでしょう。私は元々Vapor常用によって純正ケーブル(またはそれに準じたコネクタサイズ)以外のドック対応機器を使う道が絶たれていたため全く気になりませんが。

 抜くのに一苦労
勝手に抜け落ちる心配はいらない代わりに、いざ抜くときはこれが・・・、異様なほど固くて顔を真っ赤にして引っ張っても抜けやしない。iPhone 4を握りつぶすんじゃないかと思うほど力を込めたり、少し捩ってみたり(余り斜め方向の力を加えると端子が心配)、何だかんだで初回は10分位かかったと思います。挿抜を繰り返せば多少緩くなるのかもしれません。なおケース内部もラバーで覆われており、タイトフィットだからといって本体を傷つける心配はありません。

 USB接続時にケース+本体への充電時間が長い
これは仕方ありませんね。本体もケースもフルに使ってしまうと単純計算でiPhone 4単体の2.5倍充電時間がかかることになります。容量がそれだけ増えているんだから当たり前です。助かるのは充電が、まず先行してiPhone 4本体に充電(同時に少量ケースにも充電するとのこと)→満タンになったら→ケース側に充電、という順番になっていること。充電時間が足りなかったとしても本体側には単体時とほぼ同じだけ充電されるということになります。

 真夏は大丈夫だろうか
ただでさえゲーム中等によく発熱してくれるiPhone 4(iPhone 3Gを買って初めての夏は直射日光下だったりすると本気で心配になったものだった)が更に熱源を抱える(ケースから充電中)のですから少々心配です。ケースが厚いので充電OFF時の放熱も見込めませんし。どうやらiPhone 5が秋になりそうなので、今夏はiPhone 4で乗り切らねばなりません。どうか異常が出ませんように。


最後に

 「悪いところ」として色々書きましたが、実はどれもそれほど悪いとは思っていません。大きなメリットに対する小さな不満。いや不満とも呼べない取るに足らないことです。
 バッテリーはとにかく容積が必要ですから大きく厚くなるのは不可避です。2000mAhという容量を確保しながら不格好なデザインに陥らず機能的にも申し分のないJuice Pack Plus for iPhone 4には非常に満足しています。さすがにこの手の製品では一日の長があるmophieならではの逸品ではないでしょうか。
 

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。