Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
5人乗りの自家用小型潜水艇『C-Explorer 5』
U-Boat Worx C-Explorer 5

 C-Explorer 5 - U-Boat Worx

 オランダU-Boat Worx社の5人乗り小型潜水艇『C-Explorer 5』です。同社のC-Explorerシリーズは1人乗りから各種ありますが、デザインはこの5人乗りが最もSci-Fiな潜水艇らしさに溢れており、見た目だけで選ぶなら絶対これです。
 価格はUbergizmoの記事によれば約240万ドルが目安。潜行可能深度やバッテリー容量、オプションによっても価格が変わります。一般人がプライベート・サブマリンを所有できる時代はまだまだ先のようで。
スポンサーサイト
[タグ未指定]

人気blogランキング
[UAV] GoPro対応の全自動フライトUAV『LA100』
Lehmann Aviation LA100 with GoPro

 業務用UAVメーカーのLehmann Aviationが、990ユーロという一般人でも手が届く低価格で、全自動飛行するUAV(Drone)『LA100』を発売したそうです。
 『AR.Drone』がラジコン(Wi-Fi)で低空/低速だったのに対し、こちらは無人でより高々度/高速でしかもステルス機みたいな外観と、一層ドローンらしさが強くなっています。

 LA100 FIRST FLYING PLATFORM FOR GOPRO USERS - Lehmann Aviation

 LA100は専用カメラではなくGoPro搭載用として設計されており、2ヶ所のマウント片方または両方にGoProカメラを取り付けて空中撮影が可能です(カメラは別売)。
 電源ON後手持ちでテイクオフさせると、予めプログラムされた航路に従い高度80~100mを約5分間自動航行して帰還します。航行範囲は周囲約500m、速度は20~80km/h、そして風速35km/h以下の風に対応と高性能です。さすがに屋外用なので翼長92cm、重量は積載物なしで850gとそこそこ大柄ですが、それでもラジコン飛行機の翼だけ程度のサイズでしかありません。

 飛行パターン等実際の運用イメージは下の動画を見た方がわかりやすいかと思います。それにしても民間人がこんなのを入手できる時代になるとは。「一家に一台無人偵察機」。

LA100 Fully Automatic UAV


人気blogランキング
[RC] パームサイズQuadcopter『QR-1』がTraxxasから(DR-1も)
Traxxas QR-1

 先日紹介したパームサイズQuadcopter『NanoQ』プロジェクトはファンディング失敗してしまいました。その点今回のブツは通常売りだから安心。

 RCメーカーTraxxasの『QR-1』は外周直径約15センチのより本格的な4ローターラジコンヘリです。本格的と言っても組み立て済みで「レディ・トゥ・フライ」だからRC初心者でも大丈夫。価格はどうやらプロポ付きが100ドル、プロポなしが60ドル程度になる模様。

 Traxxas - QR-1 Quad-Rotor Helicopter (#6208)

 6軸制御のスタビライザーによりノーマルモードではテイクオフ~ホバリング~各種の挙動を安定操作、エキスパートモードではよりクイックなレスポンスで切れ味鋭いアクションが可能。バンク旋回やバレルロールなどかなりアクロバティックな飛行が楽しめます。
 そのためか超小型トイラジにしては多機能なスティックプロポが付属しています。電源ONのオートリンクでクリスタル交換やチャンネル設定等が不要とのこと。操作モードは好みに合わせてカスタマイズもできるそうです。プロポの他にはリチウムポリマーバッテリー2個とUSBチャージャーが付属しています。
 リンク先ではより詳しい解説やギャラリー以外にマニュアルpdfが参照できます。

 なおQuadcopterのQR-1に加えて通常のヘリモデル『DR-1』も出てます。

 Traxxas - DR-1 Dual-Rotor Helicopter (#6308)

Traxxas DR-1

[タグ] ラジコン Quadcopter

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
[iPhone] BluetoothコントロールLED電球『Lumen』
関連記事:[iPhone] iPhone/Androidでコントロールできる灯りPhilipsの『Hue』

Lumen - Bluetooth LED Lightbulb

 先日紹介した上記の『Hue』ほど大げさではないけど同種のLED電球その名も『Lumen』がIndiegogoでファンディング開始していました。12月12日終了。

 Lumen Bluetooth LED Lightbulb | Indiegogo

 Bluetooth(Bluetooth 4.0)経由でiPhone等のiOSデバイスやAndroidデバイスからコントロール可能なLED電球です。バルブ径はE26またはE27と書かれているので多分日本でも使えるんじゃないかと思います。Bluetooth機器につき電波法云々の問題はつきまといますが売り主は10ドル~で海外発送もしてくれます。

 Hueと違って電球単体にBluetoothのI/Fが組み込まれています。このためソケットに取り付けるだけで設置は完了と簡単。価格は1個59ドル(早割は49ドル)。送料別。何故2個パックだと1ドル割高になるのかは謎。

 iOSとAndroidのコントロールアプリが提供される予定。カラーコントロール以外にディスコティックでカラフルなパーティ・モード、アダルトな夜を演出するアンビエント・モードなどが搭載されています。


[タグ] iPhone Android Bluetooth

人気blogランキング
[RC] パームサイズのクアッドコプター『NanoQ』プロジェクト資金難
追記1[RC] パームサイズQuadcopter『QR-1』がTraxxasから(DR-1も)



Mimix and NanoQ

 アメリカQFO Labs社の超小型クアッドコプター『NanoQ』のKickstarterキャンペーンが、2012/11/08現在残りたった5日で目標額23万ドルの半分にも満たない出資額約8万ドルと苦戦しています。「8万ドルも集まったからよかったじゃん」という訳ではなく、目標未達の場合QFOには一銭も入りません。

 Mimix™ Tilt-to-Fly controller and NanoQ™ copter by QFO Labs — Kickstarter

 NanoQはあの『AR.Drone』と同じく電動4ローターのラジコンヘリで、外観だけでなくトイラジコンの域を超えたUAV的スペックを誇る点でも似ています。ただしサイズと価格はAR.Droneの1/3以下で遊ぶ環境とお財布に優しくなっています。
 小型だけにカメラこそ搭載していないものの、赤外線通信、シングルハンド操作のMimixコントローラ、よりシンプルで壊れにくい構造等の独自性があります。またUSB(ケーブルまたはドングル)接続によるPCからのハッキングというギーク心をくすぐる機能も搭載されています。このハッキングでテレメトリ受信、操縦パラメータの調整、カスタム赤外線コマンド、PCからの直接制御等が可能になります。

 AR.DroneはiOSデバイスをコントローラとした点もウケたのか瞬く間に大ヒットしました。一方NanoQは今のところ初期プロジェクトに限っては失敗となる可能性が濃厚。
 一応将来は149ドルで市販化の予定となっており、このまま埋もれてしまうことはないと思います。でも話題作りと資金集めの段階で盛り上がりに欠けてしまったのは惜しいですね。
 Mimix&NanoQはQFO Labs社の「Real-LIfe, 3-D Gaming」シリーズの第一弾と位置づけられています。今後どんなプロジェクトが登場するのか、Kickstarterキャンペーン終了後のQFO Labsの動向に注目したいところです。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
『ep720』が壊れた(んで『Aurvana In-Ear3』を買った)
 最近は同居人に譲っていたカナル型ヘッドフォン『ep720』が壊れました。

 よくぞ5年近く持ちこたえたものだと感心。絶対に2年程度でケーブルかその結合部が逝くと思っていたのに、倍以上の年月を耐えて壊れたのはハウジング。ふと気がついたら継目から割れて臓物が丸見えになっていました。
 いいヘッドフォンだったな~。Etymotic Researchの魂を宿したこのep720はコストパフォーマンスに優れた、傑作とは言えないまでも高く評価できるヘッドフォンでありました。

 後継機はUEの『TripleFi 10』にするつもりでしたが、主に使用する同居人の「もっと安いのでいい」という意向から『Aurvana In-Ear3』になりました。アウトレットで7000円以下ってのは裕福ではない我が家にとっては非常に嬉しい。

 ろくにリサーチせず買っちゃったけど一応BAドライバ2機だし、拾い読みしたレビューは概ね良好だったから失望する結果にはならないでしょう。一見大柄で着け心地悪そうなボディが、実は小さな女子の耳にも(多分)フィットする点も同居人向きだと思います。

 きっともうすぐ届くはず。

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
独り言
 iPhone 5ケースBlogになり果てた今日この頃。そろそろこの話題も飽きてきた。
 気分転換として独り言をあれこれ書いてみる。主に物欲系。

 iPad miniは欲しい。あのサイズは魅力だ。非Retinaを嘆く声が多いようだが私はそれほど気にかけない。メーカーがよく口にする「ユーザー・エクスペリエンス」を大きく貶める要素ではない。
 一方でこれをAppleが王者たる「余裕の仁王立ち」から一歩後退し「なりふり構わぬ」防戦に転じた瞬間と捉えると面白い。後発であるこのセグメントのみならず上(iPad)や下(iPhone)でも防戦一方となりそうな来年が見物だ。

 MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデル...って、なげーよ名前が。『Air』が本当に空気になる前に来年はモデル統合し、『13インチ無印』(分厚くて重くて非Retinaで安いヤツ)と『Pro 11/13/15インチ』(薄くて軽くてRetinaで高級なヤツ)の4モデル程度に整理して頂きたい。
 当初はRetina化だけが羨ましかったけど、実は薄型軽量化も恩恵が相当大きい。現在使用中の13インチPro(ちょい古いCore iモデル)はパフォーマンスに何の不満もなく、これが現行Proのサイズ・重量になるだけでもいい。もし買い換えたらより幸せになれるのは確実だ。

 Mac。『iMac』とか『Mac mini』とか欲しいと思い始めたらきりがない。なるべく考えないようにしよう。iMacは驚異的な薄さだけじゃなく、パフォーマンスにも目を見張るものがある。例えばWindows 8に嫌気がさしたゲームデベロッパがMacにもっと注力してその素性を生かしてほしいところ。Modてんこ盛りのSkyrimみたいなVRAMイーターは除くとして、大抵のゲームは快適に遊べるだろう。

 Windows 8。出る前からわかっていたことだが「とりあえずはいらない子」である。モバイルガジェットで『RT』を使うならまだしも、現行デスクトップやノートといったレガシーPCで使うなら「メトロなんかドブに捨てちまえ」。Windows 8をMicrosoft様がおっしゃるとおりに使いこなすためには、新しいデバイスだけでなく頭の大幅な切り替えが必要だ。旧OSはフェードアウトし(させられ)、いずれWindows 8に移行していくのは確実。でも今はいらない。

 Game。せめて『Borderlands 2』と『Dishonored』くらいは買いたかったし『Call of Duty: Black Ops 2』も欲しいけど、金とゲームやってる時間がない。そんな余裕すらない自分が悲しい。『Torchlight II』は中盤で放置したままずっと起動していない。いつかクリアしよう。
 iPhoneのゲームも積みゲーばかり。こちらは無料や85円が多いため増える増える。もう何が何だかわからない。今後も増え続けるだろうから多くは“捨てゲー”になるかもしれない。
 ところでiPhone(iOS)のゲームといえば。4年間で随分変わったものだ。最近はフリーミアム(いわゆる基本無料+課金、いわゆるモバゲーやチョンゲーのビジネスモデル)ばかり。少々うんざりする。

 wowowはフルハイビジョン3チャンネルになってからがとにかくひどい。ゴミコンテンツで埋め尽くされている。新作洋画が増えるかな?、リーガの放送カードが増えて下位チームも見られるかな?、色々期待していた人は嘆いているだろう。多くは望まないが、タレント・芸人が出演する番組、韓流、古い邦画シリーズの一挙放送、これらだけでも即刻排除して頂きたい。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
『PENTAX Q』発表、これは欲しいような気がする
PENTAX Q

 ペンタックスがレンズ交換式ミラーレスデジカメ『PENTAX Q』を発表。

 ポケットに入れて持ち歩けるデジタル一眼カメラ「PENTAX Q」新発売─|PENTAX

 これはいいですね。各社のミラーレス一眼と比較してもこれが一番好き。
 デザインは手放しで大好きと言えるほど好みじゃない。実物を見ないことにはなんとも。

 でもペンタックスのデザインはいつも真面目で、ヤンキー臭がないところが良い。

 - 関係ないけど、
 - 最近カメラに限らず国産プロダクトデザインはヤンキー向けの醜悪なのが多くて困る。
 - あーいや、デザインだけじゃないよね、世の中全てがヤンキー寄りで、
 - ヤンキー天国か?

 - ヤンキーって言ってもアメリカ人のことじゃないよ。

 センサーを小さくした甲斐があって想像以上にコンパクト。dpreviewのPENTAX Qハンズオンプレビュー記事にNEXと横並びの画像があって、これを見ると小ささが実感できます。

 交換レンズが1本6000円程度なのもいいですね。将来的にはFAやDAのLimited的なプレミアムなレンズも登場するんでしょう。超パンケーキでマクロ効くヤツがいいかな。

PENTAX Q

 実物を早く見たい。

[タグ] PentaxQ K20D デジカメ

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


人気blogランキング
最近ちょっと欲しいと思った物あれこれ
 最近物欲を刺激された物色々。

ビデオカード:HIS 6970 IceQ Turbo
HIS 6970 IceQ Turbo
 欲しい度:★★★★☆
 HISのお馴染みIceQシリーズにRadeon HD 6970が追加。プチOCのターボ版とターボなしの2種類あり。6970のオリジナルクーラーはまだ少ないし、安心のIceQだし、後は値段次第か。


PS3コントローラ:Hyperkin PS3 Remotext
Hyperkin PS3 Remotext
 欲しい度:★★★☆☆
 PlayStation3用のBDリモコン+キーボード+ゲームコントローラ。3大機能をこれ一つでってのは非常に魅力。接続がBTではなくRFドングルという点がやや残念かも。


Andoroidタブレット:Eee Pad Transformer TF 101
Eee Pad Transformer TF 101
 欲しい度:★★★★★
 タブレット←→ノートPCスタイルにトランスフォームするAndroidデバイス。日本向けには6月中旬発売。ただしキーボードが日本語なので、海外版をお安く個人輸入したいところ。


電動モーターサイクル:Lito Sora
Lito Sora
 欲しい度:★★★★☆
 カフェ・レーサースタイルの電動バイク。最高速約200km/h、1チャージでの最大航続距離約300kmとのことで。もしそこまでの性能が出なくてもこのルックスだけで許せてしまう気がします。

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[PS3] 『リトル・ビッグ・プラネット2』が楽しすぎる
リトル・ビッグ・プラネット2

 同居人が『リトル・ビッグ・プラネット2』を買ってきてくれたんで最近はiPhone 4のゲームそっちのけでプレイ中(まだまだ序盤)。ゲームはほとんどしない彼女ですが、LBP2には私より熱中しています。

 前作『リトル・ビッグ・プラネット』ではシングルプレイ、協力プレイ、カスタマイズ、ステージ作成、全てにハマりました。待望の2作目を遊ぶことができて嬉しい限りです。

テーマ:PS3 - ジャンル:ゲーム


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。