Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone HD] 発表直前2010年版iPhone予想・噂のまとめ
 6月7日(日本時間8日早朝)のWWDCで発表確実な次期iPhoneのスペック予想と噂を一覧にまとめてみました。今回は例の紛失機(盗難機)に基づく情報が大半ですね。

 前回2009年の噂は結構な的中率でした。
 背面ロゴが光るとかいう下らないデマもありましたが。それも祭りの一部。楽しめました。
  [iPhone 3G] まもなく発表iPhoneの予想スペックまとめ
  新型『iPhone 3G S』を噂や予想と比較してみる

 さて今年は一体。

iPhone 2010 スペック予想と噂のまとめ
(自己流解釈と妄想含む→余りアテになりません)
項目 概要 備考 信憑性
名称 iPhone HD “4G”、“4GS”等の説も?
サイズ・重量 デザイン変更 背面フラット、盗難機のあれ
カラー ブラック&ホワイト 他カラバリはPhotoshopだと思う
ストレージ 32、64、(80)GB 64GB登場だけは確実か
OS iPhone OS 4.0 従来向けにもリリース
通信方式 従来どおり3G Wi-Fiのn対応は望み薄
SIM microSIM SIM挿入口が側面に
ディスプレイ 960x640 LCD HD化は確実、AMOLEDは×
オーディオ 従来どおり AAC, AIFF, MP3, など
ビデオ 720P録画 録画再生ともHD対応度向上
カメラ(Back) 500万画素 フラッシュ付き?
カメラ(Front) 新装備 ビデオチャット可、30万画素?
コネクタ 従来どおり (イヤフォン横にNC用マイク)
ボタン 音量ボタン分割 上下独立したボタン
バッテリー 16%容量増 待機省電力は向上、負荷時は?
プロセッサ A4(Cortex-A9) 3GS比“2x Faster”を誇示?
メモリ 256MB できれば512MBを希望
その他 マルチタスク OS4.0に実装
OSその他 OS4.0新機能にフル対応
スケジュール等 発表 2010年6月7日(日本時間8日)
発売 2010年6月18日(米国)
日本のキャリア ソフトバンク
価格(発表) 従来の32GB=299ドル以下に?
価格(日本) 2年縛り月賦、実質負担2~3万円
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4G] Gizmodoが次期iPhone(と称される物)の大量画像と動画を投下
 Gizmodoが次期iPhone(iPhone 4G)と言われる(例の数日前から各所に出ていた物と同じ)端末を、大量の画像と動画を交えてレポートしています。

 This Is Apple's Next iPhone - Iphone 4 - Gizmodo

 では。

[タグ] iPhone iPhone4G

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3GS] 極薄/硬質/クリアなケース『NUDE』を1週間使って
 iPhone用のケースは数種類試した後、こちらのエントリにある『クリスタルジャケットセット for iPhone 3G(通称:クリジャケ)』を、定期的に買い換えながらかれこれ1年半以上使ってきました。

 でももうすぐ3GSともお別れかもしれない。せめて最後くらいは違うケースを楽しんでみることにしました(次期iPhoneは意匠が変わってケースの互換性がなくなるかな?)。

SwitchEasy NUDE for iPhone 3G/3GS
SwitchEasy NUDE for iPhone 3G/3GS

 ありがとうiPod/製品紹介/SwitchEasy NUDE for iPhone 3GS/3G
  (ありがとうiPodさんの詳細なレビュー記事)
 SwitchEasy NUDE for iPhone 3G/3GS| Pleiades
  (代理店プレアデスシステムデザインの商品詳細ページ)

 1週間弱使用した感想を、クリジャケとの比較も交えて書いてみます。

■薄い?
 ポリカーボネート製ケースでは最薄レベル0.8mmがセールスポイントだそうです。
 クリジャケと比べると明らかに薄く、ボディ単体に近い握り心地が得られます。これは表面の平滑度が高く触感が非常にスムーズな(ただし指紋も付きやすい)ことと、バックパネル式で液晶面に突起が全くないことも効果的に働いています。iPhoneはできれば裸で使うのがベストと考える人は多いと思われ、この点だけでもお薦めできます。

■硬い?
 高硬度(あくまでポリカーボネート製としては)がもう一つのセールスポイントとのこと。
 すぐ白い傷が付き始めたクリジャケと違って、1週間程度の使用では傷らしきものは見あたりません。割と無造作にスチールの机の上に置いたりしたんですが、これは確かに強靱。ポリカーボネート特有の弾性はクリジャケ同様充分あるため、硬いからといって割れやすいという心配はないはずです。

■銀縁保護は?
 Dockコネクタ側の銀縁はほぼ剥き出し、ただしその他は前面2mm以下を残してケースに覆われています。銀縁は意外とタフで、前面の角を激しくぶつけたりしなければ心配には及びません。それよりも枠なしで液晶面がフラットになることによるメリットの方が大きいかと思います。
 ただし前面枠による「指の引っかかり」がなくなったせいか、無意識のうちにクリジャケを使っているときより慎重に握っているような気がします。

■滲みは気になる?
 クリアで密着するタイプのケースでは、前掲レビューにもある「染みや滲み」を気にする人がいるかもしれません。私は全く気にしないため滲みがあっても放置のつもりでしたが、今のところほぼ皆無です。
 (買ってみたたけどその滲みが気に入らないという方はレビューにある方法を参考にして下さい)

■ポートやスイッチへのアクセスは?
 パワースイッチのクリアランスがやや小さいことを除けば特に不都合はなくクリジャケと変わりません。より薄くなっているため、3rdパーティ製のDockに入らなかった人もこのケースならOKかもしれません(逆にこのケースでもダメならそのDockには裸で挿すしかありません)。

■最後に
 薄く、ハードで、美しく、iPhoneの持つシンプルな佇まいを損なわないケースで非常にお薦めです。もっと早く使ってみればよかったと思わせてくれました。
 iPhone 3Gの頃はエアジャケ(クリジャケの兄弟分でこのケースと同じバックパネル)が大人気でしたが、これはエアジャケを超えるんではないでしょうか(エアジャケ使ったことないので確証なし)。
 価格も手ごろですし是非お試しを。


 追記
 完全な“無地”ではなく正面向かって右下裏にメーカー(SwitchEasy)のロゴが浮き出ています。うっかり見落とすほど控えめなロゴなので許せる範囲かなと。

 追記
 気のせいか、クリジャケ使用時より受信感度が極僅かに低下したような・・・(確証なし)

 追記
 購入後およそ1ヶ月。未だに白濁するような深い傷は皆無です。というか、一見新品と思えるほど変化がなく透明度を保っています(もちろんごく薄く小さな傷はありますが、注意深く見ないとわかりません)。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3GS] iPadのCPUと2010年版iPhone
 iPadに搭載されたApple製(買収したPAセミ製)のSoCチップ『A4』。
 各所でそのスペックが報じられています。

 記事の例
 Inside Apple's New A4 (ModMyi)

 どうやらA4の構成はメインプロセッサがARMのCortex-A9、GPUは同じくARMのMali(55?)となっているようです(その他メモリコントローラ等)。Cortex-A9といえば2010年版iPhoneへの搭載が噂されていました。

 A8(600MHz)のiPhone 3GSに対し、A9とMaliそして1GHzのクロックで武装したiPadのパフォーマンスは、解像度XGAでもすこぶる良好だったようです。もし次期iPhoneに同系チップが搭載された場合、万が一クロックが多少下がったとしても3GSを優に超える性能が期待できるでしょうね。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
2010年版iPhoneはデュアルコアのCortex-A9搭載か
 OS3.0がリリースされてiPhoneに関する話題が一層盛り上がっていますね。
 3G Sを買えそうもないから言う訳ではありませんが、来年のiPhoneモデルチェンジは大規模(一気に飛躍)になりそうです。進化のサイクルとして妥当なところですよね。

 UIの拡張がカギとなるPSP goの次の戦略 (PCWatch)
 ARM製デュアルコアチップ搭載スマートフォン、2010年には登場--幹部が発言 (CNET Japan)

 上の「後藤弘茂のWeekly海外ニュース」で言及している「Appleにしても、おそらくiPhone 3G Sは中継ぎに過ぎず、その後に、シリコン設計をリニューアルした次世代iPhoneが控えていると考えられる。その世代では、パフォーマンスをさらに倍増して来るだろう。」は、下の記事にあるARM製デュアルコアプロセッサの存在を意識したものではないでしょうか。

 Palm Preが採用し、iPhone 3G Sも搭載している(と推測される)ARMのCortex-A8に体し、次世代のA9はデュアルコア化、45nm(A8は65nm)などによりパフォーマンスが大幅にアップしつつ、消費電力は微増にとどめられているとのこと。パッケージ化されるチップの設計と、周辺デバイスの進化によっては、消費電力を更に抑えることも可能なのかもしれません。

 来年にはiPhone 3Gの月賦も払い終えてますよ。期待してます。
 でもほんとは今すぐiPhone 3G S欲しい。


 追記:結局7月初旬に我慢しきれず3GSを買ってしまいました

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。