Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 4] PwnageToolでiOS 4.3.1をJailbreak&現状不具合
 iOS 4.3.1をUntethered(紐なし)Jailbreak可能なツールが複数リリースされました。
 その中からPwnageTool(Mac OSX)を選択。iPhone 4をJailbreakしました。
 (PwnageToolが3周年記念だし、前回はWinでGreenPois0nだったため今回はこれをチョイス)
 (過去3年間、Jailbreakでは毎回ほぼ交互にWinとMacを使用しています)
 (可能でさえあれば、カスタムIPSWを作るJailbreak手段が一番好きです私は)

 これらの情報により不具合が生じても当方は一切責任をとりません
 (Jailbreakは自己責任で実施して下さい)

PwnageTool

 PwnageToolでiOS 4.3.1をJailbreakする詳細な手順は下記のリンクを参考にして下さい。
 (他のツールとデバイスでのチュートリアルも別ページに掲載されています)

 How to Jailbreak Your iPhone 4 Using PwnageTool (Mac) [4.3.1] - iClarified

 注意すべきは
  "Expert mode"を選択→"Activate the phone"のチェックを外す
  (一般的なソフトバンクユーザーの場合です、例外あり)
 という点だけでしょうか。
 後は好きにして&復元まで一本道です。

PwnageTool

 今回は前述の注意点に加え、このセッティング(といってもrootパーティションのサイズを1024MBに変更しただけ)でビルドしました。その他のオプション(追加のパッケージ導入等)は一切変更していません。
※注)PwnageToolのログを見ると、パーティションサイズを変更してもデフォルトの「Resizing root filesystem to 924m.」というメッセージが表示されてしまうようです。IPSWビルド&iPhone 4復元後に指定どおりのパーティションサイズであることが確認できましたので、単にログメッセージだけの問題と思われます。

DFUモードでiTunesから復元

 DFUモードに突入後iTunes(Mac版の最新10.2.1を使用)にて、PwnageToolでビルドしたカスタムIPSWから復元すればJailbreakは完了です。

 最近はJailbreak後iTunesのバックアップから復元を続けていましたが、そろそろそのバックアップも薄汚れた感じになってきたため、今回は新しいiPhoneとして認識させ真っ新な状態から構築しました。
 JailbreakアプリやApp Storeアプリの同期、フォントやUIサウンド、テーマのインストール等も全て敢えてチマチマ手動で復元、ただし最終的なSpringBoard環境(ホーム画面配置、テーマ、FolderEnhancerの設定等)は事前に保存しておいたBackBoardのデータから復元しました(アプリ数百本とFolderEnhancerの配置を手動で復元するなんて気が遠くなってしまいますから)。

Jailbreak完了、ベースバンドは維持したのだが・・・

 ソフトウェア的なSIMアンロックの予定は全くないけれど、PwnageToolでJailbreakしているためベースバンドは01.59.00で維持されています(過去のJailbreakでも手段に関わらず常に維持)。おそらくそのためと思われる不具合が1つ発生しています(後述)。

Jailbreak後のホーム画面

 とりあえずほぼ従来環境を再現することができました。細かい点を除けば完璧。rebootやrespringを繰り返してもセーフモードやリンゴループに陥ることはなく、3GやWi-Fiの通信も安定しており快調です。ただし“ほぼ”と書いたとおり一部不具合が判明しています。

現状判明している不具合
 ・3Gのアンテナ表示が最高2本しか立たない(上のスクリーンショットにあるとおり)
  (ベースバンド維持の弊害か、PwnageToolのせいか、未調査)
  (表示だけの問題らしく3G通信には全く問題ありません)
  (とりあえず気にするなってことで、そのうちにfixするパッチか何か出るでしょう)
 ・5-Row Keyboard iOS4で大部分のキーが表示されない
  (該当部分をタップすると反応するがキー画像が表示されないので実質使用不能)
  追記:4/6日の1.4.1-1アップデートにより不具合は一部解消されました
  (同時にKeyboard Fixer iOS 4.3+が適用されます)
  (注:アプリとの組み合わせによっては現象が再発することがあります)
 ・MultiIconMoverが未対応(iOS 4.2.6以下のみ対応)
 ・一部システムUIイメージの仕様がまた変更か?
  (ロック画面のスライダー背景画像が従来テーマによる透明化無効)
  (その他にもあるかもしれず今後調査予定)
 ・不具合ではないが、空きメモリが約30~40MB従来より少なくなってしまった?
  (詳細に検証するつもりもなく原因不明、iOS 4.3.1でシステムメモリ増大か?)
  (reboot直後の状態だけで比較、常にこの状態が続く訳ではないと思います)
  (これがうちの環境固有でなければ、iPhone 3GS + WintetBoardだと厳しそうですね
  (使用中全般の空きメモリ状態は余り変わらないような・・・)
  (メモリ解放もそれなりに効くし)

 これ以外のJailbreak環境は一見したところ全て正常に機能しています。

 今日はJailbreakと復元だけで終わってしまいました。他にも不具合があるかもしれません。iOS 4.3.1の仕様変更とそれに伴うJailbreak環境の不具合は明日以降じっくり調査するつもりです。

 安定した(枯れた)過去OSの環境で使っていればいい、新しいOSのJailbreakなんかしてるヤツはアホという持論の方もいるかもしれません(何が何でも使いたいアプリが対応してなければそれもやむを得ず)。
 でもJailbreakみたいな“遊び”は、前進して、試して、自力で成功や失敗を経験してこそ面白いと思うのですよ。iOS 4に移行したときのような大きな混乱はなさそうですから、4.3.1に移行しちゃっても後悔することはないと思いますよ。
 方法さえ知っていればいつでも古い環境(古いOS)に戻せますしね。


 2011/04/06追記:もうちょいカスタムを試してみた
 (このSB WidgetはMacThemesで入手できます
WidgetとFake Operatorも問題なし
 WidgetやFake Operatorも正常に機能している模様(少なくともiOS 4.2.1のJailbreakと同等か)。
 (そのiOS 4.2.1での主な仕様変更点はこちらの記事を参考にして下さい)
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] Reckless RacingとPwnageTool 4.1がリリース
Reckless Racing

 『Reckless Racing』と『PwnageTool 4.1』、ジャンルは違えど待望のアプリが相次いでリリース。

■Reckless Racing(App Store、350円)
Reckless Racing

 タイトルが『Deliverace』だった頃から数えて、一体何ヶ月待たされたんでしょうか!

 まだシングル/マルチ/デリバリーを各1回プレイしただけですが、期待を裏切らぬ素晴らしいゲームであると断言できそうな予感。pixelbiteさんには、この技術力を是非他のゲームに生かして欲しいところ(以前テックデモのウェスタンシューティングがありましたね)。

 一見緻密に描き込まれた2Dのようでありながら完全3D(Retina対応)。これがヌルヌル動きます(少なくともiPhone 4では、多分3GSでも同等に動くかと)。このミニチュアラジコンの如き挙動を見ているだけでも楽しめますよ。
 故にオフロードのラジコン好き、あるいはかつてハマった人にこれほどお薦めできるゲームもないかと。タミヤのホットショットとか走らせていた頃を思い出しましたよ。

 コントロールは左右カーソルでステアリング操作するスタンダードなど5種類から選択可能(個人的にはハーフステアリングが好みかな)。タッチセンサーの感度調整もできます。とにかくコースがスリッピーなのでヘタレな私としては感度最低でもお尻振りっ放しですが。

 ゲームモードは前述のシングルプレイ、マルチプレイ(インターネットまたはWi-Fi)、デリバリー(人は乗せないけどクレイジータクシーですね)があります。シングルで腕を磨きつつマルチで白熱、というのが一番の楽しみでしょうね。

 iPhoneのゲームで最も待たされたタイトルだから、クソゲーでなくてよかったよ。
 パブリッシャがEAと言えども日本メーカーと違うからボッタクリ価格じゃないし。
 350円ならこれは Insta-Buy! ですよ。

■PwnageTool 4.1
 遂にトリとして大御所からPwnageTool 4.1(Mac)がリリースされました。

 Dev-Team Blog - 20102010 event

 個人的に懸念点となっていたFolderEnhancerもiOS 4.1に対応したことだし、今週末4.1に上げてみようかな? アップデートに向けて突き動かされるような強い動機はないんですけど。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] 未だにiOS 4.0.1で粘ってます
 Geo君の、9日に出しちゃった→引っ込めた→すぐ戻したlimera1nに始まり、その煽りでちょっと遅れちゃったgreenpois0n(現在RC3)、そして日曜にはPwnageToolが登場(予定)ということで、いつ4.1をJailbreakしてもよい状況なわけですが。未だ4.0.1のままです。

 ひとつは「4.1非互換の(あるいは互換性が低い)アプリがあろう」ということ。

 4.1 Cydia Compatibility List (updated often) | iDevice Daily

 ここを見る限りではそれほど多くなさそうですが、個人的には今月末辺りに予定されているFolderEnhancerの1.1アップデート(iOS 4.1に正式対応版)を待ちたいところです。
 (10/18にバージョン1.1.0-1としてリリースされました

 当初iMovieみたいに4.1必須のアップデートが増えるかと思われたApp Storeアプリは、現在のところ手持ちの約500本中2本だけが該当と至って平穏。

 といった状況から、4.1の新機能を試したい反面、急がなくてもいいじゃないか、あるいは4.2まで待とうかな、なんていう気分になってしまいます。
 そしてアップデートしない多分最大の理由は「面倒くさいから」。いくら脱獄自体は簡単になっても、メディアデータとApp Storeアプリの復元や、勝手アプリの再インストールとカスタムファイル置換はそれなりに時間と労力を要します(バックアップ&復元ツール等は絶対使いたくないし)。
 まあ、脱獄と環境構築の過程そのものが楽しいってのも事実なんですけど。
 とりあえず来週末以降にします。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3GS] iOS 4のJailbreakを試す(&不具合アプリの一覧)
iOS 4脱獄後のシステム情報

 アメリカvsガーナを観戦後、iPhone 3GS(iOS 4)をJailbreakしてみました。
 (iPhone 3GS、旧ブートROM、3.1.3+カスタムipswで脱獄済みの状態から)

PwnageTool 4.01を使用

 今回も前回(3.1.3のJailbreak)に続きPwnageToolでカスタムipswを作成(PwnageTool 4.01)。手順と手間は変わらず、リカバリーモードのiPhoneを認識(電源断後ホームボタンを押しながら接続)→復元時に作成済みのカスタムipswを指定→OSを復元→バックアップデータからコンテンツを復元(同期)といった流れ。
 約30GBのデータ同期に2時間以上要したのを除くと、Jailbreak作業自体は短時間で終了という点も同様です。先日のエントリ(下記)に書いたとおり、Windows用のSn0wBreezeがリリースされているためMacがなくても作業可能です。
 [iPhone 3GS] iOS 4脱獄ツール(Mac&Win)が相次いでリリース

iOS 4の機能は問題なく動作
 マルチタスク等iOS 4の動作には問題ないのですが・・・。

 さて、予想されたとおり6/27現在、一部アプリの動作に問題があります。
 慎重派JailbreakerはアプリのiOS 4対応が進むまでアップデートを控えた方がよいかもしれません。

 6/28追記:The Official iOS 4.0 Compatibility List (ModMyi)

■不具合が確認できたアプリ(その他覚え書き)
 (当然ですが下記のうち有料アプリは全て課金済みの正規版です)
 (環境により結果に違いが生じる可能性があります)

 Carrier Logo Fixer (0.2a)
   キャリアロゴ復旧が機能しない(↑トップの画像にあるとおり)
   (モデムファームウェアが04.26.08であることも一因か)
   (旧環境バックアップから復元したためとも思われる)
 iFile (1.2.2-1)
   起動しない
   6/28、1.3.0-1アップデートにより良化
 MobileTerminal (364.1-10)
   起動しない
 MultiIconMover (svn.r117)
   iOS 4未対応でインストール不能
 OverBoard (1.1.4)
   起動すると→re-spring→セーフモード直行
 SBSettings (3.0.12)
   Hide Iconsのアイコン一覧取得でアプリが落ちるまたはiPhone再起動
   SBSでプロセスを切ったアプリがiOS 4のマルチタスクリストから消えない(仕様かも)
   一部アプリ使用中にステータスバーフリックでの起動ができない
   (このバグに関してインストールページに告知あり)
 WinterBoard (0.9.3211-1)
   Webクリップのアイコンが適用されない
   テーマに壁紙が含まれるとホーム画面でユーザー壁紙が表示されない
   (User WallpaperテーマのON/OFFに関わらず表示されない、テーマの壁紙優先)
   (もちろんUser Wallpaperの順位が上だが適用されない)
   (改修されるまではテーマの壁紙をリネームして対応することにしました
   設定変更(後にHomeボタンでWinterBoard抜ける)しても自動でre-springされない
   (マルチタスクにより終了状態とならないため)
   (テーマ選択後メニューを戻ってRespringボタンで対応)
   他OS仕様変更に伴う要改修箇所多数
 システムフォントについて (リンク先に追記)
   Helvetica.ttfがHelvetica.ttcに変更(Helvetica系包含のコレクションに変更された模様)
   (このためHelvetica(ObliqueやBoldなど).ttfがなくなっている)
   HelveticaNeue.ttcが追加(その他のフォント追加等は未確認)

 更に発見した場合は追記しておきます。

 まぁ、ぼちぼちですね。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3GS] iOS 4脱獄ツール(Mac&Win)が相次いでリリース
 iOS 4リリースから程なくしてJailbreakツール(カスタムipswを作成)2種がリリースされました。Mac用の『PwnageTool』とWindows用の『Sn0wBreeze』です。

Mac用(PwnageTool 4.01)
 Dev-Team Blog - foursome news

Windows用 (Sn0wBreeze 1.61)
 Sn0wBreeze 1.6 Released : Jailbreak iOS 4 for Windows - ModMyi
 iH8sn0w.com | Jailbreak your iPod touches and iPhones

 カスタムipswを作るにあたり、自宅のOSに合わせてどちらを選んでも差し支えないと思います。ただし対応デバイス等の条件は細かい制約があるため、デベロッパのサイトにある情報を熟読&理解しておく必要があります。

 私は15日予約に出向いたのに24日入荷分には割り当ててもらえませんでした。店舗での予約順1桁だったのに・・・、巷で言われるように機種変だから後回しにされたのかな? fu*k!!!

 仕方ないから週末はこれでiPhone 3GS(iOS 4)をJailbreakして遊ぶつもりです。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] 発売日到来、しかし
 iOS 4リリース、PwnageTool 4.0(4.1)もリリース、iPhone 4いよいよ発売、ワールドカップが佳境(スペイン、意外とピンチ!! 日本(一応)チャンス)、ウィンブルドン開幕、等々。
 イベント目白押しですが、最近は思いついたままTwitterで呟くことが多くblog更新に至りません。

 弊blogのTwitterアカウント (@bancojapon)

 iPhoneやJailbreak、ワールドカップ(主にスペイン、日本、アルゼンチン中心に幅広く応援)、テニス、ガジェット、その他何でも、お互いTL眺めてまったりしたい人はお気軽にフォロー下さい。

 さて、
 iPhone 4は予約したもののステータスが中途半端で未だ入荷の確定情報が得られず、どうやら今日ゲットは厳しそうな状況です。仕事が忙しいし気力も足りないしで、あの2年前(祭りに参加)と違って当日在庫目当てに並ぶ元気はありません。

 こうなれば週末はiPhone 3GS+iOS 4+Jailbreakして遊ぶしかない。
 かも。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3G] OS3.0用PwnageTool(Mac)リリース
 OS3.0対応のJailbreakツール『PwnageTool(Mac版)』がリリースされました。従来機種(2Gと3GのiPhone、iPod touch)向けで3GSには使えません。

 trois, drei, три, három! (iPhone Dev-Team)

 脱獄手順は下記のエントリで解説されています。

 How to Jailbreak iPhone Firmware 3.0 - PwnageTool (ModMyiFone)

 2.2.1までと同様PwnageToolはMac版のみで、Windows版も提供される『QuickPwn』は若干遅れています。今回はYouTubeの再生など厄介な不具合に直面していたため、このように小分けのリリースとなったようです。

 またUltraSn0wが含まれない(後日APT経由で提供)ため、yellowsn0wでアンロックしている人はPwnageToolを使うなとのこと(ベースバンドがアップデート&ロックされ多分戻せない)。まぁ、ほとんどの人には関係ないと思いますが。

 自宅はWinオンリーのためQuickPwnを待つしかありません。
 やっぱり家にもMacが欲しいね。
 Pro化した13インチMacBookがいいかな。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3G] ファーム2.2が来て脱獄者の岐路
 絵文字(他キャリアと互換性がない模様)やGoogleマップのストリートビューなどに対応した、iPhoneのソフトウェアアップデート2.2が来ました。
 これに対応してiphone-dev teamからも2.2のJailbreakに関するアナウンスがなされています。

 The man from DelMonte - He say Yes! (blog.iphone-dev.org)

 従来どおりのPwnageToolまたはQuickPwn(WindowsはQuickPwnのみ)による作業となりますが、今回は2.1リリース後に示されたSIMフリー化(ソフトウェアアンロック)への道が絡んで話が少々複雑になっています。

 2.2ではベースバンドも更新されたため、アップデート実行後はSIMアンロックが不可能とのこと。このため前掲公式ブログにも、アンロックの意向が僅かでもある人はQuickPwnと公式ipswを「(絶対に)使うな」と書かれています。
 私はアンロックの意向が微塵もないため、2.2アップデート&QuickPwnでさっさと脱獄、しちゃおうかと・・・思ってます。

 いずれにせよJailbreakに関する選択肢は
   ●これを機に再入獄して落ち着く
     →iTunesで2.2に更新のみ
   ●逃避行を継続、高飛び(SIMフリー化)するかも、2.2の機能は不要
     →2.1で現状維持(何もしない)
   ●逃避行を継続、高飛び(SIMフリー化)はしない、2.2の恩恵には授かりたい
     →iTunesで2.2に更新&いずれかのツールでJailbreak
   ●逃避行を継続、高飛び(SIMフリー化)するかも、2.2の恩恵には授かりたい
     →iTunesで2.2に更新&PwnageToolとカスタムipswでJailbreak
      (ベースバンドプログラムを維持したまま2.2にアップデート)

 近い将来、ベースバンド2.2のハックやダウングレードが自在になれば別として、現状は上記となるようです。きっと2.2が破られたら次は2.3のアップデートで封じ込め・・・といういたちごっこが続くんでしょうけど。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。