Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[Mac] LionをSandBox的に新規インストール
 LionをSnow Leopardとは別パーティションにクリーンインストールしてみました。
 いわゆるSand Boxですね。
 以下ただの雑感です。有益な情報はありません。

Lionインストール後初期画面

 ブートメディア作成に関しては下記エントリをご覧下さい。
 [Mac] OS X 10.7 Lion のブートDVDを作る方法

 マルチタッチ関連の設定はすぐに変更して、スクロールを従来方向にしたり、3本指での“進む”と“戻る”が効くようにしたり(とにかくこれができないとブラウザやFinderが不便で仕方ない)。
 新たに加わったジェスチャーとUI(Mission Controlとかデスクトップ表示とか)は結構快適で操作の使い分けにすぐに慣れました。動作も快調。どうしてもBetterTouchTool使わなくちゃ、と思わせるほど醜くないのではと感じますが今後はどうでしょう。
 Launchpadは表示や設定をカスタマイズできるツールでも出ないと・・・今のところ余り使う気になりません。とりあずAlfred使います(ほんとはQuickSilverの方がいいんだけど)→今見に行ったらLion対応のβ60が出てました。使ってみます。
 困ったのはSMBです。相手先の環境にもよるのか、接続できなかったり書き込みできなかったり、いずれもSnow Leopardでは全く問題なかったのに。

 アプリ毎のバージョン管理は面白いですね。Previewで度々画像開いていたらいつの間にか(そういう機能なんだから当然だが)スナップショットが保存されていたよ。バージョン選択の画面に突入するシーン切り替えがまさにTimeMachine。うにょ~っと厳かにアニメーションしつつ例のスター・ウォーズ画面に切り替わります。

 さて、まだまだ触り始めたばかり。もう少し使い込んで、いよいよ本番のSnow Leopard環境に上書きするかどうか判断しませんと。うちの場合アプリの互換性はそれほど問題なさそうなのでやっちゃってもいいかとは思います。
スポンサーサイト

[タグ] Mac OSX Lion

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Mac] Lionインストールメディア作成記事への補足
 先日の下記OS X Lionインストールメディア作成記事に追記しました。

 [Mac] OS X 10.7 Lion のブートDVDを作る方法

 Lionをインストールした後に再度インストーラ(例のdmgを内包する)を入手してメディア作成する方法です。といっても恥ずかしながら人様の記事への丸投げです。詳しくは上記エントリの追記をご覧下さい。


 やっと週末になったので私もこれからLionインストール作業に取りかかれそうです。
 本来は当然Snow Leopardからのアップグレードですが、HDDは余っているしまだ金曜深夜で時間の余裕もあるし、別パーティションにクリーンインストールして遊んでみるのもいいかなと思ったり・・・。

 どうするかはわかりません。
 では。

[タグ] Mac OSX Lion

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Mac] OS X 10.7 Lion のブートDVDを作る方法
2011/08/09追記:Lion Recovery Disk Assistant
 Appleから『Lion Recovery Disk Assistant (Lion 復旧ディスクアシスタント)』がリリースされました。LionのHDリカバリ(DtoDリカバリ領域)と同様の復元機能を外部USBメディアに作成できるツールです。

 OS X Lion 復旧ディスクアシスタント提供開始、外部ドライブに復元機能をインストール - engadget Japanese
 Lion Recovery Disk Assistant - Apple サポート



2011/08/04追記:オフィシャルサポート情報
 一般的なLionリカバリに関するアップルのサポート情報です。
 (ブートメディアに関する情報ではありません)
 OS X Lion:Lion Recovery について アップル - サポート



2011/08/02追記:ブートメディア作成用アプリ
 『Lion DiskMaker』というブートメディア作成アプリ(AppleScript)が出ました(ドネーションウェア)。インストーラはダウンロードしたけど焼く方法がわからない、あるいは面倒な人はこれを使うのがよいかも。
Lion DiskMaker

 Serial Serveur » Lion DiskMaker (US)



2011/07/22追記:Lionインストール(してしまった)後のDVD作成について
 Lionをインストール後(インストーラが消去された後)にDVDまたはUSBメディアを作成する方法について検証済みの方がいましたので記事を紹介しておきます。
 App Storeで購入済みのLionを“option+クリック”して再度ダウンロードし作成するという手順です。詳しくは下記“Macの手書き説明書”さんの記事をご覧下さい。

 Lionのインストール用起動可能ディスクをDVDやUSBメモリで作る | Macの手書き説明書

 私はまだLionをダウンロード(&DVD作成)したもののインストールできていません。やっと週末になりましたからね、これからやってみまーす。では。

補足(余談):インストール&起動後のLionから消えていても、他のいずれかのボリュームにLionインストールアプリが残っているとoption+クリックしても再度ダウンロードはできません(例えばSnow Leopardにインストールアプリを残したままDVDで別パーティションにLionを新規インストールした場合)。でも“残ってる”ってはことはそこからdmgが取り出せる訳ですし、そもそもDVDで新規インストールしたってことは既にメディアが作れている訳ですから、再ダウンロードする必要が全くないってことで問題になりません。これは特殊なケースですね。上記の「Lionインストール後に再度ダウンロードする」手順は、あくまで「Snow LeopardでLionを購入後そのままアップグレードしてしまいLionインストーラアプリが完全にMac内から消えてしまった」人向けです。



2011/07/20追記:リリースされたため手順を一部補足しました
 以下3点のみ確認済みです
  ・記事の手順でインストールDVDが作成可能であること
  ・作成したDVDでブート可能であること
  ・作成したDVDでインストール開始できること(ブート後または既存OSX上で実行)

  ・その後→DVDで正常に新規インストール可能であることを確認しました



 発売を控えてオンラインのApple Storeが「We'll be back soon.」になりましたね。

 ダウンロード販売のみとなりディスク提供されない『Mac OS X 10.7 Lion』ですが。
 そのブートDVD(インストールDVD)を作成する方法がMacRumorsで紹介されていました。

 Make An OS X Lion Boot Disc - MacRumors.com

 Egg Frecklesさんによると下記の手順がリテール版のLionにも使えるはずとのこと(私は未検証です)。

■手順
 前提:OS X 10.6環境でApple IDとインターネット接続があること
 1.Mac App Storeで『OS X Lion』をダウンロード(購入)
   (要アカウントとチャージ)
   (購入後起動するインストーラは「続行」せず一旦キャンセル)
   (インストールを完了させると下記インストーラが消えるため)
 2.OS X Lionインストーラがダウンロードされたフォルダを開く
   フォルダ: /Applications (アプリケーション)
   アプリ名: Mac OS X Lion インストール
 3.上記インストーラを右クリック(control+クリック)し“パッケージの内容を表示”
 4.パッケージ内のフォルダ /Contents/SharedSupport に移動
 5.フォルダ内のインストーラ本体 InstallESD.dmg をデスクトップ等にコピー
   (移動してしまわないよう注意、あくまでコピー)
 6.“ディスクユーティリティ”を開き“ディスクを作成”をクリック
   (他のアプリや環境で焼いてもOK、のはず)
 7.コピーしたInstallESD.dmgを選択し“ディスクを作成”をクリック
 8.ブランクDVD(1層4.7GBでOK)をドライブにセットし焼く
   (焼き上がりを待つだけ)

 なお、一応公式には(ジョブズからのメールによるとだそうで)、「Lionを完全にクリーンインストールする唯一の方法は、まずSnow LeopardをクリーンインストールしてからLionを上書き」だそうです。
 どうやらネット環境が厳しい人向けに、Apple StoreにMac持ち込んで店舗回線からダウンロードするサポートも可能なようで。きっと日本でも同様のサービスを行うはずですから、お困りな方は問い合わせしてみましょう。

[タグ] Mac OSX Lion

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[iPhone 4] 『Gun Disassembly』のバージョン2とMac版(ついでにWin版)
Walther P99c and Mac

 ちょうど1年ほど前に紹介したハラショーなアプリ『Gun Disassembly 3D』のバージョン2が登場し(パブリッシャ変更)、同時にMac版もリリースされていました。

 関連記事:[iPhone 3GS] 実銃どおりの分解/組立が楽しめる『Gun Disassembly 3D』

Gun Disassembly 2(App Store、無料、IAP)
Gun Disassembly 2 for iPhone

 パブリッシャ変更&別アプリとしてのリリースということで、てっきり「App Storeじゃよくある旧ユーザー切り捨てか、俺のIAP返せこの野郎、バカヤロー、氏んじまえ」と思ったら。
 ちゃんと『Gun Disassembly 3D』でのIAP(購入済みの銃)は引き継がれていました。
 疑ってすまんかったViacheslav Klimov(←このVKがデベロッパです)。

Gun Disassembly 2 for iPhone
 2を起動するとすぐに購入済み10挺アンロックのお知らせが

 銃の数が増えた(11→17)以外は前作を踏襲しており、分解・組立やオペレーション、X線透視(4レベルにバージョンアップ)、スローモーション(2レベルにバージョンアップ)、ゲーム(分解・組立のタイムトライアル)など、ファイヤ・アームズの隅々までしゃぶり尽くせる内容になっています。
 リリース時の紹介と異なり現在はRetinaにも対応しより緻密なグラフィックが楽しめます。弊害としてUIが非常に小さくなり少々操作しづらい箇所もありますが。

 無料で付属する銃は3挺と少ないものの、銃にそれほど興味がない方にはこれで充分でしょうし、好き者は既に前作でコンプしているかもしれませんし、買うとしても1挺115円ですし。
 それに2では複数まとめ買いディスカウントや、VIP待遇と言うべき「永久保証権(将来のリリースを含め制限なく銃が使用できるIAP)」も用意されています。

 Gun Disassembly 3DとGun Disassembly 2は完全に「3D ⊊ 2」となっているはずですので、初めて買う人は2を買いましょう。3Dを持っている方も2に乗り換える価値はあります、数々バージョンアップした上に3DのIAPアイテムが引き継がれますからね。

Gun Disassembly 2. Volume 1(Mac App Store、無料)
Gun Disassembly 2 for Mac

 さて、新たにリリースされたMac OS Xバージョンです。
 こちらはIAPではなくVolume 1~6までリリースされ。Volume 1のみ無料(iOS版と同じく3挺付属)、以降は600円の分割購入となります。他社もそうですがやっぱりMac版はiOS版より高いですね。
 金額のことがありますからMac版をコンプリートするかは微妙です。でもMacでもリリースしてくれたのは素直に嬉しいですね。あとは値下げに期待。

 なおWindows版もリリースされているそうです。ダウンロードはこちらからどうぞ。iOS版やMac版と同様無料で3挺付属します。私はまだこちらは試していません。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[Mac] MacBook Air 11.6inchはベースグレードで充分じゃないかと思う
MacBook Air 11.6inch

 日本人待望の『MacBook Air』11.6インチ版。
 既にアップルストア銀座に入荷したそうなので、オーナーさんが少なからずおられることと思います。貧乏人である私はiPhoneの維持費捻出が精一杯で手が出せません。Macを2台持つほどのご身分じゃありませんし。

 勢い上位グレードを求めたくなるものですが(特にAirはSSDもメモリも(当然CPUも)換装不可なので)、これは88800円のいわゆるベースグレードで充分じゃないかと思いますよ。十数万がポンと出せるお金持ちは除くとして。

 CPUは多分SU9400だと思います。性能チョイ増しのSU9600に換装するためには上位グレード必須なので実質3万円プラスは例えストレージ倍増とセットだとしてもイタイ。CPUだけ比較すると対費用効果という点で疑問アリアリ。

 メモリは2GBで不足する状況が考えにくいです。ヘビー級のアプリを多重起動して余裕を保ちたいなら、そもそもAirなんか買っちゃダメだと思いますし。

 ストレージ(外装なしSSD)の64GBは多くの人にとって不満となりがちです。私も当初は「OSXやWinやLinuxやローカルシェアするFATや、色々詰め込むには小さすぎるな」と考えましたが、そんな遊びを堪能したいなら素直にMacBookかProを選べってことでしょう。

 ようやく登場した「ミニ」と読んでも差し支えないMacBook。これならよく都心で見かける、オシャレカフェでテーブル半分くらい占領するMac開いて何やってんのかな? って人も少しは違和感が緩和できると思います。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[iPhone 4] Reckless RacingとPwnageTool 4.1がリリース
Reckless Racing

 『Reckless Racing』と『PwnageTool 4.1』、ジャンルは違えど待望のアプリが相次いでリリース。

■Reckless Racing(App Store、350円)
Reckless Racing

 タイトルが『Deliverace』だった頃から数えて、一体何ヶ月待たされたんでしょうか!

 まだシングル/マルチ/デリバリーを各1回プレイしただけですが、期待を裏切らぬ素晴らしいゲームであると断言できそうな予感。pixelbiteさんには、この技術力を是非他のゲームに生かして欲しいところ(以前テックデモのウェスタンシューティングがありましたね)。

 一見緻密に描き込まれた2Dのようでありながら完全3D(Retina対応)。これがヌルヌル動きます(少なくともiPhone 4では、多分3GSでも同等に動くかと)。このミニチュアラジコンの如き挙動を見ているだけでも楽しめますよ。
 故にオフロードのラジコン好き、あるいはかつてハマった人にこれほどお薦めできるゲームもないかと。タミヤのホットショットとか走らせていた頃を思い出しましたよ。

 コントロールは左右カーソルでステアリング操作するスタンダードなど5種類から選択可能(個人的にはハーフステアリングが好みかな)。タッチセンサーの感度調整もできます。とにかくコースがスリッピーなのでヘタレな私としては感度最低でもお尻振りっ放しですが。

 ゲームモードは前述のシングルプレイ、マルチプレイ(インターネットまたはWi-Fi)、デリバリー(人は乗せないけどクレイジータクシーですね)があります。シングルで腕を磨きつつマルチで白熱、というのが一番の楽しみでしょうね。

 iPhoneのゲームで最も待たされたタイトルだから、クソゲーでなくてよかったよ。
 パブリッシャがEAと言えども日本メーカーと違うからボッタクリ価格じゃないし。
 350円ならこれは Insta-Buy! ですよ。

■PwnageTool 4.1
 遂にトリとして大御所からPwnageTool 4.1(Mac)がリリースされました。

 Dev-Team Blog - 20102010 event

 個人的に懸念点となっていたFolderEnhancerもiOS 4.1に対応したことだし、今週末4.1に上げてみようかな? アップデートに向けて突き動かされるような強い動機はないんですけど。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3GS] iOS 4のJailbreakを試す(&不具合アプリの一覧)
iOS 4脱獄後のシステム情報

 アメリカvsガーナを観戦後、iPhone 3GS(iOS 4)をJailbreakしてみました。
 (iPhone 3GS、旧ブートROM、3.1.3+カスタムipswで脱獄済みの状態から)

PwnageTool 4.01を使用

 今回も前回(3.1.3のJailbreak)に続きPwnageToolでカスタムipswを作成(PwnageTool 4.01)。手順と手間は変わらず、リカバリーモードのiPhoneを認識(電源断後ホームボタンを押しながら接続)→復元時に作成済みのカスタムipswを指定→OSを復元→バックアップデータからコンテンツを復元(同期)といった流れ。
 約30GBのデータ同期に2時間以上要したのを除くと、Jailbreak作業自体は短時間で終了という点も同様です。先日のエントリ(下記)に書いたとおり、Windows用のSn0wBreezeがリリースされているためMacがなくても作業可能です。
 [iPhone 3GS] iOS 4脱獄ツール(Mac&Win)が相次いでリリース

iOS 4の機能は問題なく動作
 マルチタスク等iOS 4の動作には問題ないのですが・・・。

 さて、予想されたとおり6/27現在、一部アプリの動作に問題があります。
 慎重派JailbreakerはアプリのiOS 4対応が進むまでアップデートを控えた方がよいかもしれません。

 6/28追記:The Official iOS 4.0 Compatibility List (ModMyi)

■不具合が確認できたアプリ(その他覚え書き)
 (当然ですが下記のうち有料アプリは全て課金済みの正規版です)
 (環境により結果に違いが生じる可能性があります)

 Carrier Logo Fixer (0.2a)
   キャリアロゴ復旧が機能しない(↑トップの画像にあるとおり)
   (モデムファームウェアが04.26.08であることも一因か)
   (旧環境バックアップから復元したためとも思われる)
 iFile (1.2.2-1)
   起動しない
   6/28、1.3.0-1アップデートにより良化
 MobileTerminal (364.1-10)
   起動しない
 MultiIconMover (svn.r117)
   iOS 4未対応でインストール不能
 OverBoard (1.1.4)
   起動すると→re-spring→セーフモード直行
 SBSettings (3.0.12)
   Hide Iconsのアイコン一覧取得でアプリが落ちるまたはiPhone再起動
   SBSでプロセスを切ったアプリがiOS 4のマルチタスクリストから消えない(仕様かも)
   一部アプリ使用中にステータスバーフリックでの起動ができない
   (このバグに関してインストールページに告知あり)
 WinterBoard (0.9.3211-1)
   Webクリップのアイコンが適用されない
   テーマに壁紙が含まれるとホーム画面でユーザー壁紙が表示されない
   (User WallpaperテーマのON/OFFに関わらず表示されない、テーマの壁紙優先)
   (もちろんUser Wallpaperの順位が上だが適用されない)
   (改修されるまではテーマの壁紙をリネームして対応することにしました
   設定変更(後にHomeボタンでWinterBoard抜ける)しても自動でre-springされない
   (マルチタスクにより終了状態とならないため)
   (テーマ選択後メニューを戻ってRespringボタンで対応)
   他OS仕様変更に伴う要改修箇所多数
 システムフォントについて (リンク先に追記)
   Helvetica.ttfがHelvetica.ttcに変更(Helvetica系包含のコレクションに変更された模様)
   (このためHelvetica(ObliqueやBoldなど).ttfがなくなっている)
   HelveticaNeue.ttcが追加(その他のフォント追加等は未確認)

 更に発見した場合は追記しておきます。

 まぁ、ぼちぼちですね。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3G] OS3.0用PwnageTool(Mac)リリース
 OS3.0対応のJailbreakツール『PwnageTool(Mac版)』がリリースされました。従来機種(2Gと3GのiPhone、iPod touch)向けで3GSには使えません。

 trois, drei, три, három! (iPhone Dev-Team)

 脱獄手順は下記のエントリで解説されています。

 How to Jailbreak iPhone Firmware 3.0 - PwnageTool (ModMyiFone)

 2.2.1までと同様PwnageToolはMac版のみで、Windows版も提供される『QuickPwn』は若干遅れています。今回はYouTubeの再生など厄介な不具合に直面していたため、このように小分けのリリースとなったようです。

 またUltraSn0wが含まれない(後日APT経由で提供)ため、yellowsn0wでアンロックしている人はPwnageToolを使うなとのこと(ベースバンドがアップデート&ロックされ多分戻せない)。まぁ、ほとんどの人には関係ないと思いますが。

 自宅はWinオンリーのためQuickPwnを待つしかありません。
 やっぱり家にもMacが欲しいね。
 Pro化した13インチMacBookがいいかな。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
NetBookとMac OSXの相性リスト
ネットブックとMacOSXの相性リスト

 凡百のNetBookにMac OSXを載せる(ある意味イバラの道、所謂裏街道)。その相性リストがWIRED VISIONに掲載されています。

 Mac搭載ネットブック(2):各機種とMacの相性リスト

 チャレンジ精神旺盛な方はこれを参考にNetBookの機種選考を行なってはいかがでしょうか。広範なPC向けにMac OSがリリースされる、それは叶わぬ夢。ならば無理矢理「鳴かせてみよう時鳥」という道も皆無ではありません。成功した方は是非感想を聞かせて下さい。

[タグ] Mac ノートPC OSX

人気blogランキング
[Mac] Mac OSX 10.5 Leopard 予約開始
Leopard カウントダウン

 最近何かとユーザーや業界やマスコミ相手に(得意の)傲慢ぶりを発揮して、一部で激しく叩かれているAppleですが・・・。
 いよいよMac OSX 10.5『Leopard』のカウントダウン、そして予約が開始されました。単品で14800円、5台までインストール可能なファミリーパックでも22800円と価格は発表時のとおり。比べちゃイケナイと思いつつ、どこかのアレに比べると大変良心的ですね。というかこっちが適正なのか。

 で、MacBook miniはいつなのよ

[タグ] Mac OSX Apple

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。