Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[Ubuntu] 11.10 Betaにアップグレード、でも
11.10にアップグレード

 今月初めリリースされたUbuntu 11.10(Oneiric Ocelot)のBetaを入れてみました。
 11.04からのアップグレードです。

 しかし最近Ubuntuに限らず、じぇんじぇんLinux使ってません。iPhone 3Gが出て以来興味と熱意が完全にそちらに移ってしまったのが一番大きいでしょう。
 iPhone自体を弄る時間が多いのに加え、パソコンを利用する場合もiPhoneの同期やJailbreakとかテーマ関連の作業等の都合から、プラットフォームとしてはMacやWinを優先してしまいますから、Linuxを触る時間は減る一方です。
スポンサーサイト

[タグ] Linux Ubuntu

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] 11.04 (Natty Narwhal)をインストール
Ubuntu 11.04 インストール

 Ubuntu 11.04 (Natty Narwhal)をインストール。最近はアップグレード続きでしたが今回はクリーンインストールです。まだ日本語Remix CDが出ていないため本家のISOを利用。
 クリーンインストールにも関わらずまた10.04→10.10の時と同様のGRUBエラー(正確には前回と異なりgrub_env_export)が出たため修復。chrootしなくても直せるんだよっていう情報もありましたが、それより楽な前回の手順をとりました。

 まだUnityに慣れません。今のところは何だか安っぽいOSXのような、富士通かNEC辺りが作ったダサいランチャーのような・・・、それほど良い印象がないという実感。

 かと言って、Classicにしがみ付くのも癪なのでとりあえず使ってみることに。
 しばらく操作していたら、コツが掴めてきたというか徐々に快適度が増してきました。これはこれでありなのかも。Dock + QuickSilverみたいなことができたりするし、そもそも本格的に使ったのは今日が初めてだし、設定で好みに合わせていくことはできるだろうし。
 ツール類でカスタマイズしたOSX + マルチタッチトラックパッドが快適過ぎて、それと比べてしまうのがいけないのかもしれません。食わず嫌いは止めてUnityを使い続けてみようと思います。

参考:Unityの設定を含め、NattyのTweakに関するTipsがまとめられたページ
Things To Tweak / Fix After Installing Ubuntu 11.04 Natty Narwhal

[タグ] Ubuntu Linux

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] GRUB修復の覚え書き(10.04→10.10アップグレード後)
 10月以降Ubuntu 10.04から10.10へのアップグレードを計3台のPCにて実施したところ、うち1台で下記のGRUBエラーに遭遇し起動不能。
  error: the symbol `grub_xputs` not found
 ネットの情報を参考にGRUBを修復しました。以下覚え書き。

 参考記事:[Debian] grub復旧の手順覚書 - ハナライフ
 参考記事:Grub2LiveCdInstallGuide - GRUB Wiki

 今回のケースはWindows 7他とのマルチブート環境で、GRUBのインストール先がMBRではないため参考記事から一部手順を変更しています(/=sda8、/boot=sda7)。また一部手順も環境に合わせて割愛しています。

手順とコマンド

  Ubuntu 日本語 Remix CDでPCを起動
    sudo fdisk -l
    sudo mount /dev/sda8 /mnt
    sudo mount /dev/sda7 /mnt/boot
    sudo mount --bind /dev /mnt/dev
    sudo mount --bind /proc /mnt/proc
    sudo mount --bind /sys /mnt/sys
    sudo chroot /mnt
    grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
    grub-install --force /dev/sda7
  Ctrl+D押下でchrootから抜ける
    sudo umount /mnt/dev
    sudo umount /mnt
  ddコマンドで/bootの先頭書き出し
    sudo dd if=/dev/sda7 of=ubuntu.pbr bs=512 count=1
  Windowsブートパーティションにあるファイルを上記で置換
  リブート
  無事起動


[タグ] Ubuntu Linux GRUB

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] Ubuntu 10.10 にアップグレード完了
 予定どおり10日『Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat)』がリリースされました。
 Desktop版の日本語 Remix CDは16日リリース予定とのことです。

 Ubuntu 10.10 リリース | Ubuntu Japanese Team

10.04 LTS → 10.10 にアップグレード開始

 前回(9.10→10.04 LTS)に続き、今回もアップグレードを選択。手順はほぼ同様、所要時間は計1時間弱(ダウンロード3分、インストール50分)で無事10.10にアップグレード完了しました。

アップグレード完了

 最近忙しくてUbuntuを弄る時間が余りなく、10.10に関しての情報収集が疎かだったため、どんな新機能が追加されたのかもよく知らない状態。とりあえず月曜は暇なので少し触ってみようかな。

[タグ] Ubuntu Linux

テーマ:ubuntu - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] 10.04 LTS 正式版へ緩やかに移行
 私はβ1からテストを開始して約1ヶ月半。遂にLucid Lynx正式版がリリースされましたね。

 Ubuntu 10.04 LTS リリース | Ubuntu Japanese Team
 (日本語Remix CDの提供はゴールデンウィーク中になるとのことです)

 うちも日々淡々とアップデートを重ねて正式版となりました。

 一部環境でインストール時に問題が発生しているようですから、初めて挑戦される方は下記フォーラムで情報を収集してから取り組むのがよいかと思います。

 Ubuntu日本語フォーラム

[タグ] Ubuntu Linux

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] 10.04にfglrx導入しかし敢えなく撤去
 先日アップグレードしたUbuntu 10.04 LTSのBeta1。Catalyst正式対応待ちで非fglrxながら絶好調。CompizもEmeraldもHD動画再生支援等もバッチリだったのですが。

 Catalyst 10.3リリースも未だLucid(を含むX.Org7.5採用した最新ディストロ)には正式対応せず、ただし非公式バージョンがCanonicalに提供されオープンソースの8.721として更新中の記事を見たため、うちのβにも入れてみようということに。

 既にパッケージが上がっており、とっくに試された方もいらっしゃいました。
 ATIドライバfglrxをLucidに投入。 (Winux/Lindows)

 他のblogを見ても通常はこの方のように、ATI環境にLucidのβ導入→描画不具合あり→ドライバ導入→良化、というパターンだと思います。でもうちのは逆になっちゃいました。

 比較のため前後にPhoronix Test Suiteでベンチをとってみたらfglrx導入後の方が悪化(ただし肝心のOpen GL系テストは前後とも完走せず未計測、2DのアクセラレーションとH264再生時の負荷テストのみ実施)、従来なかったフルHD動画再生時のコマ落ちも発生。
(10.04アップグレード時点でglxinfoの情報は「Direct Rendering : Yes、VenderはSGI(MESA)」、Radeonのドライババージョンは6.12.191。この状態より悪化することは予想していなかったので残念です)

 導入後も2D/3D描画は相変わらず好調で体感速度の低下はなく、実用上それほど問題はなかったのですが、一応部分的なテストながらベンチのスコアが芳しくなかったことに加え、フルHD動画のコマ落ちという見逃せない現象が出てしまったためひとまず導入は断念しました。
 時間があれば再度挑戦してみるつもりです。

 β1である現在、毎日100個近いアップデートが落ちてきます。猛烈な勢いで修正してますね。
 来月の正式リリース時には非常に安定したものになるんじゃないでしょうか。

 その少し前に正式対応したCatalyst10.4も出るはずですし。



 Phoronix Test Suiteのテスト結果一例
 (1080p、H.264動画再生時のCPU使用率)
Phoronix Test Suite
 平均約20%、ピーク約28%。fglrx導入後は平均こそ微増だったものの、ピークが50%以上になってしまいました。VLCの再生だとそれでも問題がなく、動画プレイヤーではコマ落ちが発生。

 HOW TO TRAIN YOUR DRAGON
HOW TO TRAIN YOUR DRAGON
 テストとは関係ありません。ついでに再生してみた『HOW TO TRAIN YOUR DRAGON』のHDトレーラー。日本ではタイトルが変わって8月公開のようです。楽しみですね。

 追記
 この『HOW TO TRAIN YOUR DRAGON』。iPhoneのゲームも出てます。ただし日本未発売。

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] KoalaからLynxにアップグレード (10.04 Beta1)
アップグレード中

 Ubuntuの次期バージョン10.04 LTS(Lucid Lynx)は現在ベータ1。
 正式リリースはギリギリ04の4月29日予定だそうです。日本時間30日早朝、例によって日本語RemixCDのリリースはその翌日辺りとなるでしょうか。GWの暇つぶしにはもってこい?

 さて、自宅PCのUbuntuは今のところ砂場のお遊びなのでバグ等は気にせず、9.10→10.04Beta1へアップグレードしてみました。所要時間およそ30分(開始、ダウンロード、インストール、再起動)。
 コアラさんさようなら、大山猫さんいらっしゃい。

 アップグレード手順はubuntu.comの以下のページにあります。
 Ubuntu 10.04 LTS Technical Overview | Ubuntu
 (ISOイメージへのリンク、既知のバグ等の情報も)

 9.10 Desktopからアップグレードする場合は
  1.Alt+F2でコマンド実行ウィンドウを開き以下のコマンドを実行
   update-manager -d
  (一応事前に9.10で全てのアップデートを済ませておきました)
  2.ディストリビューションのアップグレードが可能な旨通知される
  3.アップグレードを実行、画面の指示に従う
 と、これだけで、従来のアップグレード作業と変わりません。

 途中一部アプレットのリソースが見つからないとか、GRUBのインストール先(デフォルトで既存のインストール先が選択されている)、設定ファイルの置き換え、パッケージの削除等、数回メッセージが表示された以外はノンストップでアップグレードが進みました。

アップグレード後
(スクリーンショットのウィンドウデコレーションは標準ではありません)

 再起動後の状態は(10.04で変更されたアイコンやGnomeデスクトップの一部デザイン等を除けば)何も変化なく、アップグレード前の状態を保っています(不具合なし)。
 ATIのfglrxドライバは正式対応待ちでプロプライエタリドライバの項は空白ですが、Compiz/Emerald含めデスクトップの特殊効果や機能、動画の再生や画面キャプチャ等も全て従来どおり正常。
 主だったアプリ使ってみたり、Firefox(3.6になりました)でこのエントリを書いたり、2時間程度使った限りでは何も起こらず・・・。近年益々安定するLinuxというかUbuntuなら、β1といえど余りトラブルを期待(心配)しちゃいけないってことでしょうか。

 とはいえあくまでベータなので大事な環境、ましてやお仕事のPCには入れない方がいいと思います。
 (環境依存で何が起こるかわかりません)

[タグ] Ubuntu Linux

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
Chromium OS ZERO を使ってみた
 USBメモリにインストール/ブートできるChrome OS『Chromium OS ZERO』を試してみました。
 ウィジェットやGoogleツールが付属したChromeブラウザでしかないOSはシンプルそのもの。なのはいいのですが、うちのPCとは相性が悪いらしく頻繁にフリーズしてしまいまともに使えません。

[タグ] Google Linux Widget Chrome

テーマ:Google - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] 『Dropbox』のアプリが登場
Dropbox on Ubuntu 9.10

 Dropbox is to Ubuntu as eucalyptus is to koalas (The Dropbox Blog)

 ストレージサービス『Dropbox』がUbuntu 9.10のリリースを記念して(?、というか、Ubuntu Oneに対抗して?)Linux向けアプリをリリースしました。
 まず前掲リンクのblogにあるとおりレポジトリを追加します。

 deb http://linux.getdropbox.com/ubuntu karmic main
 deb-src http://linux.getdropbox.com/ubuntu karmic main

 Synapticに『nautilus-dropbox』が追加されるのでこれをインストール。
Dropbox on Ubuntu 9.10

Dropbox on Ubuntu 9.10
 続いてアカウントの設定等を行います。
 インストールが完了するとGnomeパネルにアイコンが、Gnomeメニュー→インターネットにアプリのショートカットが追加されます。
 アカウント設定が済んでサーバにファイルがあれば、自動で同期も行われます。デフォルトのローカル同期フォルダはhome内に作成され、任意変更が可能です。

Dropbox on Ubuntu 9.10
 パネルのアイコンをクリックするとローカルの同期フォルダを表示、右クリックするとご覧のようなコンテキストメニューを表示します。

 9.10ではクラウド機能も強化されましたが、既存ユーザーにとってはDropbox対応の方が遥に有益かも。うちもこれでWinから、iPhoneから、Ubuntuから、いつでもブラウザを介すことなくアクセスが可能になりました。
 NetBookでUbuntuを運用しているようなモバイラーには朗報じゃないでしょうか。

[タグ] Ubuntu Linux

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[Ubuntu] 9.10のインストール完了
インストール後のデスクトップ

 Ubuntu 9.10(Karmic Koala)のクリーンインストールが終わりました。
 壁紙もクリーンなイメージで気持ちいいですね。
 すぐ変えちゃうと思いますけど。

 インストール行程は9.04までとほぼ同一でした。

■準備
 1.DesktopCDのISOイメージをダウンロード
 2.イメージをCDに焼く
 3.CDでPCをブート
 4.言語で日本語を選択しインストールを実行

■インストール
 1.言語の選択(日本語が選択されているのでそのまま)
 2.地域の選択(日本が選択されているのでそのまま)
 3.キーボードレイアウトの選択(特殊なキーボードでなければそのまま)
 4.パーティショニング(お好みで手動分割、自動も可能)
 5.アカウントの設定(アカウント名、パスワード等)
 6.設定のインポート(既存のOSからインポートしたい場合)
 7.インストール準備完了(設定項目の最終確認)
  (私はWindowsのブートローダを使いたいのでGRUBのインストール先を変更)
  (右下の「拡張」をクリックしインストール先のパーティションを指定)
  (選んでも設定一覧の表示に反映されないけど大丈夫です→変更が適用されます)
 8.インストール開始(後は待つだけ)
 9.再起動

■後処理(マルチブート用)
 (WindowsのブートローダとGRUBを連携させる場合に必要)
 1.再度DesktopCDで起動
  (パーティションが読めればOKなので起動は他のディストリビューション等でも可)
 2.インストールでなくメニュー1の「・・・使ってみる」で起動
 3.起動したら端末を開く
 4.以下のコマンドでブートパーティションの先頭512byteを書き出す
  sudo dd if=ブートパーティション of=出力ファイル名 bs=512 count=1
  例
  sudo dd if=/dev/sda6 of=ubuntu.pbr bs=512 count=1
 5.書き出したファイルをメディアかHDD(Winで読める所)にコピー
 6.再起動
 7.Windowsで先ほどのファイルをブートローダに組み込む
  (XPまでのNTLDRならBoot.iniに追加)
  (Vistaや7のBootmgrならBcdeditでエントリを登録)

■後処理(日本語環境の補完等)
 (今回は日本語Remix CDを利用しなかったため)
 1.無事9.10を起動後(上記の場合Winのローダ→GRUBを経由して)
 2.Japanese Teamの下記ページへ
  http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized
 3.「方法2・Japanese Teamのパッケージレポジトリを追加する」を実行
 4.適宜「日本語環境セットアップ・ヘルパ」から何かしらインストール

 うちの場合はこの他、Radeon HD4850を認識してプロプライエタリドライバ(FGLRX)の通知が表示されました。これもインストール。


 と、ここまで、近年リリースされた版と手順は何ら変わるところがなく、一度でも経験した人ならすんなり進められると思います。
 もしマルチブートが必要ない(HDD全使いとか自動パーティショニングでGRUBもMBRにインストールなど)ならほとんど何もすることがなくほんの数分で完了。Vistaや7より簡単かもしれません(あっちもXP以前に比べたらシンプルで早くなりましたが)。

[タグ] Ubuntu Linux Radeon

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。