Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 5] 最近話題の背面ディスプレイケース『popSLATE』
 iPhone 5のケース紹介第32弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

Popslate - The Second Screen Experience Pitch from popSLATE on Vimeo.



 popSLATE--Second Screen Smart Case for Your iPhone 5

 既に各種メディアが報じたのでご存じの方も多いはず。裏がタッチ操作可能な「E Ink」ディスプレイになってるケース『popSLATE』です。以前紹介した『Sensus』という背面タッチパネルケースより、popSLATEの方が一般ユーザーにとっては興味深いんじゃないかと。

 オーダー済みの『LifeProof』ケースが到着して常用開始しました。近日中にレビューを投稿します。購入予定の方は参考になるかも。またおいで下さい。
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] 『LifeProof』ケース初期の品質がイマイチらしい
追記2:LifeProofケースが届きました。メインケースとして使用中。レビュー準備中。
↓この記事投稿時の情報ほど酷い不具合ではなく、かなり気に入ってます。
サウンドによる共振とか細部の仕上げとか細かい不満はありますけどね。
水洗い平気な防水性と360°プロテクションの安心感には代えられません。



追記1:この一週間後にオーダー完了、届いたらレビューを投稿します



 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 iPhone 5用『LifeProof』ケースに関する続報です。
 前回の記事:[iPhone 5] 『LifeProof』ケースのリリース・スケジュール(とタフネスケース考)

 どうやら初期ロット(というか2012/11/13現在出荷済みの分)の品質がイマイチらしいです。なお以下は全てMacRumoursのフォーラム投稿だけが情報源なのでその点はご承知おき下さい。

 例えば下記の投稿では比較画像を掲載し「LifeProofはバージョン1からバージョン2へとこっそり内部仕様を変更した」と報告しています。
 http://forums.macrumors.com/showpost.php?p=16279746&postcount=348
 別の投稿では既にこれ以外の改修を施したバージョン3も投入済みと書かれています。どうやらあちこち不具合があり小改良を続けている模様。

 その他購入者による不満が多く書き込まれており、「装着するとケース内に多数気泡(隙間)が生じる」、「スピーカー周りが共振する(ビビる)」、「スピーカーの音質が最悪」、「近接センサーの不調」、「フロントパネルに生じる虹」、「タップ等の操作不調」、「材質が安っぽい」等が挙げられていました。
 中には単なる言いがかりやケースの性質上不具合と言っては可哀相な指摘もあります。また全く不具合がないという報告もあります。しかし一部品質面で問題がある(あった)のは確かであり、皆さん期待が大きかっただけに「iPhone 4の頃から蓄積した同社のノウハウとは何だったのか?」という失望も大きくなってしまったようです。

 気泡の件はLifeProofのFAQで「追い出し方」が解説されています。フロントスクリーンは視認性や操作性など不満がかなり集中しており鬼門でしょう。スピーカー周辺(またはバックパネル全体)が共振する件は部材変更等により緩和されるかもしれません。

 私は11月21日が注文可能日です(グループD)。今のところ不具合情報を踏まえた上でなお購入予定。まだ1週間あるから心変わりするかもしれませんが。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] GoPro的アドベンチャーカメラケース『iXtreme』
 iPhone 5のケース紹介第25弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

iXtreme

 iPhone 5(またはiPhone 4/4S)を『GoPro』のようなエクストリーム系スポーツカメラに変身させるケース、『iXtreme』がKickstarterのクラウドファンディングで先行予約開始しています。Kickstarterキャンペーンは2012/12/16終了予定。出荷予定は2013年3月です。

 iXtreme Adventure and Gaming Case for iPhone 4 & 5 by Matt Parrill — Kickstarter

 iXtreme iPhone Action Sports Case Wide-Angle Lens

 インナー/アウター二重構造の防塵・防滴・耐衝撃ケースです。『LifeProof』に代表される一般的な高耐久ケースと異なり、GoPro用アタッチメントや専用グリップ等を駆使してのアクション撮影用途にフォーカスしている点が特徴です。
 アウターシェルに3点のGoPro互換マウントポイントがあります。ここに市販GoPro用アタッチメント、専用iXグリップ、角度変換アダプタ、三脚用アダプタ等を取り付け、様々なシチュエーションでの撮影を可能とします。オフィシャル動画では胸、ヘルメット、車体、スノーボードといった部位への装着例とその撮影画像が紹介されています。
 なおMILスペックやIP等級に関しては触れられておらず、厳密にどの程度気密性があるのかわかりません。高度なプロテクションが必要な方は事前に質問してみた方がよいでしょう。

 デフォルトで25mmワイドアングルレンズが1個付属。他のレンズは2013年以降追加予定とのこと。レンズはおそらくOEMだと思うので互換性を持たせて市販品が流用できたら尚よかったんですが、同形状のレンズガードも必要だから無理だったのかもしれません。
 その他、アウターシェルに取り付けられたキックスタンド、インナーシェルだけでもケースあるいはレンズマウントとして利用可能、ランヤード(ストラップ)リング等数々の機能があります。

購入はKickstarterがお得

 2012/11/07現在、予約販売は先に書いたとおりKickstarter限定で、カラーもこれまた限定の「Kickstarterグリーン×ブラック」のみです。後日量産する際にどの色が欲しいか投票も受付中です。
 ショップでの定価はケース本体一式(インナー/アウターケース、レンズ)が99ドル。Kickstarterで予約購入すると約50%オフとなり、iPhone 5用の場合55ドル(早割、残少)または75ドルで本体一式に加えて、iXグリップ(左右ペア)、2種4個のGoPro用アダプタ、三脚用アダプタ、シリコンリストバンド、メールニュース購読券が付属します。いずれも送料別25ドル。

 GoProやアウトドアでのアクション撮影に興味がある方は要注目のアイテムですね。GoPro中心に競争が激しい「エクストリーム・スポーツ・アクション・カメラ」ですが、iXtremeとiPhoneがあればどんな撮影でもそこそここなせそうな気がします。

iXtreme Prototype Testing - Kickstarter Compilation 720p

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] 『LifeProof』ケースのリリース・スケジュール(とタフネスケース考)
追記2:オーダーしました、届いたらレポートします



追記1[iPhone 5] 『LifeProof』ケース初期の品質がイマイチらしい



 iPhone 5のケース紹介第21弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 今回は過去モデルも度々紹介しているヘビー・デューティ・ケース『LifeProof』のiPhone 5版リリーススケジュールが通知されたのでメモしておきます。

 先日LifeProofから「LifeProof frē Availability Schedule」と題するメールが届きました。それによると出荷開始は10月30日だが多数の需要に対して供給は限られるため、11月7日以降A~Fの6グループに分けて段階的にオーダーを受け付ける、とのこと。

 残念ながら私はリスト登録時期が遅かったためグループDの11月21日になってしまいました。なお最終グループFは11月29日。つまり今後未登録で購入あるいはこれから登録して購入する場合早くても12月以降注文可能になります。価格は2012/11/01現在、USは79.99ドル、日本対象のアジア・パシフィック圏ショップでは「6409.88円」(←おい!)と表示されています。

タフネス・ケースどれにする?

 iPhone 3Gの頃は『OtterBox』くらいしか選択肢がなかった防滴・防塵・耐衝撃を誇るタフなケース。4/4S以降は随分増えて選り取り見取りになりました。
 さてiPhone 5用を買うとしたらどれがいいかと考えたとき、私はLifeProofに加えて『TAKTIK 5』と『juice pack PRO』に注目してきました。

 LUNATIK TAKTIK 5はiPhone 4/4S用モデルのファンディング実施中に発見しそのデザインに惹かれました。ヘッドフォンプラグカバー(レバー)のアクセントや、豊富なカラーバリエーションもナイスですね。しかもメタル!
 デザインは一番好きなんだけど、あのサイズ、とりわけ横幅がどうにも気になります。これぞプロテクターという構造故なのはわかっていても、「iPad miniかよ?」と言いたくなる大きさはどうかと。因みにiPhone 4/4S版は横幅77mm(多分5版も同等)あり、67.1mmのLifeProofより約1cm広くなります。欧米人はこのくらいあった方が持ちやすいのかもしれません。

 mophie juice pack PROはバッテリーケースjuice packシリーズのタフネス版です。ただしiPhone 5用は開発中かどうかさえアナウンスされていません。おそらく出るとしても通常版/スリム版等の後になると思われます。
 iPhone 4で『Juice Pack Plus for iPhone 4』を使用し、同社製品の高い品質やバッテリーケースの恩恵を体験したせいもありiPhone 5向けシリーズには期待しています。
 4/4S版のPROはOtterBox以上の重装甲でありながら、OtterBoxみたいな野暮ったさがないミリタリー・ハードウェア的なデザインも好きです(OtterBoxファンの皆さんごめんなさい)。

 MILスペックをクリアするような性能を求めれば自ずとケース外殻は肥大化し重量増も避けられません。しかしこの3製品は単なる肥大ではなく「スリムで過去からの熟成も重ねたLifeProof」、「大きいけどコンテンポラリー・デザインが光るTAKTIK」、「厚くて重いけどワイルドでバッテリー付きのjuice pack PRO」、三者三様の特色が出ておりどれも魅力的。できれば全部購入して試してみたいというのが本音です。


 ところで、このようにファットなケースの話題を書いているくせに、私は現在その対極とも言うべきスリムなケース『エアージャケット セット for iPhone 5』を愛用しています。こちらはポピュラー過ぎて今更記事にするような情報はないかもしれません。もし何かあったら後日。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4/4S] LifeProofケースが4Sに対応していた(Gen2も登場)
LifeProof™ Case - Gen 1
(※画像はGen 1です)

 以前ちょこっとだけ紹介したiPhone 4用の防水・防塵・耐寒・対衝撃ケース『LifeProof Case』が4Sに対応していました。更に改良を加えたGen 2モデル登場やカラバリ増加など進化を遂げています。
 カラバリの趣味は正直センスないと思いますけど。

 iPhone 4/4S Case - Gen 2 - LifeProof Apple Cases
 Gen 1のページはこちら

 Gen 1とGen 2の違いはサイドからの衝突に対しボリュームボタンとサイレントスイッチを保護する突起の有無だけです。価格が約10ドル安くて、外観がよりスッキリしているGen 1を選ぶのもありかなと。

 ハードなミルスペックを満たすLifeProof Caseのプロテクション性能はプロモーションビデオでも実証されています。この性能を誇りながら比較的スマートなサイズと一般的なケースに劣らぬ操作性を確保しているのが偉いですね。



 他にも多数のビデオがオフィシャルサイトに掲載されています。

 LifeProof Media - Video Gallery

 このケース当初は購入予定でした。しかしリリースを待つ間にiPhone 5(と思っていた)登場が近づいてしまったため、無駄になると考えやめてしまいました。
 結局ニューモデルは5でなく4Sで、ケースはサイレントスイッチ位置を除けば共通でした(従来のCDMA版と同じ)。まだ4を使い続けるか4Sに替えるか決めかねてますが、どっちにしても使えるLifeProofケース、買ってもいいかなと再度購入意欲が湧いてきました。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 4] バッテリー脱着型ケース『Third Rail System』
 WIRED VISIONで紹介されていたTHIRD RAIL社の『Third Rail System』はデタッチャブル式のバッテリーを備えたiPhone 4用のケースです。
Third Rail System

 iPhone 4 Battery Case | Extended Battery | Third Rail Mobility

 現在iPhone 4の予備バッテリーとしてバッテリー内蔵ケース『MOPHIE Juice Pack Plus(こちらにショートインプレあり)』を使用しておりさしたる不満はありません。
 しかしThird Rail Systemは Juice Pack Plusのようなバッテリー内蔵型ケースとも、『eneloop mobile booster』のような別体型バッテリーとも異なる新たな選択肢として興味を惹かれました。

Third Rail Systemの概要
 ・iPhone 4用バッテリー着脱式ケース
    亀の子式にケース背面のバッテリーを着脱可能
    セット内容:ケース、バッテリー、マイクロUSBケーブル、USBアダプタ、マニュアル
    セット価格:89.99ドル(約7200円)
 ・ケース単体
    ハードシェルケース
    サイズ・重量:126 x 62 x 12 (mm) / 24.1 (g)
    価格:39.99ドル(約3200円)
    マイクロUSB端子経由で装着したまま充電・同期可能
 ・バッテリー単体
    リチウムイオンバッテリー
    サイズ・重量:84 x 46 x 7 (mm) / 39.7 (g)
    容量:1250 mAh
    価格:59.99ドル(約4800円)
    入力(充電)/出力(給電)、計2個の端子を備える
    出力端子から他のデバイスに給電可能

 こいつのメリットは。
 バッテリーなしの状態→一般的なバッテリー内蔵型ケースよりはスリム。
 バッテリー付きの状態→外付け型バッテリーよりはスマートである。
 という、従来の両タイプと張り合える中間的な性格であり、これを魅力と感じられるかどうか。感じない場合逆に中途半端具合が気になるかもしれません。
 例えば、バッテリー単体の容量が少ないとか、どっちにせよ普段は大してカッコ良くないしそれほどスリムでもないケースを付けていないといけないとか。

 私は一瞬ポチりそうになりながら結局まだそこまでは至っておりません。とりあえず Juice Pack Plus持ってるしね。どちらかというと次はこっちの『iPhone 4 LifeProof Case』が欲しいね。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。