Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[RC] パームサイズのクアッドコプター『NanoQ』プロジェクト資金難
追記1[RC] パームサイズQuadcopter『QR-1』がTraxxasから(DR-1も)



Mimix and NanoQ

 アメリカQFO Labs社の超小型クアッドコプター『NanoQ』のKickstarterキャンペーンが、2012/11/08現在残りたった5日で目標額23万ドルの半分にも満たない出資額約8万ドルと苦戦しています。「8万ドルも集まったからよかったじゃん」という訳ではなく、目標未達の場合QFOには一銭も入りません。

 Mimix™ Tilt-to-Fly controller and NanoQ™ copter by QFO Labs — Kickstarter

 NanoQはあの『AR.Drone』と同じく電動4ローターのラジコンヘリで、外観だけでなくトイラジコンの域を超えたUAV的スペックを誇る点でも似ています。ただしサイズと価格はAR.Droneの1/3以下で遊ぶ環境とお財布に優しくなっています。
 小型だけにカメラこそ搭載していないものの、赤外線通信、シングルハンド操作のMimixコントローラ、よりシンプルで壊れにくい構造等の独自性があります。またUSB(ケーブルまたはドングル)接続によるPCからのハッキングというギーク心をくすぐる機能も搭載されています。このハッキングでテレメトリ受信、操縦パラメータの調整、カスタム赤外線コマンド、PCからの直接制御等が可能になります。

 AR.DroneはiOSデバイスをコントローラとした点もウケたのか瞬く間に大ヒットしました。一方NanoQは今のところ初期プロジェクトに限っては失敗となる可能性が濃厚。
 一応将来は149ドルで市販化の予定となっており、このまま埋もれてしまうことはないと思います。でも話題作りと資金集めの段階で盛り上がりに欠けてしまったのは惜しいですね。
 Mimix&NanoQはQFO Labs社の「Real-LIfe, 3-D Gaming」シリーズの第一弾と位置づけられています。今後どんなプロジェクトが登場するのか、Kickstarterキャンペーン終了後のQFO Labsの動向に注目したいところです。
スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[iPhone 5] GoPro的アドベンチャーカメラケース『iXtreme』
 iPhone 5のケース紹介第25弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

iXtreme

 iPhone 5(またはiPhone 4/4S)を『GoPro』のようなエクストリーム系スポーツカメラに変身させるケース、『iXtreme』がKickstarterのクラウドファンディングで先行予約開始しています。Kickstarterキャンペーンは2012/12/16終了予定。出荷予定は2013年3月です。

 iXtreme Adventure and Gaming Case for iPhone 4 & 5 by Matt Parrill — Kickstarter

 iXtreme iPhone Action Sports Case Wide-Angle Lens

 インナー/アウター二重構造の防塵・防滴・耐衝撃ケースです。『LifeProof』に代表される一般的な高耐久ケースと異なり、GoPro用アタッチメントや専用グリップ等を駆使してのアクション撮影用途にフォーカスしている点が特徴です。
 アウターシェルに3点のGoPro互換マウントポイントがあります。ここに市販GoPro用アタッチメント、専用iXグリップ、角度変換アダプタ、三脚用アダプタ等を取り付け、様々なシチュエーションでの撮影を可能とします。オフィシャル動画では胸、ヘルメット、車体、スノーボードといった部位への装着例とその撮影画像が紹介されています。
 なおMILスペックやIP等級に関しては触れられておらず、厳密にどの程度気密性があるのかわかりません。高度なプロテクションが必要な方は事前に質問してみた方がよいでしょう。

 デフォルトで25mmワイドアングルレンズが1個付属。他のレンズは2013年以降追加予定とのこと。レンズはおそらくOEMだと思うので互換性を持たせて市販品が流用できたら尚よかったんですが、同形状のレンズガードも必要だから無理だったのかもしれません。
 その他、アウターシェルに取り付けられたキックスタンド、インナーシェルだけでもケースあるいはレンズマウントとして利用可能、ランヤード(ストラップ)リング等数々の機能があります。

購入はKickstarterがお得

 2012/11/07現在、予約販売は先に書いたとおりKickstarter限定で、カラーもこれまた限定の「Kickstarterグリーン×ブラック」のみです。後日量産する際にどの色が欲しいか投票も受付中です。
 ショップでの定価はケース本体一式(インナー/アウターケース、レンズ)が99ドル。Kickstarterで予約購入すると約50%オフとなり、iPhone 5用の場合55ドル(早割、残少)または75ドルで本体一式に加えて、iXグリップ(左右ペア)、2種4個のGoPro用アダプタ、三脚用アダプタ、シリコンリストバンド、メールニュース購読券が付属します。いずれも送料別25ドル。

 GoProやアウトドアでのアクション撮影に興味がある方は要注目のアイテムですね。GoPro中心に競争が激しい「エクストリーム・スポーツ・アクション・カメラ」ですが、iXtremeとiPhoneがあればどんな撮影でもそこそここなせそうな気がします。

iXtreme Prototype Testing - Kickstarter Compilation 720p

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] レンズ付きケースiZZi Gadgetsの『Solo』と『Orbit』
iZZi Solo and Orbit

 iPhone 5のケース紹介第15弾。(金属ケースとしては第11弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 アメリカiZZi Gadgetsの交換レンズ付きメタルケース『iZZi Solo』と『iZZi Orbit』。iPhone 4/4S用に加えてiPhone 5用も登場しました。
 2012/10/19現在、Kickstarterからの購入だと投資額によって納期が異なり10月~12月。MadeFreshlyに建てられているストアでは「Now Available」になっています。
 なおMadeFreshlyから購入した場合の価格はSoloが139.99ドル。Orbitが239.99ドルです。

 iZZi Soloの商品紹介

 iZZi Orbitの商品紹介

 Kickstarterの購入ページ

 MadeFreshly内のiZZi Gadgetsストア

 Solo、Orbit共にアルミ合金製(正確にはジュラルミンと表記されているのでA2017?)のボディで、Soloにはフィッシュアイレンズが、Orbitにはフィッシュアイ、ワイド/マクロ、望遠、と3種のレンズが付属。Orbitはロータリー式のレンズ交換構造により即座に3種のレンズを切り替えて使用できます。

PhotojojoもiPhone 5版を発売予定

 iZZi Orbitと同様の交換レンズ付きケースにPhotojojoの『The iPhone Lens Dial』があります。こちらも2012/10/19現在iPhone 5版を開発中でカミングスーン。ニュースレター登録すると最新情報を送ってくれます。

 The iPhone Lens Dial by Photojojo

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。