Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 5] レバー開閉バンパー『LEVERAGE』とその類似品2種
追記1:プレオーダーが開始されました、正式名称は『Leverage i5』になったようです
Leverage i5 Pre-order - Graft Concepts
価格は49.95ドル。2013年1月出荷予定。カラーはブラックとホワイト。ラッチの仕上げはマットまたはクロームを選択可。プレオーダー先着2000名限定でフラットタイプに加えカードホルダタイプのバックプレートが付属します。



 iPhone 5のケース紹介第30弾。(金属ケースとしては第22弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

Graft Concepts LEVERAGE for iPhone 4/4S
※注:画像はiPhone 4/4S用です、金属はレバーとラッチ部分のみです

 アメリカGraft Conceptsのレバー開閉式バンパー『LEVERAGE』。上の画像はiPhone 4/4S用ですが、2012/11/21現在4/4S版とほぼ同仕様のiPhone 5版プロトタイプが完成し近日予約開始予定です。Graft ConceptsのFacebookページには10月以降からこのプロトタイプの画像が複数投稿されています。

 Graft Concepts - Welcome

 ワンタッチ開閉を可能にしデザインアクセントにもなっている、メタル(材質は亜鉛合金のようです)製のレバーとラッチが特徴です。ポリマーアロイ(ポリカーボネート+ABS樹脂)製のフレームでiPhoneを包み、トップのラッチをフレームに引っ掛けてレバーを締めると固定されます。
 他に特異な仕様はなくレバー開閉機構を除くとコンベンショナルなバンパーケースです。iPhone 4/4S版ではブラックがマット仕上げ、ホワイトがグロス仕上げとなっていました。5版のプロトタイプは今のところブラックマットのみが公開されています。4/4S版と同じくバックプレートも付属するようです。

 私はiPhone 5を購入直後ケース探しをしている最中、このiPhone 4/4S版LEVERAGEを見てすっかり気に入ってしまいました。時期はわかりませんがいずれ購入するつもりです。
 こちらでレビューした『Embrace-5』と同じく開閉が簡単なのは、複数のケースを取っ替え引っ替え使いたい私にとって魅力的です、しかもそれがデザインの大きなポイントになっているのもEmbrace-5と似てますね。

 ところで。

類似品ケース(X-ProtectorとMomentum)

左:X-Protector、右:Momentum
※注:画像はiPhone 4/4S用です

 画像左はFiiOの『X-Protector』、右はInertial Designの『Momentum』。オールアルミのレバー開閉式バンパーでLEVERAGEとそっくりですよね。しかもX-ProtectorとMomentumを比べるとサイドのスリットとロゴくらいしか相違がなく、オフィシャルサイトの一部で全く同じ画像が使われています。

 余り詳しく調べてはいないんですがどうやら、X-ProtectorはMomentumの初期バージョンにあたりどちらもデザイン・製造はInertial Designが担当、FiiO(オーディオ機器メーカー)は単なるOEM供給先らしいです。

 そしてInertial DesignはMomentumケースの販路としてKickstarterを選び、ファンディング開始したけれどサスペンドを食らい、その後もリスタートを狙っていたが目処は立たず、Kickstarterを諦めてライバルIndiegogoに乗り換えたけれどこちらも停止という状況らしく、このままお蔵入りするかもしれません。
 もちろんこれはLEVERAGEに酷似することと無関係ではなく、パテントを(多分)有するGraft Conceptsに対する権利侵害を危惧し運営側が停止措置をとったようです。
 Inertial DesignはGraft Conceptsに和解(内容は不明)を申し入れたものの断られた模様。Inertial Designはファンディングを開始するまでLEVERAGEケースの存在を全く知らなかったと言ってますが真相はわかりません。

 さて一方のOEM品X-Protectorはどうでしょう。前掲のケースオフィシャルサイトは残っていますが、FiiO総合のオフィシャルサイトには一切情報がありません。日本の正規代理店であるオヤイデにもX-Protectorはありません。
 どうやらAmazonやalibaba等で複数の業者により売られていた(売られている)形跡があります。日本円で2000円程度と激安です。あれ、X-Protectorのサイトには希望小売価格80ドルって書いてあったよな。うーん・・・。私にはこれ以上何も申せません。
 なおFiiOのサイトには「Check authenticity」という真贋判定があります。製品パッケージのセキュリティバーコードに書かれた20桁のコードを入力すると正規かフェイクか結果がわかるそうです。

 このような経緯から、(X-Protectorは知らないけど)Momentumがいくら欲しくても手に入れるのは不可能かもしれません。因みに私は割とメタルフェチですが、この比較に関してはフルメタルの2種よりはLEVERAGEが好きです。
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。