Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
2008年「私はこれを買いました」
 デジカメWatchに毎年恒例の「私はこれを買いました」が掲載されていました(やはり伊達氏がK20D担当か)。私も同じく今年のお買い物から、特に気に入ったアイテムを数点挙げてみようと思います。
 (因みに2007年版はこんな感じでした

■東芝の『REGZA 37Z3500』
37Z3500
 同居人が買ってくれたこれのおかげで今年は珠玉のハイデフ体験ができました。
 スペイン優勝に歓喜したユーロ2008の美しいスタジアム。最新の『007 カジノロワイヤル』や往年の輝きを復元した『ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX』などで味わったBlu-rayの醍醐味。ようやくゲーム本来の画質を堪能できるようになったPS3などなど。
 来年はもう少しBlu-rayとPS3ソフトのライブラリを増やしたいところ。一方で民放地デジは相変わらずクソ番組ばかりなので今後も全く期待していません。

■Appleの『iPhone 3G』
iPhone 3G
 初代(2G)の噂や発表等を含めると2年以上待ってやってきたiPhone。早朝並んだ発売日がついこの間のように思い出されます。予想どおりかそれ以上の存在となりましたiPhone。手に入れてからの生活は、劇的ビフォア・アフターと言おうか。こんな便利で楽しいWWAN付きパソコン、もう手放せるわけないじゃないですか。

■ペンタックスの『K20D』
K20D
 過去に一眼はキヤノンやオリンパスも使ったことがあり、根っからのペンタックスファンというわけではありません。でもこいつには惚れ込みました。ハイパー操作系を始めとするつぼを押えた機能性にあの高画質。迷っている方、連写やフォーカスの弱さなんか気にせず買って後悔はしないと思いますよ。多分。
 ちょうど今日、BCN発の一眼ボディと交換レンズに関する販売シェアの記事を見かけました。ボディでは圧倒的に売れていないペンタックスが、レンズのマウント別シェアでは10%以上だとか。これは興味深くかつ納得できるデータでした。もっと興味深かったのはBCNの記事がペンタックスの数字を完全にスルーしてキヤノンとニコンの話に終始していたことですが。

■FREITAGの『F14 DEXTER』
FREITAG
 昨年に続いてまた買いましたフライターグ(正確にはプレゼントしてもらいました)。しかもまたON SANDAYSで。今度は一回り大きなDEXTER。主にK20Dと小物を詰め込んでお散歩用にしています。K20D+レンズ2本+財布、タバコ、携帯、くらいは楽勝で入って余裕も相当あります。いざとなれば内部を引き出して巨大化もできますが、まだそれには至っていません。

■リコーの『Caplio GX100』
GX100
 個人的には“名機”と呼びたいGX100は現在同居人のメインウェポンとなっております。暖かい時期はよく二人で撮影散歩に出かけK20Dの私と撮り比べをしました。一眼のサブ機としてもGX100はよいですね。これが並みのコンパクトだったら、操作系のカスタマイズや設定の追い込みなどができず物足りなくなってしまうと思います。それすら考えず撮るなら携帯がありますし。

 今年の買い物代表は何やらビジュアル系ばかりになってしまいました。その分、服やアクセサリや雑貨は余り大きな買い物をしなかったので、来年はそちらに走ってしまうかも。
スポンサーサイト

テーマ:年末年始、お正月 - ジャンル:ライフ


人気blogランキング
熱戦続くEURO
 EURO2008はグループリーグ中盤。グループD以外は各国2試合を消化して明暗が鮮明になってきました。スペインも今夜の試合に快勝して(いやどんな勝ち方でもOK)、早々にグループ1位通過を決めて欲しいところです。
 第1戦は最高のスタートとなりました。でもグループリーグの1勝ごときで浮かれちゃいかんと自分を戒め、あくまで懐疑的であり続けるのが、おそらく長年スペインファンな人々の反応ではないでしょうか。もちろん準決勝あたりまで進めば、もうこれはイケイケムード全開だと思いますけど。

 意外にも、ここまで予想or期待どおりの展開で少々ビックリ。スペイン以外で準決勝に進んで欲しかったオランダ、ポルトガルが好調。苦戦するイタリア、フランス、そしてドイツ。それにしてもオランダの充実ぶりは期待以上のものがありますね。
 ベスト4でスペインvsオランダ。そして決勝でスペインvsポルトガル、見たいなぁ。でもね、いくら苦戦してもトーナメントに進みさえすれば望みが繋がるわけで。グループリーグの低空飛行から、決勝に向けて急激に上昇するチームがあっても不思議ではありません。そういう意味では、「呼ばれてないのに気がつけばそこにいるドイツ」がどうなるか、注目です。

 37Z3500が来たおかげで、自宅では初のハイビジョンサッカー観戦を堪能しています(しかも予定変更がありここまで全試合HV放送)。元々サッカーはHD画質とワイドアスペクトというフォーマットが非常に活きる競技です。更にスイスやオーストリアの美しいスタジアム、観客席を埋め尽くす色とりどりの各国サポーター。時々カメラが抜くキレイなお姉さん(サッカーの国際大会ではお約束?)。などなども、高画質ならではの臨場感と美しさを味わわせてくれます。これは来シーズンのリーガや次のワールドカップも楽しみです。

テーマ:EURO2008 - ジャンル:スポーツ


人気blogランキング
37Z3500 + PS3 + Blu-ray
 37Z3500が来てから数日で多様なソースを視聴しました。地アナ(SD)、地デジ(SD、HD)、BSデジタル(SD、HD)、DVD、Blu-ray、ゲームなどなど。
 この中で間違いなく最高画質だったのはPS3でのBlu-ray再生。どこかのキャッチコピーのような言葉を使うなら、まさに「感動画質」であり、我が家の「史上最高」画質でした。

 37Z3500とPS3は双方HDMI1.3aにフル対応と言いますか、x.v.Color、Deep Colorに対応。更に最近トレンドのフィルム5-5出力/再生(1080p、24Hz)にも対応しています。
 また視聴したBlu-rayディスク『007 カジノロワイヤル』は、コーデックがMPEG-4 AVC/H.264の片面2層という仕様で、数あるBlu-rayソフトの中でも画質はトップレベルのようです。

 現在はまだ放送もディスクのソフトもSDとHDが混在しています。HD、とりわけ良質なBlu-ray(同じBlu-rayでも画質は玉石混淆)の映画などを見た後SDの放送を見ると、憂鬱になりそうなほどの落差が・・・。

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
東芝のレグザ『37Z3500』が来た
37Z3500
 テレビを東芝のREGZAに買い換えました(同居人のおかげです、ありがとう)。ただし最新モデルではなく、今や絶滅寸前の『37Z3500』です。

 間もなく(アマゾンによると6月20日だとかアマゾンによると6月20日だとか)ZV500が登場するこの時期に敢えて旧モデル。でもZ3500いいんですわこれ。デビュー時から注目してました。そりゃ基本性能はニューモデルの方が一層進歩を遂げているのでしょうが、半年前の最新モデルで、画質も機能もトップレベルの37Z3500が今や20万円を大きく下回る価格で買えるってのは・・・。きっとブランドイメージで売っているAQUOSだったらここまで値崩れしないんでしょうね。

 以前から狙っていた機種なのでほぼこれ一点に絞っていましたが、一応最後まで比較したのはビクターの『EXE LT-37LH905』。さすが倍速で一日の長があるビクター。ブレ低減効果はあちらが上です。LT-37LH905の効果を120コマとすると、37Z3500の効果は98~106コマ分といったところでしょうか。

 ところで、この時期にテレビをリプレースしたのは、オリンピック特需に乗っかった、わけではなく、うちの場合(私の場合)ユーロ特需。もうすぐ始まるユーロ2008(全試合ではないけれどハイビジョン放送もあります)を37Z3500で観る。今から楽しみでなりません。


[タグ] 37Z3500 Audio&Visual

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。