Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
高円寺の『大将』
高円寺の『大将』

 都内各所にまだ少なからず生息する「安い、小汚い」昭和系の焼き鳥居酒屋、高円寺の『大将(本店)』。中央線脇に2号店があって、大勢で行くならそちらです。
 鶏串焼きはほぼ全品90円~110円。都心で全品90円なんて店もあるにはありますが、まあここも同レベルです。店の名前を冠した安物日本酒はグラスで1杯250円。ピッチャーみたいなポットで頼むと7杯分で1500円と1杯お得。
 最近の焼鳥屋(いや焼き鳥ダイニングっつーのか?)が紀州備長炭だとか、薩摩地鶏だとか、高級地酒や焼酎だとか、絶品の創作料理だとか、はたまた演出の効いたインテリアだとか、色々蘊蓄を並べないと客を呼べない一方で、こういう店もしっかり生き残っているわけです。

今日の覚え書き
高円寺の焼き鳥『大将』
住所:東京都杉並区高円寺南4-27-10
電話:03-3312-1047
営業時間:15:30~06:00
定休日:無休
食した物:鳥皮、かしら、砂肝、など
スポンサーサイト

[タグ] 鶏料理

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ


人気blogランキング
神泉の『円山町 庵狐』
神泉の『庵狐』

 鶏料理がメインの『庵狐』。ここはいいですよ。最近行った和食系居酒屋では一番のお薦め。鶏以外のメニューやお酒(特に焼酎)も充実してます。ツマミはさっぱり系が多いので、割と年齢層高めの方にウケるかもしれません。もちろん鶏料理好きは一度訪れる価値大いにありです。
 (写真)この日食べた中で私も同居人もこれが一番気に入りました。『レバーと砂肝の燻製』です。特にレバーの食感と燻製のマッチは、う~たまらん。

中身刺し三点盛り

 『鶏の中身刺し三点盛り(レバー、砂肝、ハツ)』。最初にこれオーダーして、いい意味で裏切られました。刺し盛りだから、短冊状に切ったのが並んでるのかと思ったら、野菜やゴマ油や生卵が入ってまるでユッケ状。食べてみたらこれがイケる! 同じ刺し盛りでも素材によって一品ずつちゃんと工夫してる(そしてもちろん旨い)のが偉い。

混ぜるとこんな感じ

 そして上のやつをグールグルかき混ぜるとこうなります。一層酒のツマミっぽい佇まいになりました。

カツオののっけ盛り

 鶏以外の料理もオーダー。『カツオののっけ盛り』です。これも充分旨かったし、鮮魚系メニューも沢山あったから、鶏が苦手な人を連れて行っても楽しめそうです。

鶏スープ

 スープ好きなので、早々と締めみたいな『鶏スープ』飲んじゃいました。味はいいんだけど、塩加減はもう少し控えた方がよさそう。結構しょっぱかった。

今日の覚え書き
神泉(円山町)の『庵狐』
住所:東京都渋谷区円山町25-4
電話:03-5459-4083
営業時間:17:00~26:00(金曜日~27:00)
定休日:無休
食した物:鶏の薫製、刺身、など

[タグ] 鶏料理

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ


人気blogランキング
代田のケムリで雪辱戦
世田谷代田(新代田)の『ケムリ』

 世田谷代田、若しくは新代田が最寄り駅。環七沿いの焼き鳥『ケムリ』。ここは焼き鳥(串)はもちろん旨いし、写真の唐揚げがこれまた旨い! 行くと毎回オーダーします。
 実は前回、せっかく美味しい鳥料理を目の前にしながら、体調が最悪でろくに飲み食いしないうちに店を出ちゃったんです。あのときは悲しかった。
 今日はそのリベンジというか雪辱戦。じっくり鶏料理とビールを堪能してきました。とは言っても小食な我々なので。まだまだ食べたいメニューがたくさん残ってます。近いうちにまた行こうっと。
 鶏料理の鮮度、美味さ、バリエーションなどは、『楽の房』とか『庵狐(レポート準備中)』に負けてしまいますが、気軽に飲めて大混雑することがなく値段も手頃。近所の方なら“行きつけ”にする価値充分のお店です。

今日の覚え書き
代田の焼き鳥『ケムリ(けむり)』
住所:東京都世田谷区代田4-7-16
電話:03-3327-1028
営業時間:?(調査漏れ)
定休日:?(調査漏れ)
食した物:焼き鳥(砂肝、皮)、唐揚げ、など

[タグ] 鶏料理

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ


人気blogランキング
三軒茶屋の『楽の房』
地鶏のたたき

 前回の記事で書いた“鳥料理屋(三軒茶屋)”がここ『楽の房』です。テレビで紹介されたこともあるから、ご存じの方も多いかもしれません(店自体は一本路地を入るので目立ちませんが)。
 昨年行ってみたら超満員であえなく退散。約1年ぶりのチャレンジです。今回は運良くちょうど二人掛けの席が空いていました(週末、あるいは大人数で行く方は予約した方が無難)。

 実は大した予備知識もなかったため、単なる焼き鳥の店だと思ってました。ところがこの楽の房、単純な串焼きだけの店(もちろんそれもまたいいのだが)ではなくて、鶏の色々な部位をたたきや刺身など、レア(あるいはほぼレア)で食べるメニューが充実しています。鶏肉、内臓系、生肉系、どれも大好物な私たち二人にはピッタリの店でした。

 今日は三品しか食べられなかったけれど、どれも美味しかった~。素材がいいし、調理と味付けも適度で素材を活かしてます。
 特に、メニューに“名物”と書かれた“地鶏のたたき”(写真)。これは旨かった! 味、歯ごたえともに絶妙。三品で最後にこれが出てきたので、
  “白レバー炙り串焼き”→「お、旨いね~、レア加減が最高」
  “鶏皮ポン酢”→「お、これもいいねー、鶏皮がとろけそう」
  “地鶏のたたき”→「おおお、それにも増してこれ旨いわ」
 というように、三段論法か三段活用かホップステップジャンプみたいな気分の盛り上がり。

 前回満席で諦めたとき、訳もわからず適当に(飲んべえの勘で)飛び込んだ『赤鬼』も気に入りましたが、大好物がこれだけ美味しく食べられる楽の房は、それ以上に三茶のお気に入りになりそうです。
 次は“砂肝刺し”食ってみよ。

今日の覚え書き
三軒茶屋の焼き鳥『楽の房』
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-8-10
電話:03-5486-3318
営業時間:18:00~24:00(土曜25:00まで)
定休日:無休
食した物:地鶏のたたき(写真) 他

[タグ] 鶏料理

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。