Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[CoD:BO2] あの人も出てる“Surprise”トレーラー(と人物特定作業)
"Surprise" - Official Call of Duty: Black Ops 2 Live-Action Trailer


 近々発売『Call of Duty: Black Ops 2』(CoD:BO2)の、Guy Ritchie監督による“Surprise”と題されたライブ・アクション・トレーラー(実写トレーラー)が公開されていました。
 酔いどれ復活オヤジRobert Downey Jr.や、ミリオタやガンオタならチャンネル購読必須であるFPSRussiaのKyle Lamar Myersを始めとした有名キャストがカメオ出演しています。BGMはAC/DCの名盤から『Back in Black』。
 個人的にはFPSRussiaの登場シーンが一番笑わせてもらいました。以前もドローン絡みでジョイントしていたし、コラボ関係にあるようです。それと9秒辺りでアイアンマンみたいなの飛んでないかね?

キャストと登場シーン

 海外サイトのあちこちで出演者特定作業が行われていました(というほど大がかりなものではない)。どうやら下記で確定のようです(2012/10/30現在2名が未特定)。

 Zach Steel (冒頭とラスト)
 Danilo Di Julio (スナイパー)
 iJustine (Justine Ezarik) (トマホーク)
 Unidentified (XM8)
 Omar Sy (歩行ロボ)
 Robert Downey Jr. (F-22 Raptor)
 Unidentified (セムテックス向かって左)
 The Amazing Johnathan (セムテックス向かって右)
 Jessica Chobot (白馬)
 Kyle Lamar Myers (FPSRussia) (ドローン)
スポンサーサイト

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム


人気blogランキング
『トロピック・サンダー』のダウニー・Jr.が
トロピック・サンダー

 期待していたけれど映画館に行けなかった『Tropic Thunder(邦題:トロピック・サンダー/史上最低の作戦』、先月ようやくDVDで観ました。

 ベン・スティラー、ジャック・ブラック、そしてロバート・ダウニー・Jr.。彼ら3人の芸人もしくは役者バカなくしてはあり得なかった映画ですね。大根でキャスト組んだら面白くも何ともないどころか、こんな脚本書く気にすらならなかったのではと。

 彼ら以外にも芸達者が多数脇を固め。潤沢な予算に支えられたド派手な映像。あんな人やこんな人のカメオ出演等々。マイク・マイヤーズと同じく、ベン・スティラーの手腕も大したものです(もうすぐナイト・ミュージアムの続編も来ますね)。

 近年のダウニー・Jr.完全復活は嬉しい限りです。一時期はもう終わったと思いました。今後彼は『アイアンマン』の続編や、ガイ・リッチー監督によるシャーロック・ホームズ映画(もちろんホームズ役)、直近ではジェイミー・フォックスと演技派対決した『路上のソリスト』が間もなく公開といった具合で引っ張りだこです。

 黒人になりきる余り差別に過剰に反応してしまったり
 お前ほんとはオーストラリア人じゃねーかと言われたり
 一方大まじめにホフマンやハンクスを引き合いに出して演技指南

 時に悪乗りし過ぎなほどの怪演

 もう最高です



[タグ] 映画

テーマ:映画 - ジャンル:映画


人気blogランキング
007やアイアンマンに一歩近づけるグッズ
Martin Jetpack

 engadgetの記事によると、パーソナルユースのジェット・パックが実用化(日本円で1000万円ほど払えば購入可能)されるそうです。

 動画:一人用飛行機械 Martin Jetpack、屋内飛行デモ

 ジェット・パックと言えば、古くは007『サンダーボール作戦』でコネリーが華麗に操っていたり、他に映画では『ロケッティア』なんてのもありました。いつの時代も憧れ、そして夢のアイテムですよね。

 Martin Jetpackはジェットパックと名付けられているものの、ジェット噴射やターボプロップではなく、レシプロエンジンでファンを回転させて浮力を得ているようです。ムービーではそのエンジンとファンがけたたましい騒音を発することと、下部の小型ファンをティルトさせて器用に(不器用に?)移動する様がよくわかります。

 これは欲しい! (できればもう少し小型化を・・・)

 でも『アイアンマン』の域に達するのはまだまだ遠い未来のようです。

アイアンマン開発中

[タグ] 映画

テーマ:話題の商品 - ジャンル:ニュース


人気blogランキング
AR-15をフィールドストリップする11歳の少女
銃を分解/組み立て

 ライフルを53秒で組み立てる11歳の少女(動画) (Gizmodo Japan)

 Gizmodoで見つけたこれ。11歳の少女が撮影者(多分父ちゃん)と和気藹々、ルービックキューブの新記録でも出したかの如く「やった53秒!」って無邪気に喜んでるのが、何かというと「アサルトライフルの分解/組み立て」。

 行く末はサラ・コナーですか? ジャッジメント・デイに備えて既にエンリケに大量の銃器を預けてあるかもしれません。チャールトン・ヘストンも草葉の陰でさぞや喜んでいるでしょう。

 彼女に対抗できるのはフォレスト・ガンプくらいでしょうか。
ガンプ、分解フィニッシュ間近

 ガンプがフィールドストリップ新記録で軍曹をぶったまげさせた銃はM14。CoD4ではこいつに大変お世話になっています。混戦になりそうなときはAR15ならぬM4もよく使います。
 飽きっぽいし銃のバリエーションを楽しみたいため、5つあるカスタムクラスのスロットを埋める武器は常に変化。トリガーハッピーになってストレス解消できるフルオートのアサルトやSMG、LMGもいいけれど、M14やG3は必ずどちらか(あるいは両方)スロットに入れておきます。
 ACOGやグレネードランチャーは嫌いなので組み合わせるのはダットサイトかサイレンサー。M14の場合「ガーン(剥き出し)」も「チュン、チュン(消音)」も、どちらも(CoD4の割には)サウンド官能度高めなのがまたイイのではと。

[タグ] CoD4 映画 ゲーム

テーマ:本日の小ネタ - ジャンル:ブログ


人気blogランキング
[iPhone 3G] 『Unique Skins』が届きました
 追記:iPad用も出ました
 追記:iPhone 4用も出ました

 iPhone 3G用のケースレビュー No.3
iPhoneバックパネル
 ヒース・レジャー追悼、公開&大ヒット記念の『ダークナイト』仕様

 先週初めにオーダーした『Unique Skins』のiPhone用スキンが届きました。
 早速レポしてみます。
 (Unique Skinsの詳細は前回のエントリを参照)



■納期
 ・8日間(発送までに2日、USPS First Class Internationalで渡航6日)
 ・お知らせメールが一切来ない(自動返信メールさえなし)
 ・サイトにログインするとオーダーのステータスを確認可
 ・ボール紙のスリーブに入って到着。
セット内容
 これで1セット(今回は別デザイン含め2セットオーダーしました)


■素材・プリント
 ・光沢、網目状のテクスチャ、非常に柔軟 (3MのControltac+Comply
 ・サイドは完全に剥き出し(invisibleSHIELDみたいなのを期待する人には不向き)
 ・プリントには若干の粒状感、発色はそれほど鮮やかではない
 ・多分前回のエントリで書いた画像サイズでも素材として充分だと思う


■装着
 裏はとても簡単です。カメラホールを基準に適当に位置決めして載せつつ、位置が定まったら軽く周囲に押し出せば、皺も気泡もなくキレイに貼れます。
 問題は表。
iPhoneフロントパネル

 上で「非常に柔軟」と書いたようにとにかくよく伸びます。表はディスプレイがくり抜かれてサイドが極端に細い故に、ちょっとでも引っ張ると曲がったり余ったりします。
 でもコントロールタックは貼り直しが効くため、通常のシールのように失敗して即ゴミ箱行きということはないでしょう。


■総括
 ほぼ想像したとおりでした。
 もしUnique Skins自体が気に入らないとか、デザイン失敗だったとか、貼るのミスったとか、その他不満があったとしても、1セット送料込みで700円程度(25%OFF後)なら惜しくはないはず。
 お手軽なデザインアレンジの手段としてうってつけではないでしょうか。


■備考
 シールとしては薄いとはいえ、裏表貼った状態でこのクリアケース(サーマルコントロールケース同等品)に入れるのは無理でした。モナカ合わせのクリアケースならいけるかも?


■余談
 いつか、
 これを使って痛車ならぬ痛iPhoneを作る者が現れるような気がする
 (参考資料1参考資料2参考資料3



以下追記
■剥がしてみました
 約10日間装着後剥がしてみました
 ・ボディへの残留物は皆無
  (シール境界付近のボディに付いていたホコリはクロスで軽く拭けば取れる)
 ・最初に縁をめくるときだけ注意すれば無傷で簡単に剥がせる
 ・剥がしたスキンは再利用を考えて元の台紙に戻しておく(のが無難かと)
 ・台紙に戻したときの粘着力から見ても数回の再利用は多分無問題
 粘着剤が全てシール側に残る素材ならではのメリットが感じられました

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
バットマンのタンブラーを自作しちゃった人
実動タンブラー、しかも手作り

 Fan builds working replica of Batman Tumbler (QJ.NET)

 ヒース・レジャーの遺作となるかもしれないだけでなく、クリスチャン・ベールの暴行沙汰モーガン・フリーマンの事故など、公開後も話題に事欠かないバットマン最新作『ダークナイト』。

 そのダークナイトで活躍するバットモービル『タンブラー』のレプリカを自作しちゃった人がいるそうです。アメリカのボブ・デュラムというこのおじさん、およそ5万~7万ドルをかけ、自宅のガレージにて全て手作りで1/1の実動タンブラーを完成させたとのこと。
 写真を見る限りプロップと呼んでも差し支えないほどの出来映え。まさかこれもプロモの一環じゃないよね、と勘ぐってしまうほどです。製作過程は? 期間は? 走りはどの程度? などなど大変興味をそそられました。


 タンブラーに関しては以前こんな話題もありましたね
  ダークナイトとトヨタF1のコラボイベント(タンブラーとF1がサーキットを併走) (SPIKE)
  バットマンの車が変形したトランスフォーマー (GIGAZINE)

[タグ] 映画 クルマ

テーマ:洋画 - ジャンル:映画


人気blogランキング
37Z3500 + PS3 + Blu-ray
 37Z3500が来てから数日で多様なソースを視聴しました。地アナ(SD)、地デジ(SD、HD)、BSデジタル(SD、HD)、DVD、Blu-ray、ゲームなどなど。
 この中で間違いなく最高画質だったのはPS3でのBlu-ray再生。どこかのキャッチコピーのような言葉を使うなら、まさに「感動画質」であり、我が家の「史上最高」画質でした。

 37Z3500とPS3は双方HDMI1.3aにフル対応と言いますか、x.v.Color、Deep Colorに対応。更に最近トレンドのフィルム5-5出力/再生(1080p、24Hz)にも対応しています。
 また視聴したBlu-rayディスク『007 カジノロワイヤル』は、コーデックがMPEG-4 AVC/H.264の片面2層という仕様で、数あるBlu-rayソフトの中でも画質はトップレベルのようです。

 現在はまだ放送もディスクのソフトもSDとHDが混在しています。HD、とりわけ良質なBlu-ray(同じBlu-rayでも画質は玉石混淆)の映画などを見た後SDの放送を見ると、憂鬱になりそうなほどの落差が・・・。

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
海外のセレブ当てクイズ
Celeb Kids Quiz

 GIGAZINEの記事で見つけた、ハリウッドスターや有名スポーツ選手など、海外セレブ幼少期の写真から名前を当てる「Celeb Kids Quiz」をやってみました。
 目鼻立ちで容易にわかる人あり、誤答の方が相応しいと思える人あり。誰か日本版を作ってみちゃどうでしょうか。
 因みに私のスコアは以下

Final Score: 81% (29 out of 36)
Very good score! Got a bit difficult near the end eh?

[タグ] 映画

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画


人気blogランキング
世界一セクシーな女性2007はあの人
Jessica Alba

 男性誌「FHM」が主催した「世界一セクシーな女性2007」投票のナンバー1は予想どおり(?)ジェシカ・アルバでした。一昨年辺りからの流れや、彼女にキャリア序盤のピークがきていることを考えると順当な結果でしょう。これから1年以内に主役(あるいは準主役)映画数本の公開を控えるジェシカにとっては、格好のプロモーションとなるはず。

 “世界一”セクシーとか言っても、選ぶのは欧米(英米か)の雑誌と野郎どもなので“ワールド”の定義と選定基準は怪しいものです(以下ここのコンテンダー参照)。
 アジアの女性は毎度お馴染みチャン・ツィイー含めて多分2人しか入ってませんし。そもそもこんなのがどうして候補者に含まれてるんだよ(例えばブリちゃんとかベッカムの嫁とか、よりによってバカヒルトン)ってのがいたり、もうこの路線で売るのはムリだろう(例えばソフトバンク携帯CMの人とかマイケル・ダグラスの嫁とか)ってのがいたり。
 シャラポワが含まれているのはある意味妥当かも。スポーツ界のセレブも一人くらい入れておかなくちゃっていうバランスと思われ、もし日本で同様の人選をしたらきっと浅尾美和さん辺りが入るんでしょうね。

 好みは人それぞれですから、ジェシカのNo.1には異論反論数々あるでしょうが、もちろん私は異論なし。それはこのblogのタイトルバックで明白かと。もしジェシカでなければアレッサンドラ・アンブロージオ(5位)とかアドリアーナ・リマ(7位)とか選んでしまいそう。セクシーといえば男も女もラテン系という符号は万国共通かな?


FHM'S 100 SEXIEST WOMEN IN THE WORLD 2007

1 Jessica Alba
2 Katharine McPhee
3 Scarlett Johansson
4 Gisele Bundchen
5 Alessandra Ambrosio
6 Jessica Biel
7 Adriana Lima
8 Angelina Jolie
9 Keira Knightley
10 Marisa Miller
11 Maria Sharapova
12 Mayra Veronica
13 Kate Beckinsale
14 Jennifer Love Hewitt
15 Jessica Simpson
16 Halle Berry
17 Elisha Cuthbert
18 Salma Hayek
19 Eva Longoria
20 Erica Durance
21 Christina Aguilera
22 Carmen Electra
23 Vida Guerra
24 Mandy Moore
25 Beyonce Knowles
26 Eva Mendes
27 Alyssa Milano
28 Shakira
29 Leeann Tweeden
30 Charlize Theron
31 Natalie Portman
32 Katherine Heigl
33 Brooke Burke
34 Rachel McAdams
35 Evangeline Lilly
36 Jennifer Aniston
37 Jenna Jameson
38 Penelope Cruz
39 Hilary Duff
40 Jennifer Lopez
41 Lindsay Lohan
42 Jenny McCarthy
43 Torrie Wilson
44 Fergie
45 Mariah Carey
46 Heidi Klum
47 Kristin Kreuk
48 Kristin Cavallari
49 Reese Witherspoon
50 Jaime Pressly
51 Morgan Webb
52 Lucy Liu
53 Jennifer Garner
54 Sarah Michelle Gellar
55 Vanessa Marcil
56 Shania Twain
57 Petra Nemcova
58 Gwen Stefani
59 Tera Patrick
60 Keeley Hazell
61 Anne Hathaway
62 Cameron Diaz
63 Tricia Helfer
64 Pamela Anderson
65 Megan Fox
66 Kate Bosworth
67 Paris Hilton
68 Catherine Zeta-Jones
69 Kari Byron
70 Elizabeth Hurley
71 Kate Walsh
72 Nicole Kidman
73 Teri Hatcher
74 Amanda Beard
75 Olivia Wilde
76 Beth Ostrosky
77 Victoria Silvstedt
78 Amy Smart
79 Amanda Bynes
80 Lacey Chabert
81 Ana Beatriz Barros
82 Heather Graham
83 Uma Thurman
84 Natalie Gulbis
85 Danica Patrick
86 Josie Maran
87 Sienna Miller
88 Rachel Bilson
89 Sophia Bush
90 Kate Hudson
91 Faith Hill
92 Rachelle Leah
93 Naomi Watts
94 Mischa Barton
95 Kristanna Loken
96 Kelly Clarkson
97 Christina Milian
98 Denise Richards
99 Kelly Ripa
100 Ali Larter

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画


人気blogランキング
『レーシング・ストライプス』再見


 つい最近DVDで観たばかりでしたし、どうせカットされるし吹き替えだしなんて思いつつ、今日も地上波で観てしまいました『レーシング・ストライプス』。
 『ベイブ』は永久保存版にしたいほど好きですが、同じスタッフが参加した本作も大変面白い。キャラ的にはペリカン(イタリアン・マフィア系)とハエコンビ(ブラックのブラザー調)が何ともいい味出してます。爆笑必至。
 多分動物好きなら、冒頭ストライプスが登場するシーンですぐにヤラれてしまうでしょうね。もちろんプロットこのままで人間のドラマを作ったら、ベタ過ぎて呆れてしまうでしょうけど。

 なお、プロフィールに使っている写真はベイブではなくて、12月23日から公開する『シャーロットのおくりもの』のウィルバーです。

[タグ] 映画

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。