Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[サッカー] 祝!スペイン 2010ワールドカップ優勝!!!
スペイン ワールドチャンピオン

 2年前のユーロの歓喜に続いて。
 大げさに言えば「生きててよかった」。
 まさかこの瞬間が来ようとは。

 スペイン、ワールドカップ初優勝!

 ユーロと同じく、自らのスタイルを貫き通す類い希な技術力、それに裏付けられた自信、したたかさ、しぶとさ、我慢強さ、チームワーク、組織力、運動力、インプロヴィゼイション、等々、全てを兼ね備えたチームでした。

 まだ夢の中のような。

 優勝予想(というか希望)を信じたおかげだったのか。
 パウル君のおかげだったのか。
 いやもちろん、素晴らしい選手たちのおかげだったんですが。

 ユース優勝を経て今やワールドチャンピオンの中心選手、私にとってアイドルで、ファンと言うよりもはや愛しちゃってるレベルのシャビがカップを掲げる姿を見て、感慨深いものがありました。

 ありがとう。スペイン代表。

 もう自分でも何書いてるのかわからない状態。
スポンサーサイト


人気blogランキング
[iPhone 4] 発売日到来、しかし
 iOS 4リリース、PwnageTool 4.0(4.1)もリリース、iPhone 4いよいよ発売、ワールドカップが佳境(スペイン、意外とピンチ!! 日本(一応)チャンス)、ウィンブルドン開幕、等々。
 イベント目白押しですが、最近は思いついたままTwitterで呟くことが多くblog更新に至りません。

 弊blogのTwitterアカウント (@bancojapon)

 iPhoneやJailbreak、ワールドカップ(主にスペイン、日本、アルゼンチン中心に幅広く応援)、テニス、ガジェット、その他何でも、お互いTL眺めてまったりしたい人はお気軽にフォロー下さい。

 さて、
 iPhone 4は予約したもののステータスが中途半端で未だ入荷の確定情報が得られず、どうやら今日ゲットは厳しそうな状況です。仕事が忙しいし気力も足りないしで、あの2年前(祭りに参加)と違って当日在庫目当てに並ぶ元気はありません。

 こうなれば週末はiPhone 3GS+iOS 4+Jailbreakして遊ぶしかない。
 かも。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
2010ワールドカップ 優勝予想
 そろそろ、いやとっくに、ワールドカップの優勝予想を書いてあれこれ楽しんでいるはずが、なかなかこの糞blogを更新する時間がありません。

 どうせ分析(じっくり考えるだけ)しても当たる訳ないので、ただ願望として一言書いておきます。
 (因みに4年前は敢えて贔屓のスペインを優勝とせず一応「予想」して思い切り外れました

 願望となれば当然、ユーロ2008の夢よもう一度

  優勝:スペイン(Spain、Espana)
  決勝の相手はアルゼンチン(Argentina)

 前半エインセのヘッドで先制されたスペインだったが、後半開始早々トーレスの一発で同点に追いつく。しかし一瞬の隙をついてテベスに決められまたもリードを許してしまう。
 刻々と過ぎる時間、それでも焦らずシャビを中心にボールを回しゴールに迫るスペイン、鋭い動きで反撃するアルゼンチン、手に汗握る死闘。
 ようやくスペイン怒濤の攻めが2点目として花開いたのは後半35分を過ぎた頃。ゴール前の混戦からこぼれたボールを豪快に蹴り込む、シャビ・アロンソのスーパーゴールだった。
 そこからの10分間は今後永遠に語り継がれるかもしれない一層の死闘。ビジャの、そしてメッシのシュートがバーを叩く。決勝までの闘いで獅子奮迅の活躍を続けたシャビ、イニエスタ、シルバには明らかに疲労の色が。
 このまま90分が終わるのか。誰もが延長戦を予感したとき、それは起こった。
 センターサークル付近のシャビにボールを渡すと、狂った雄牛のような勢いで前線に飛び出していく一人の男。プジョルだ! 電光石火の如くシャビ→イニエスタ→シルバ→イニエスタと渡ったボールは再びシャビを経由してサイドに開いたシルバへ。そして、次の瞬間この大会のベストゴールが生まれた。
 シルバがディフェンダーとゴールの間へ正確に送った速く低い弾道のセンタリング、炸裂するプジョル渾身のダイビングヘッド、極限まで加速され唸りを上げるそのボールを、もはや誰も止めることはできなかった。

 狂ったようにグラウンドを駆け回るスペイン選手団。その場に倒れ込み放心状態のアルゼンチンイレブン。
 試合後のセレモニーで高々とワールドカップを掲げるカシージャス。それに群がる仲間たち。
 スタンドで号泣するマノーロさん。
 生中継の興奮とビール飲み過ぎでほとんど壊れる俺。
 感動で泣きつつもその俺にあきれる同居人。

 多分無理ですよね~。


人気blogランキング
「オリンピックは民放で」→全く賛成できません
 今日のフィギュアスケート、アイスダンス。
 トリノを上回る素晴らしい戦いでした。
 アイスダンスはいつ見ても面白い! ほんと楽しませてくれます。
 カナダペアの演技はカーリング解説の小林さん風に言うと「パーフェクトゥ!」。

 さて、ここまでBSを駆使しつつほとんど全部NHKでオリンピックを観戦してきましたが、スポンサー多数な競技となるほど(女子モーグル、カーリング、そして何と言ってもフィギュア女子シングル)、「民放が担当」の危険度が高まる訳です。

 「バンクーバーオリンピックは民放で」がスローガンらしいですが。

 全く持って同感も支持もできません。

 オリンピックに限らず、できることなら民放各社はスポーツ放映から手を引いて下さい。

  ・流したい選手だけ放映してあとは大幅カット(下位の選手or地味な選手が映る機会なし)
  ・暇さえあればCM流す(利益構造的に致し方ない部分もありますが・・・)
  ・つまらんジャリタレのテーマ曲をことある毎に挿入
  ・余計な「○○選手の軌跡」的なVTRを大量に投入(その暇があったら演技の放送にまわせ)
  ・実況が絶叫
  ・解説がタコ
  ・知見がなく喋りも下手なタレントがゲスト
  ・失敗した日本人選手には容赦なく突っ込む
  ・(局によっては)某国KY選手贔屓でどこの国の放送かわからない
  ・等々

 不安です。同様にワールドカップ放映も不安です。


 余談
 男子ボブスレーを観戦していたら。日本人ペアの、「他国に比べて大幅に見劣りするボロいソリ(グラフィックは稚拙な手描き風)」、「どう見ても自前で入れてもらった、ウェアのJapanの刺繍」、「そのウェアにスポンサーロゴ皆無」、「でも妙に明るい選手たちの表情」。
 ちょっと泣けてきました。応援したくなりました。


 追記
 女子フィギュアも民放独占はない模様で、一安心。


人気blogランキング
[PIE2009] Wカップトロフィーと美女を“α900”で撮った
 PIE 2009(Photo Imaging Expo 2009)にて。
 この写真だけ見るとまるでソニーシンパみたいじゃないですか。
 いえ、ペンタックスユーザーです。ソニーは特別好きでも嫌いでもありません。

全カット:α900 + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM

ソニーブースのワールドカップイベントステージ

 これを撮っているときはバックに「カメラはソニー」と書いてあるなんて気がつきませんでした。意識が完全に手前の被写体に行ってますから。
 αオレンジのビブス(お土産にもらえる)を着て、レンタルしたα900(PIE会場で1時間借りられます)持って、実質ソニーの宣伝要員になってました。ユーザーなのにペンタックスブースへ行ったときは軽いアウェー感が・・・。

 今日借りられたから言うわけではなく、以前からもしフルサイズを買うなら絶対α900だと決めてました。とりあえず5DMkIIやD700には余り興味がありません。肝心のペンタックスは出せる気配がありませんし。

 実際使ってみると。サイズや重さや鋭いミラーショックやシャッター音など、いかにもフルサイズな部分は大変気持ちいいですね。
 しかし、さすがに2400万画素は手強い。僅かな失敗を見逃してはくれません。帰宅後等倍でチェックしてみたけど、どうにも納得がいかないミス連発でした。

 できれば、少なくとも丸一日借りてみたい。

 それと、レンズは24-70m F2.8と85mm F1.4どっちをレンタルするか迷って、結局「会場内なら24-70の方が融通が利くだろう」とVario-Sonnarを選びましたが、こんなにポートレートばかり撮るならPlanarにしておけばよかったのではないかと・・・。

 以下、主に各社コンパニオンさんの写真です。

PENTAX K20D チタンカラープレミアムキット
 と、その前に、「PENTAX K20D チタンカラープレミアムキット」も撮ってきました。

ペンタックス
 ペンタックス

パナソニック
 パナソニック

キヤノン
 キヤノン

エプソン
 エプソン

DNPフォトルシオ
 DNPフォトルシオ

富士フイルム
 富士フイルム

ノーリツ鋼機
 ノーリツ鋼機

クロスワン
 クロスワン

ナナオ
 ナナオ

ナナオ
 ナナオ

パナソニック
 パナソニック

世界おもしろびっくりカメラ博より
 一応コンパニオン以外も撮りました。世界おもしろびっくりカメラ博より。

ソニー
 と足早にまわって返却のためソニーブースに戻ってきました。
 撮り逃したブースは相当数ありますが、リミット1時間で同居人も一緒で、ゆっくり見学しながらだとこんなものでしょう。その同居人は、他の女子を撮っている私の姿や表情を面白がって撮っておりました。私のK20Dで。

ワールドカップ優勝トロフィー
 最後に、イタリアの優勝も懐かしい、黄金色に輝くワールドカップ優勝トロフィーです。
 是非この手で高々と掲げてみたかった(あるいはキス)けど、さすがにそれはできません。
 あ、緑出てますね。

 α900を返却した後は気を取り直してペンタックスブースに向かいました。
 DA*55mmを試写できるとのこと。

 続く

テーマ:イベントコンパニオン - ジャンル:写真


人気blogランキング
まだツールがあるさ
ツール・ド・フランス

 ワールドカップ終わっちゃった。同時にウィンブルドンも終わっちゃった。夏のビッグイベントがまとめて閉幕し、燃え尽き症候群な人がちらほらと思われる今日この頃(私も思いきり該当)。

 本来ならツール(LE TOUR DE FRANCE、ツール・ド・フランス)があるじゃないか! のはずですが、うちはCSもケーブルも入ってないから見られない。せめてYahoo!などの特集見るぐらいです。寂しいな~。フジテレビが軽薄な取り組みでオモチャにして、挙げ句の果てに捨てたりしなければ、今でも地上波でひっそり見られたかもしれないのに。スポーツと映画に関しては、糞の役にも立たないな民放。

 今年はワールドカップに興味を奪われ、ツールの事前情報は全くノーチェックでした。何やらドーピング絡みとかで、波乱含みのスタートだったみたいですね。サッカーもテニスも自転車も野球もモータースポーツも、近代スポーツはどれも急速な発展を遂げて肥大化したツケとして、様々な問題を孕んでしまいました。


人気blogランキング
鮮烈な純白のブリーフ
スキンヘッドがクリーンヒット

 先日こんなことを書いたばかりだったんですが(ジダンの頭突きに関して)、まさかワールドカップ決勝戦、延長後半残り10分余りという土壇場、しかも自らの現役最後の試合でジダン会心(いや痛恨か)の頭突きが見られるとは。あー、呆れたね。一体マテラッツィとの間にどんなやり取りがあったのか、今後明らかになるんでしょうか。

 決勝らしくこれ以外にも数々の出来事がありました。誤審くさいPK付与、そのバランスを取るためか、後半遙かに危うい場面でフランスに2回目のPKを与えなかった審判、世界No.1キーパーと謳われながらPK戦では全て逆に飛んでいたブッフォン(研究不足?)、肘打ち出場停止から復帰したデ・ロッシが自ら痛みを知る羽目になった一撃、またもや大一番で不発のアンリ(しかも故障で交代)、かつてゴールデン・ゴールでイタリアを失意のどん底に突き落としたトレゼゲが、今度は唯一のPK失敗という悲劇、とどめは試合後の歓喜の中で執り行なわれたカモラネージの断髪式と、ガットゥーゾのブリーフ姿。喜怒哀楽全てが詰まっておりました。

 ところで、大会MVP(ゴールデンボール賞)はジダンに決まったんですね? カンナバーロだとばかり思っていました。優勝国以外から選ぶのが慣例になっちゃったの? もちろんジダンもそれに相応しい活躍をしました。でも例え優勝できなくても、最後の試合をクリーンに完遂したうえで受けるべき名誉でしょうね。

とにかく、おめでとうイタリア!

トレゼゲの悲劇


影のMVPガットゥーゾのブリーフ姿(お宝?)



人気blogランキング
1日に2つの決勝戦
 ワールドカップとウィンブルドン、どちらも本日決勝そして閉幕を迎えます。どっちか来週にしてくれれば、見る方も楽だったのにね。

 イタリアvsフランス。イタリア有利と見ます。本国は遂に露見したスキャンダルで大揺れ。帰国すれば厳しい現実が待っていますが、ワールドカップでの戦い振りに悪影響を与えるどころか、かえって結束力と勝利への渇望を生み出しているようにさえ思えます。

 ナダルvsフェデラー。ナダルの勝利と予想します。昨年から遙かにパワーアップしたナダルの芝でのパフォーマンス。それももちろん理由ですが、最大の理由は分析ではなく胸騒ぎのような予感。
 今回はそのナダルに敗れて新旧交代のセレモニーとなった、アガシ最後のウィンブルドン。モレスモーがフランス人として81年振りの優勝、しかも全豪優勝の疑問符を払拭する快勝。2つの大きなドラマがありました。こうなると最後に芝の絶対王者フェデラーを破るナダルという、とっておきの結末が用意されているのではないかと思えて仕方ない。

 もちろんそんな筋書きをあざ笑うかのようにあっさりフェデラーが勝ったり、あるいはフランス優勝でジダンがそのレジェンドに崇高な輝きを加えたりするかもしれず、何が起こるのかわからない。だからこそスポーツは面白い。今日は、どちらが勝っても観衆を納得・感動させるだけの、素晴らしい戦いが見られることでしょう。


人気blogランキング
あと4試合を残すのみ
 ワールドカップ観戦の夜更かしも残すところ、火水土日の4日のみ。徐々に寂しさが増してきました。明日に備えて早く寝ようと思ったけれど、昨日タップリ睡眠を取ったため、なかなか眠くならない。

 さて、今日はこのblog開始以来初めて、「馬鹿」だとか「ろくな教育受けてないだろ」などの悪口雑言を含んだコメントをもらいました(ちなみにIP: 219.106.160.101 からの書き込み)。

 私も結構勢いに任せて好き勝手なこと書いてますから、追々こういったコメントも入るだろうと思ってました。日本においてワールドカップそのものの関心度は欧州や南米と比ぶべくもありませんが(それでもJリーグ以前よりは格段に高まりましたね)、今大会の日本代表のこととなると話は別なのでしょう。普段サッカーに関心を示さない人を含めて、日本全国相当アツくなっているんだろうなと改めて実感した次第です。こんな場末のblogにも反応が飛び火してくるんですから。


人気blogランキング
居てはいけない人と居るべきだった人
 ワールドカップ観戦者絡みの小ネタを見つけた。うちで今日記事にした、奥さんらしき人と観戦のジョルカエフと、同じく今日の記事、どうしていないのか疑問だったマラドーナに関して。

 「深刻な問題」解決のため帰国したはずのジョルカエフ。呑気に観戦中の姿がフランス戦の国際映像に映り、所属チームから“小一時間問いつめられそう”な気配だとか。アホですか? あんたがスタンドに来ていたら、カメラに抜かれるに決まってるでしょうが。

 もう一方。今大会のアルゼンチン戦といえば、選手以上に目立っていたのが、VIP席で嬉々としてタオルを振り回すマラドーナの姿。それがドイツ戦では全く映らず、「来てないの? まさか出入り禁止?」と思ったら。マラドーナ本人じゃなくて、5人目の同行者がブラックリスト入りだったらしいです。同行者って、娘らしき女の子と、金髪のイケメン(あれ、まさかカニーヒアじゃないよね? いくら何でもちょっと若過ぎ?)と、もう一人ユニ着た男がいたことしか覚えがない。あと一人誰だ?


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。