Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 5] Over Racingのアルミバンパー発売間近
 iPhone 5のケース紹介第17弾。(金属ケースとしては第13弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

 前回エントリで予告したとおり、あちらのシンプルな『Arms 3Sファーストモデル』とは異なり、アシンメトリで自己主張の強いデザインのOver Racing(オーヴァーレーシング)製アルミバンパーを紹介。間もなくiPhone 5版が登場するようです。

 Over RacingのiPhoneケースコーナー

 Over Racingの開発Blog

 私はメタル無垢のバンパーなら先のArms 3Sか『Gramas 512』みたいなタイプの方が好きです。でも好みは人それぞれですからね、Over Racingの方が好き!って方もいるかと思います。

 ところでオーヴァーさんは元来マフラーを中心とした2輪/4輪のアフターパーツメーカーです。私も昔某国産モーターサイクルのインラインフォーにここの集合を装着してツーリングを楽しんだ頃がありました。低回転では控えめ、高回転では乾いた抜けのいい(決して爆音ではない)サウンドが爽快だったと記憶しています。
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
最近ちょっと欲しいと思った物あれこれ
 最近物欲を刺激された物色々。

ビデオカード:HIS 6970 IceQ Turbo
HIS 6970 IceQ Turbo
 欲しい度:★★★★☆
 HISのお馴染みIceQシリーズにRadeon HD 6970が追加。プチOCのターボ版とターボなしの2種類あり。6970のオリジナルクーラーはまだ少ないし、安心のIceQだし、後は値段次第か。


PS3コントローラ:Hyperkin PS3 Remotext
Hyperkin PS3 Remotext
 欲しい度:★★★☆☆
 PlayStation3用のBDリモコン+キーボード+ゲームコントローラ。3大機能をこれ一つでってのは非常に魅力。接続がBTではなくRFドングルという点がやや残念かも。


Andoroidタブレット:Eee Pad Transformer TF 101
Eee Pad Transformer TF 101
 欲しい度:★★★★★
 タブレット←→ノートPCスタイルにトランスフォームするAndroidデバイス。日本向けには6月中旬発売。ただしキーボードが日本語なので、海外版をお安く個人輸入したいところ。


電動モーターサイクル:Lito Sora
Lito Sora
 欲しい度:★★★★☆
 カフェ・レーサースタイルの電動バイク。最高速約200km/h、1チャージでの最大航続距離約300kmとのことで。もしそこまでの性能が出なくてもこのルックスだけで許せてしまう気がします。

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
[東京モーターサイクルショー] カスタムギャラリー(主にカワサキ)
 前回から、東京モーターサイクルショーの続きです。
 アップするのを忘れていたカスタムギャラリーのバイクたち(主にカワサキZ系)。

K20D + 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
東京モーターサイクルショー
 まずはブルーが美しくレーシーなカタナ。

東京モーターサイクルショー
 そしてエキパイの焼け色が美しいZR1100。

東京モーターサイクルショー
 こちらはZ900。ストリート系王道のカスタム。

東京モーターサイクルショー
 更にZが続きます。

東京モーターサイクルショー
 Zの無骨な空冷エンジンも硬派なカスタムにおける大事な一要素です。

東京モーターサイクルショー
 ゼファー1100ベースのモリワキカラー。

東京モーターサイクルショー
 KERKERと控えめなカスタムがレトロ感満点のKZ1000MkII

東京モーターサイクルショー
 これはカスタムではなく、カワサキ最新のZRX1200 DAEG。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
[東京モーターサイクルショー] New『VMAX』と往年の『カタナ』
前回から、東京モーターサイクルショーの続きです。

K20D + 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
ヤマハVMAX

 実に24年振りのフルモデルチェンジとなる、和製バイクの中で数少ない名車『VMAX』です。

 パフォーマンス・ストリート系では『マッドマックス』の影響もあってカワサキZ1/Z2や、その流れをくむFXが“漢”のバイクとして人気を博し、やがて最高のライバルであり「次世代」のCB750Fやカタナ、そしてNinjaが登場。一方ではレーサーレプリカ全盛期が到来しつつあった1985年。
 ドラッグレーサーイメージの直線番長として、異様なフォルムで現れた初代VMAXはセンセーショナルな存在でした。馬力自主規制で牙が多少鈍った国内向けモデルでさえ他を圧倒する存在感と迫力があったと記憶しています。

 ニューモデルは国内も1679cc、151PSと更に強烈です。

ヤマハVMAXのカットモデル
 カットモデルも展示されていました


 先ほど話に出たカタナ。ユニコーン・ジャパンのブースにカスタムモデルが展示されていました。
カタナのカスタムモデル
 今見ても、イイですね

 同じくユニコーン ジャパン。こちらは1400Sのフルカーボン仕様です。
カタナのフルカーボン仕様
 後ろにホンダのロゴが写り込んじゃってますが、もちろん“スズキ”ですよ


 続く

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
[東京モーターサイクルショー] 主にGPマシンなどのレーサー
 前回から、東京モーターサイクルショーの続きです。
 2008年を戦った生粋のレーサーたちを中心にメドレー。
 実際はもっと多数の展示があったのですが、撮れた数は意外と少なくなってしまいました。

K20D + 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
ヨシムラ
 ヨシムラのGSX-R1000
 辻本、八代(モリワキ)など懐かしい面々が活躍した時代のビデオを流していました。

ブリヂストン
 ブリヂストンブースの鈴鹿8耐優勝マシンCBR1000RRW

ヤマハ
 ヤマハのMOTO GPチャンプマシンYZR-M1
 ロッシのツナギとヘルメットが一緒に展示されていました。

NGKイリジウムプラグ
 NGKイリジウムプラグブースのスズキGSV-R
 このRIZLAブルーはいつ見ても美しいですね!

NGKイリジウムプラグ
 同じくNGKブースのホンダRC212V
 お馴染みのレプソルカラーです。

PANOLIN
 PANOLIN(岡田商事)のブース
 何故かドラム缶にクリステル・チアリさんのサインが。


 続く

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
[東京モーターサイクルショー] アプリリア~BMW~MVアグスタ~ハーレー~ビモータ
 前回から、東京モーターサイクルショーの続きです。
 海外メーカーブースの画像をメドレーで。

K20D + 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
アプリリア
 アプリリア

BMW
 BMW

BMW
 BMW

BMW
 BMW

MVアグスタ(モトコルセ)
 MVアグスタ(モトコルセ)

MVアグスタ(モトコルセ)
 MVアグスタ(モトコルセ)

ハーレー犬
 これはハーレーブースではなくて、来場者のワンちゃんです
 (専用車両にワンちゃんを3頭載せてたどこかのVIP、もしくは名物おじさん?)

ドゥカティ
 ドゥカティ

ドゥカティ
 ドゥカティ

ビモータ
 ビモータ

WITH ME Professional Racing
 オマケ
 この日(多分)最も露出度が高かったお姉さん(WITH ME Professional Racing)


 続く

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
[東京モーターサイクルショー] MV AGUSTA の『MV500 Tre』
 前回から、東京モーターサイクルショーの続きです。

K20D + 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
MV AGUSTA MV500 Tre

 前回エントリの最新ストリート・レーサー『KTM RC8』から遡ること約40年。ジャコモ・アゴスチーニが駆った当時の最強GP500レーサーを蘇らせたリプロモデル、MVアグスタの『MV500 Tre』です。
 (4台だけ製作されたうちの1台とのことです)
 アゴスチーニなんて、私も現役時代の走りはよく知りません。後に記録として知っただけです。どちらかというと、後年すっかり腹が出たおっさんになって、チーム監督をやっていたイメージの方が強いです。

MV AGUSTA MV500 Tre

 膨大な演算によるシミュレーションが導き出した、現代的なレーサーの複雑な3次曲面カウルと違って、「流線型」や「砲弾型」が空気を切り裂く最善の道と考えられていた、のどかな時代を感じさせるフォルム。これがまたチャーミングですね。タンクやシートの形状も。

MV AGUSTA MV500 Tre

 パイプフレーム、剥き出しのギアやチェーンやリンケージ、簡素なファンネルを備えた3気筒エンジン。そして栄光のゼッケン1。

 これに保安部品を付けて、是非「通勤」に使いたいですね。もちろんビジネススーツ着て。
 退屈な通勤がさぞやスリルと悦楽に満ちたものへと変わることでしょう。
 コーナリングはリーン・ウィズで。


 続く

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
[東京モーターサイクルショー] KTMの『1190 RC8(R)』とMOTO GUZZIの『V7 Classic』
 第36回東京モーターサイクルショー

K20D + 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
RC8 RとRC8

 エントランス間近のKTMブースには計4台の『1190 RC8』がありました(RC8、RC8 R、レッドブルカラーのレプリカモデル、カーボン・プロテック仕様)。
 全身カーボン仕様のスペシャルを除く3台は自由に跨ってポジションやフィーリングを確かめることができました。まぁ、フィーリングが確かめられたからといって、「うん気に入ったこれちょーだい」と気軽に言えるバイクではありませんが。

レプリカモデル
 翼を授けられたかの如く飛べそうな気がします。
 これは正直「欲しい」ですね。

CARBON PROTECモデル
 フレームやスイングアームなど至る所カーボンコンポジットなスペシャルモデル、カーボン・プロテック仕様。これだけ少し高いお立ち台にありました。

ディティール
 各モデルのディティールです。

 個人的には今回、現行モデルの中ではこのKTMと、モト・グッツィ(ではなくモトグッチと呼んだ方が馴染みがあります)の『V7 Classic』が気に入りました。古いモト・グッツィなんかまるで知らない同居人も、V7 Classicのレトロな佇まいと雰囲気がとても気に入ったそうで、跨ったままなかなか降りてきませんでした。ル・マンも是非また復活させて下さい。

V7 Classic

 スーパーバイクの血統を持つ最新最強のウェポンRC8と、古き佳き時代の息吹を現代に蘇らせたV7 Classic。どちらも素晴らしいですね。


 続く

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。