Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
『ep720』が壊れた(んで『Aurvana In-Ear3』を買った)
 最近は同居人に譲っていたカナル型ヘッドフォン『ep720』が壊れました。

 よくぞ5年近く持ちこたえたものだと感心。絶対に2年程度でケーブルかその結合部が逝くと思っていたのに、倍以上の年月を耐えて壊れたのはハウジング。ふと気がついたら継目から割れて臓物が丸見えになっていました。
 いいヘッドフォンだったな~。Etymotic Researchの魂を宿したこのep720はコストパフォーマンスに優れた、傑作とは言えないまでも高く評価できるヘッドフォンでありました。

 後継機はUEの『TripleFi 10』にするつもりでしたが、主に使用する同居人の「もっと安いのでいい」という意向から『Aurvana In-Ear3』になりました。アウトレットで7000円以下ってのは裕福ではない我が家にとっては非常に嬉しい。

 ろくにリサーチせず買っちゃったけど一応BAドライバ2機だし、拾い読みしたレビューは概ね良好だったから失望する結果にはならないでしょう。一見大柄で着け心地悪そうなボディが、実は小さな女子の耳にも(多分)フィットする点も同居人向きだと思います。

 きっともうすぐ届くはず。
スポンサーサイト

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
JAYSのカナル型ヘッドフォン『s-JAYS』
s-JAYS
 ゼネラル通商が3月から発売するスウェーデンJAYS社のカナル型ヘッドフォン『s-JAYS』は、世界初の“SIREN”アーマチュアユニット搭載だそうです。通常のバランスド・アーマチュアに比べ高出力で、ダイナミックレンジ特性にも優れるとのこと。身を丸めたサナギか蜂の胴体ような独特の形状がもたらす装着感や遮音性なども気になります。


人気blogランキング
[iPhone 3G] GRADOの『SR80』が激安
SR80

 現在iPhoneに組み合わせているヘッドフォンはカナル型の『ep720(ハーマンカードン)』です。大変気に入っており、もし壊れたら次もまたこれにするつもりだったのにあえなくディスコン。途中にコントローラの付いたep730は好きになれません。
 音質や遮音性のバランスを考えるとリプレイス対象は引き続きカナル型でしょう。でも、今度はUltimate Earsあたりにしようかな・・・なんて考えながらネットを徘徊している途中で見つけたこれには、ちょっと惹かれてしまいました。

 あのGRADO『SR80』がおよそ半額の8459円で売ってます。多分並行物でしょうけど、思わずポチりそうになってしまいました。オープン型の気持ちよさは魅力です、でもそれが今の使い方には合わない理由ともなりそうです。騒々しい電車内での使用が多いから遮音性がネック、かといって激しく音漏れするほど音量を上げるのはバカ丸出しでイヤだし耳にもわろし。自宅なら問題ないけれど使う機会がほとんどなさそうだし。うーん、やめておくか。

(注:リンク先のお店は当方一度も利用したことがないため詳細不明です)

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 3G] Apple純正カナル型ヘッドフォン
 先日のアップル「Let's Rock」はリーク情報が数々流れて大方の予想がついたり、音楽イベントということでMac系の新製品発表が望めなかったせいか、割と平穏に終わった感があります。

 もちろんより安く、より高機能、よりゴージャスでビューティフルになったiPodのラインナップは一層魅力的に。購入を控えていた人にとっては「待ってました」なんでしょうけど。

 意外な伏兵として『Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic』が目を引きました。バランスド・アーマチュアを2基搭載、かつリモコンとマイクも付いて9400円て、スペックからすると“破格”ですよね。通常ドライバにBAを2基搭載したカナル型ヘッドフォンは、最低でも2万後半~3万以上しますから。

 ただし
 互換性情報に「リモートコントローラとマイクは、iPod nano(第4世代)、iPod classic(120GB)、iPod touch(第2世代)のみ対応しています。オーディオ機能はすべてのiPodモデルに対応します。」とあります。iPhone非対応とは信じがたい。ファームが2.1(今週金曜リリース)になったらiPhoneも対応リストに加わるのかな? それとも営業上何らかの施策が?

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
iPhone用のヘッドフォンは
 iPhone 3G はヘッドフォン端子部分の形状が改良されて、汎用品の利用に伴う問題が解決されたとのこと。というわけで常用ヘッドフォンは引き続きep720にしようと思います。

 でも唯一残念なのは、汎用品だと便利なリモコン&マイク機能が使えないこと。もちろんそのためだけにEP720をやめて付属のヘッドフォンにするのはいやですけど。

 GRIFFINが出している『SmartTalk』みたいな延長ケーブルがあるといいですね。EP720がShureのSEシリーズのようにケーブル分割式だったらなおよかったかも。

追記
 そのShureにも同様の製品がありました。「ミュージック・ホン・アダプタ MPA-3C」です。こちらなら容易に日本でも入手できますね。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
SLEEK AUDIOのカナル型ヘッドフォン『SA6 In Ear Earphones』
SLEEK AUDIO SA6

 新興メーカーSLEEK AUDIOのカナル型ヘッドフォン『SA6 In Ear Earphones』です。高音用チップと低音用ポート各3種類を組み替えることによりサウンドのカスタマイズが可能。取り外し/交換できるケーブルやメカニカルなデザインも特徴ですね。
 スペックはバランスド・アーマチュア(多分シングル)、感度110dB SPL/mW、インピーダンス50Ωといったところ。日本ではまだ取り扱いがないようで、あちらでの価格は249.99ドルです。どこぞの商社さん、日本でも売ったらきっと注目されますよ。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
harman/kardonの『ep720』 その3
 harman/kardon『ep720』の続きです。
 イヤーチップについて。

■3段キノコ(ソフトシリコン製フランジチップ)
 ETYMOTIC RESEARCH譲りの3段フランジは遮音性抜群です。演奏中なら列車(某私鉄)の走行音がほとんど聞こえず、よほどうるさい地下鉄でなければノイズキャンセラーとしての効果は充分でしょう。耳にグリグリ押し込むとまるで気圧がかかったように感じ、密閉度の高さが伺えます。
 遮音性と引換に、装着中の異物感はカナル型の中でもかなり高い方だと思います。挿抜時の抵抗もかなりあり、人によっては異物感どころかヒリヒリとした痛みを感じるかもしれません。
 以前はスーパーなどのレジで、少し音量を下げれば会話も成り立ったのですが、ep720にしてからは演奏停止するか片耳外すかしないとダメです。

■スポンジチップ
 こちらはまだ僅かしか試していません。どうやら遮音性では3段キノコより上。異物感と耳への負担は多少低いように感じます。
 ただしこのスポンジチップ、The Plugの時もそうだったんですが、私の場合なかなか耳の奥まで押し込めません。交換後初めて聴いた音は「なんじゃこりゃ」。ベストポジションまで届いておらず、ひどいサウンドになってしまいました。
 ステムの端までチップは差し込まれているはずなので、耳への押し込みが足りないのかな。スポンジの径を削るか全長を短くすればいいのかな。要再チャレンジ。

続く

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
harman/kardonの『ep720』 その2
 harman/kardon『ep720』の続きです。
 サウンド面は一旦置いておいて。それ以外のディティールを少々。

■ケーブルとタッチノイズ
 購入前に気になったのは1.5mというケーブル長。でもクリップがあるおかげでそれほど気になりません。このクリップはタッチノイズ軽減にも効果大です。胸元あたりに留めておけば、歩行中もほとんど気になりません。
 自分の足音は僅かに響きますが、スニーカーならほぼ問題ないレベル。女性の硬いヒールならもう少し響くかな?
 ケーブルは摩擦抵抗の大きいゴム質で弾力や剛性はDTX50より遙かに高そう。でも意外とクセが付きやすく、通勤時1時間弱、耳の後ろから回して装着していたら、帰宅時に軽く曲がりが残ったままでした。

■プラグ形状
 オフィシャルサイトのFAQでは「ストレート」と表記されていますが、正確に言うと「J型」もしくは「バナナ型」もしくは「くの字型」です。

続く

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
harman/kardonの『ep720』 その1
harman/kardonの『ep720』

 昨日の事件(?)から一夜明け、早速harman/kardonの『ep720』を買ってきました。DTX50はバックアップにまわします。
 最後までShureの『SE110』と迷いました。ただし以前はER6iが一番候補だったから原点回帰したようなものでしょうか。

 さすがにこのクラスになると、バランスド・アーマチュアの特性もあってか、DTX50など数千円のヘッドフォンに対して明らかなサウンドクオリティの違いがありますね。
 頭の中に広がる音場としっかりした定位、フィルターを数枚取り払ったかのような原音の再現性。音源の素性を露わに表現するヘッドフォンです。1万数千円でこれですから、いったいこの上のクラス(数万円)になるとどんな音を聞かせるんでしょうか。まさに目から鱗なんでしょうかね。
 まだ数曲しか聴いていないので、今後のエージングというか聴き込みによって音がどのように変化するか楽しみです。

 デフォルトの3段キノコフランジが遮音性抜群なので、このサウンドと相まって、帰りの電車内にて携帯プレーヤーでは初めて、音楽に心底没頭できる瞬間が訪れたように感じました。
 何しろ、少々ボリュームを上げると、全くと言っていいほど列車の走行音が聞こえません。いつか大江戸線でも効果を試してみよう。

続く

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ


人気blogランキング
Shureのカナル型『SE110』
SHURE SE110

 Shureのカナル型ヘッドフォンのSEシリーズエントリーモデル『SE110』が11月9日から国内で発売されるそうです。店頭予想価格12000円前後(例えばヨドバシでは既に11800円で予約受付中となっています)。
 バランスド・アーマチュア型のドライバ採用ながら低価格なのが最大のウリ。そして「Sound Isolating Earphones」を名乗るからには、従来のエントリーモデル『E2c(こちらのドライバはダイナミック型)』以上の遮音性を期待してよいのかな? だとしたら価格やスペックでE2c以上に『ER6i』のよきライバルとなりそうですね。
 今うちで使っているのはこれより下のクラス(私はDTX50、同居人はCX300)ですが、次はSE110あたりにステップアップしてみようかな。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。