Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[Car] Lamborghini Aventador のインストゥルメントパネル
Lamborghini Aventador

 Lamborghini Aventador(ランボルギーニ・アヴェンタドール)が発表された際に、エクステリアデザインにそれほど驚きは感じませんでした。何しろランボルギーニであること、ムルシエラゴ後継のフラッグシップであること、そしてレヴェントンという前例から、怪鳥の如き威容を誇るであろうことは想像できました。

 どちらかというと目を惹いたのはインテリアのコックピット(インストゥルメントパネル)。4000万円余りするこれをただの市販車と思っちゃいかんのでしょうが、F1等と同じくゲームデザイン以上にゲーム的で非日常感を演出するに相応しいデザインです。

 iPhoneにこんなデザインのWidgetがあったら面白いなーと。当然中央のタコ(実物は全面LCDで中央はタコとスピードの切り替え式)メーターくらいは動かないとつまらないのでスクリプトで適当に振らせて。あるいはデザインそっくりなアナログクロックにしてしまうという手も。
 自分がIllustratorやFlashのエキスパートだったらこんなのベクタとスクリプトですぐに作ってHTML5に変換しWidget化完成なんですが、ちょっとどころか全然無理。
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
バットマンのタンブラーを自作しちゃった人
実動タンブラー、しかも手作り

 Fan builds working replica of Batman Tumbler (QJ.NET)

 ヒース・レジャーの遺作となるかもしれないだけでなく、クリスチャン・ベールの暴行沙汰モーガン・フリーマンの事故など、公開後も話題に事欠かないバットマン最新作『ダークナイト』。

 そのダークナイトで活躍するバットモービル『タンブラー』のレプリカを自作しちゃった人がいるそうです。アメリカのボブ・デュラムというこのおじさん、およそ5万~7万ドルをかけ、自宅のガレージにて全て手作りで1/1の実動タンブラーを完成させたとのこと。
 写真を見る限りプロップと呼んでも差し支えないほどの出来映え。まさかこれもプロモの一環じゃないよね、と勘ぐってしまうほどです。製作過程は? 期間は? 走りはどの程度? などなど大変興味をそそられました。


 タンブラーに関しては以前こんな話題もありましたね
  ダークナイトとトヨタF1のコラボイベント(タンブラーとF1がサーキットを併走) (SPIKE)
  バットマンの車が変形したトランスフォーマー (GIGAZINE)

[タグ] 映画 クルマ

テーマ:洋画 - ジャンル:映画


人気blogランキング
毒気のある車
Saleen Parnelli Jones Edition

 ニューヨークオートショーが開催中だそうで、ニュースサイトにはマッチョなアメリカ車(モパーリバイバルなど)が数々掲載されていました。
 欧州車の洗練された美しさや性能の高さに憧れる反面、たまには「頭悪そうな」というか「やんちゃな」アメ車にも乗ってみたいなんて思います(アメ車ファンの方々ごめんなさい)。

 最近気になっているのは281や302などマスタングベースの『サリーン』や、「昔のイメージで出ています」的なダッジ『チャレンジャー(当然SRT8)』やシボレー『カマロ(こちらはまだコンセプト発表のレベル)』など。

 スポーツモデルはアメ車でも多段マニュアルがデフォルトになっていますが、気分としては大陸的にトルコン(3速あればOK)でドロドロドロと流したいところ。

 あるいは

 停車状態から
  ↓
 ブレーキを思い切り踏みしめる
  ↓
 Dレンジに入れる
  ↓
 アクセルを踏み3000rpm程度に回転を上げる
  ↓
 ブレーキを放すと同時にアクセルを床まで踏み込む
  ↓
Dodge Challenger


 ※大抵はそこまでしなくてもディープにステップ・オン・ザ・ガスするだけで白煙を巻き上げてくれます。

[タグ] クルマ

人気blogランキング
京商のフェラーリF1シリーズII『F187』
Ferrari F187

 サークルKサンクス限定の京商『フェラーリ フォーミュラーカーシリーズ II』。2個目は1987年の『F187』、カーNo.28。1個目に続いて再びベルガー車。はなからコンプするつもりもないし、もう買わないかも。

Caplio GX100

[タグ] GX100 クルマ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
京商のフェラーリF1シリーズII『412 T1』
Ferrari 412T1

 サークルKサンクス限定の京商『フェラーリ フォーミュラーカーシリーズ II』。とりあえず1個買ってみたら出てきたのは1994年の『412 T1(412 T1B)』、カーNo.28、ゲルハルト・ベルガー車でした。できれば1個目としては312T3のNo.12(ヴィルヌーヴ)あたりがよかったかな。

 最近の食玩系ミニチュアやフィギュアの例に漏れず、細部の造形やデカールなど、とても数百円のオモチャとは思えないクオリティです。

 このシリーズもそろそろネタが尽きてきたのではないでしょうか。金型やコスト他諸事情を無視するとしたら、次は「歴代YZR500(OWシリーズ)」とかやって欲しいですね。もちろんファクトリーカラーだけじゃなく、タバコメーカーのロゴ入りで。70年代末期~80年代中心に。

Ferrari 412T1

Ferrari 412T1


Caplio GX100

[タグ] GX100 クルマ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
フェラーリのストレッチリムジン『Ferrari Limo』
Ferrari Limo

 フェラーリの360モデナをストレッチしたリムジン『Ferrari Limo』だそうです。どこの国にもいますねー、こういうオバカな人。上の画像なんか、Photoshopによるフェイクにしか見えないほど不自然。もー笑うしかないです。
 そもそもモノコックぶった切っちゃった時点で、フェラーリを名乗っちゃいけないと思いますけど。それは置いといて。話題性/宣伝効果とイベント需要は大いに見込めそう。

[タグ] クルマ

人気blogランキング
『世界の巨大工場 - フェラーリ』
 何気なくナショナルジオグラフィックチャンネルを見たら、やっていたのが『世界の巨大工場』。今日はフェラーリ社で599フィオラノが完成するまでの工程を詳細に伝えていました。
 ハイテクとクラフトマンシップの融合。数千万の高級車を造るからこそできることなのでしょうが、その徹底した拘りとリソースの注入度は圧巻。イメージと品質がかけ離れていた過去のイタ車とは隔世の感がありますね。土曜にリピート放送もあるようで、見逃した(クルマ好きな)方は必見かも。
 このシリーズ、今日はフェラーリに続いてバイクのハーレー。来月は何と戦闘ヘリのAH-64アパッチにM1エイブラムス戦車が登場だそうで、何とも楽しみです。

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
『デ・トマソ・パンテーラ(ガヤルドベース)』
Pantera Concept

 ステファン・シュワルツ氏がデザインしたガヤルドベースのパンテーラ現代版だそうです。ワンオフ製作の実車ではなく、フォト・リアリスティックなCGIです。

[タグ] クルマ

テーマ:スーパーカー - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
Hamannの『Black Miracle』
Hmann Ferarri F430

 Hamannらしいというかドイツチューナーらしい、エグ味たっぷりでドスの効いたアピアランスの『Ferrari F430 Black Miracle』だそうです。50psアップのチューンもされてるみたいですが、「そんなことどうでもいいや」と思わせるだけの説得力を持つスタイルとカラーリング。こういうの好きな人は好き、なんだろうな~。相変わらずドイツのチューナーは元気ですね。

Hmann Ferarri F430


Hmann Ferarri F430


[タグ] クルマ

人気blogランキング
Fiat Nuova Cinquecento
FIAT 500

 もうすぐ「ヌォーバ・ヌォーバ」がデビューしそうな「フィアット500」ですが、どう頑張ってもジアコーザの傑作であるオリジナルには全く敵いませんね。まぁそれも仕方ありません。今のご時世こんなクルマを作るのは不可能です。せめて残っている個体は、旧車好きの手で大切に保存してあげて下さい。私も今でも欲しいです、チンク。

FIAT 500


FIAT 500


[タグ] クルマ

テーマ:フィアット車 - ジャンル:車・バイク


人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。