Banco Japon de Mesa Verde
最近の主な話題-iPhone-FPS-デジタル一眼-PC自作-Mac-PS3-グルメ-ファッション-etc.-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

人気blogランキング
[iPhone 5] Esoterismの新作アルミバンパー『Moat-5』
 iPhone 5のケース紹介第35弾。(金属ケースとしては第25弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら(2012/12/06現在約90種)

Esoterism Moat-5

 台湾のEsoterismから『Embrace-5』に続くiPhone 5用アルミバンパー第二弾『Moat-5』が発売されていました。

 Esoterism Moat-5 Aluminum Bumper for iPhone 5

 当方Embrace-5は購入済みです。レビューは↓こちらのエントリにあります。
 [iPhone 5] Esoterismの『Embrace-5』ファーストインプレ

 さてMoat-5はどうでしょうか。

概要
 69USドル
 ファントムグレーまたはセメントグレー
 CNC加工のアルミニウムバンパー
 18g
 対角2本のボルトで固定
 ランヤード(ストラップ)ホールあり
 インナーにライナーあり

 Embrace-5のような個性はなくなり無難な造形。よりVapor臭が強くなっています。品質はEmbrace-5と同じく水準以上だと思いますから、デザインが気に入るなら買って後悔することはないでしょう。


 LifeProofのレビューを仕上げようと思いつつ中座していまいました。いつかは投稿すると思います。かなり気に入っておりヘビーローテーションです。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] Element Caseの新作バンパーケース『Ronin』
 iPhone 5のケース紹介第34弾。(金属ケースとしては第24弾)
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

Element Case Ronin for iPhone 5 First Edition
※金属はトップとボトムのみ、サイドのレールは天然木(ジリコテ)

 第一弾『Sector 5』ケースが好調だったElement Caseから、iPhone 5向けバンパーケースのシリーズ第二弾として『Ronin』が登場しました。なお2012/12/04現在Roninの詳細・購入ページ公開は既存カスタマーのみに限られており一般販売は翌日とのこと。既にページはアクティブで誰でもアクセス可能ですが当ブログからの直リンクは避けておきます。公開され次第リンク先を修正します。 追記:海外のメディアが公開しちゃったのでうちのリンクも修正しておきました。

 Element Case Ronin for iPhone 5 First Edition

 同社は顧客(主に購入歴があってポイントが貯まっている人)優待システムの導入を宣言しているため、今後はこのようなカスタマーオンリーの優先公開、優先販売、あるいはディスカウント等が増えるかもしれません。囲い込みに必死ですね。どうなのよそれ。

 さてケースについて。

概要
  199.95ドル
  2012/12/12出荷開始予定
  ニッケルメッキされた6061アルミのトップ&ボトムエンド
  天然Ziricote(ジリコテ、ジリコーテ、シャム柿)のサイドレール
  取り外し可能なバックプレート2種付属(レザー、Ultrasuede)
  アルミの各種ボタン(オン/オフ、サウンド、ボリューム)
  ステンレススチールのネジ
  レザーのウォレットが付属(上の画像参照)
  アーレンキーと液晶保護フィルムが付属

 Roninは日本語の「浪人」です。有名なところではロバート・デ・ニーロ主演の映画や、Magpulのカスタムバイク(Buellベース)にもこのネーミングがされていました。海外では「Ninja」や「Samurai」等と並んでポピュラーなジャパニーズ武士道的イメージを表現した単語ですよね。もちろんあっちの浪人じゃなくて三船敏郎、渡辺謙、役所広司辺りが演じてた方の浪人です。

 意欲的でいいんじゃないでしょうか。メタルとウッドのコンビケースもElement Caseが作ればここまでオシャレになるんだけどどうよ、というドヤ顔が見えてきそうな力作です。同社としてはハイエンドのプレミアムケースと位置付けているそうで、のっけからプライスもプレミアムになってます。

 Sector 5は11月下旬から中華クローンが大量に放出されています(完全なコピー品からとんでもないカラバリまで様々あり)。Roninはウッドだけに模造が少々厄介になりそう....と考えるのは甘いでしょうね。きっとヤツらは合板か安物ベニヤで同意匠のケースを作り出してくるでしょう。CNCだから図面さえできれば簡単。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] Fusion GarageのMILCケース『i.am+ foto.sosho L.5』
 iPhone 5のケース紹介第33弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

i.am+ foto.sosho L.5

 Will.i.amが広告塔になっているiPhone用カメラケース『i.am+ foto.sosho』シリーズ(実際の開発・製造等を担当するのはFusion Garageのようで、Chandra Rathakrishnanが発表会にも来ていました)。
 先日のiPhone 4/4S版発表の際は非稼働モックのチラ見せしかなかったiPhone 5版ですが、Ubergizmoの記事にあるとおりWill.i.amの『Scream & Shout』PVでもその姿を見ることができます。

 今回登場する「イエロー&ブラック」と「キンキラキン」は、交換レンズとQWERTYキーボードが付いてますからラグジュアリー仕様()の『foto.sosho L.5』になる予定のモデルですね。
 どこまで本気でやるつもりか、発表どおり14メガピクセルのイメージセンサー、多分専用のマウント&レンズを備えたミラーレス一眼(Mirrorless interchangeable-lens camera (MILC))ケースを目指しているようです。フランジバックとかの光学設計は大丈夫なんでしょうか。

 モノとしての価値はさておき、セレブがタイアップするとろくなことにならないのはどこの国も同じようです。iPhone 4/4S版の『foto.sosho C.4』と『foto.sosho V.4』はとんでもないボッタクリ価格が設定されていました。またWill.i.amのファンという客層に合わせたのか、上位モデルのV4はコッテコテでとても上品とは言えないデザインとカラーリングでした。
 iPhone 5版もこの路線となるのは明白で相当な高額商品となるでしょうし、Ubergizmoの記事やPVで見られるモックのカラーリングは言わずもがなです(特にキンキラキンタイプのfoto.sosho L.5)。


 ところでこのシリーズ、似たような名前のモデルが一斉に発表されたため勘違いしている人もいるようです。小さなレンズがiPhoneのカメラ位置に付いたモデル2種は全て「iPhone 4/4S用(foto.sosho C.4、foto.sosho V.4)」、ケース中央付近に大きなレンズが付いたモデル2種は全て「iPhone 5用(foto.sosho V.5、foto.sosho L.5)」です。

iPhone 4/4S用(foto.sosho C.4、foto.sosho V.4)
iPhone 4/4S用(foto.sosho C.4、foto.sosho V.4)

iPhone 5用(foto.sosho V.5、foto.sosho L.5)
iPhone 5用(foto.sosho V.5、foto.sosho L.5)

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
[iPhone 5] 最近話題の背面ディスプレイケース『popSLATE』
 iPhone 5のケース紹介第32弾。
 PinterestのiPhone 5ケースまとめBoardはこちら

Popslate - The Second Screen Experience Pitch from popSLATE on Vimeo.



 popSLATE--Second Screen Smart Case for Your iPhone 5

 既に各種メディアが報じたのでご存じの方も多いはず。裏がタッチ操作可能な「E Ink」ディスプレイになってるケース『popSLATE』です。以前紹介した『Sensus』という背面タッチパネルケースより、popSLATEの方が一般ユーザーにとっては興味深いんじゃないかと。

 オーダー済みの『LifeProof』ケースが到着して常用開始しました。近日中にレビューを投稿します。購入予定の方は参考になるかも。またおいで下さい。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS


人気blogランキング
5人乗りの自家用小型潜水艇『C-Explorer 5』
U-Boat Worx C-Explorer 5

 C-Explorer 5 - U-Boat Worx

 オランダU-Boat Worx社の5人乗り小型潜水艇『C-Explorer 5』です。同社のC-Explorerシリーズは1人乗りから各種ありますが、デザインはこの5人乗りが最もSci-Fiな潜水艇らしさに溢れており、見た目だけで選ぶなら絶対これです。
 価格はUbergizmoの記事によれば約240万ドルが目安。潜行可能深度やバッテリー容量、オプションによっても価格が変わります。一般人がプライベート・サブマリンを所有できる時代はまだまだ先のようで。
[タグ未指定]

人気blogランキング
copyright © 2005-2011 Banco Japon de Mesa Verde all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。